古いカメラがいいなと思うのは、シンプルに奥深いこと。

Leica M3, Planar T*2/50

僕の場合は、デジイチの中でも機能的にシンプルであろうNikon Dfすら、メニュー画面の中の機能をほぼ使いきれていない。これすべて理解して使いこなしてる人がいるとするなら、それも凄いよなあと思ったりしてるくらい。もちろん、プロの人は極限までカメラの機能を引き出そうとするのだろうから、それでいえば最新のデジイチでも機能が足りないくらいかもしれないけど、僕のような面倒くさがりのただの写真愛好家には、あんなに機能があっても正直チンプンカンプンだし、そんなものをいじってる暇があったら、限られた週末の時間に一枚でも多くのシャッターを切りたいと思うんだな。

それに比べると、昔のカメラは実にシンプルでいい。感度はフィルムを入れたらいじりようがないし、機械式カメラにいたっては露出補正もない。ただ絞りとシャッタースピードを体感露出で合わせて、あとはピントを見てシャッターを押すだけ。このシンプルさが実に気持ちいいのである。けれど、シンプルな中にも露出を決めるゲーム的な要素や、その場で確認できない写りを想像してのレンズ調整、あとフィルム選びや現像の補正の方向とか、実は奥深い。このシンプルな中に掘り進んでいける深さみたいなのがいいんだよね。

カメラやレンズ、フィルムの「癖」みたいなものを追いかけ続ける楽しさとでもいえばいいだろうか。撮った写真をある種強引に撮りたい絵に近づけることはせずに、そのカメラの癖を最大限理解して、それを逆手にとって撮りたい絵を紡ぎ出すような感覚。そういうところに、じぶんとカメラとの共同作業で写真を生み出す楽しがあるような気がする。まあ、写真の楽しみ方は人それぞれだから、ハイテク機能をディープに突き詰める撮り方があっていいし、逆にほぼすべてオートで撮る楽しみがあってもいい。要はじぶんの楽しみたいスタイルのカメラと出会い、そのカメラとコツコツと対話して撮り続けることが大事、いや大事とかそんな大袈裟なことじゃなくて、ただただ楽しいということかな。この複雑な世の中で、オフタイムの時くらい複雑なものから解放されたいからね。

カメラは「思い入れ」が最高機能だからね。

RICOH GR, 撮影はNikon FE, Ai50/1.8

田中長徳さんが毎日更新しているブログ「チョートクカメラ塾」によると、なにやら噂で「GRがフルサイズ化するかも」という話がカメラ好きの間でにわかに囁かれてるらしい。GRは僕にとってもちょっと思い入れのあるカメラで、このカメラとの出会いがなかったら、今の僕のカメラライフは無かったといっても過言ではないだろう。いま所有のカメラたちの中では、いちばん古株のカメラだからね。

僕のGRはAPS-C化した初号機。今のGRIIと呼ばれるモデルのひとつ前のモデルになる。先日、iOSのアップデートでスマホにデータ転送できるEye-Fiカードが使えなくなったこと以外をのぞけば、今もバリバリ使えるタフなカメラで、その小ぶりなフォルムと一眼レフ並みの写りでほんと重宝しているカメラのひとつだ。

そのGRがフルサイズ化するというのは、ある意味35mmフィルム時代の原点に返るわけだから、僕なんかは夢があっていいなと思う。ただ、噂だとレンズが沈胴式から固定式になることや少し大きくなるんじゃないかということで、それならAPS-Cのままで手ぶれ補正なんかを装備してほしいというような声があるのもなんか分かる気がする。でも、現GRユーザーとしていちばん気になる噂は、RICOHブランドではなくPENTAXブランドとして登場するんじゃないかという声。いやこれ、PENTAXが嫌いとかそういうことじゃなくて、GRとはRICOHブランドあっての称号だから、そこがもし変わるとするなら少々気持ち悪いなあというのが正直なところなんだよね。機能とはまったく関係ないところだし、むしろ新型GRは間違いなく機能が大きくアップするはずだろうけど、カメラの最高機能は「思い入れ」だったりするからなあ。さて、どうなるだろうね、噂の新型GR。何にしても楽しみであることは間違いない。

追記)「思い入れ」ということでいえば、僕のカメラはほんとどれも機能より思い入れのものばかり。Nikon FEもF2もF6、あとDfもどちらかといえば少し本道から脇道にそれた地味な存在のカメラたちかもしれないし、Konica C35も人気の高級コンデジなんかに比べると多少隠れた存在なのかな。Leica M3だってM型のシンボルみたいに言われるけど性能からいったらその後登場したM4以降のライカのほうが機能性に富むのは間違いない。そう考えると僕はやっぱり機能ではカメラを選んでいないんだよな。直感といわれればそうだし、じぶんではただただ思い入れ優先で選んだ結果だと思ってる。思い入れなんて、人それぞれ。その人がいいと思えば、そのカメラがたちまち「いいカメラ」ということになる。世間がいう「いいカメラ」なんてフレーズがまったく気にならなくなるから、カメラとは実に不思議なアイテムだなと思う。あ、プロの人はそうも言ってられないかだろうから、あくまでアマチュアのカメラ観の話だけどね。

20年後とは、今日とか明日が積み重なって出来ていく。

Nikon FE, Ai50/1.8, Fuji業務用100

成人の日だから、少し時間のことについて考えてみた。まず20年前を振り返ってみた。あまりに最近のことに感じて少し驚くけど、覚えてる分、一日一日がすべて必然で今があることがおぼろげながら分かる。ただ、必然ではあるけど、それはどれも計算して出来たものなんじゃなくて「結果そうなった」ということも明確だ。つまり、未来は描けるけど、20年分までは描くことはむずかしい。描けるとしたら、今日とか明日だ。これなら、意識して動ける。目の前の問題を解決する。疲れたからだを癒す。外国語のテキストを進めてみる。知らないことを本で学ぶ。今日とか明日なら僕らはじぶんの意思でコントロールできる。そう考えると、20年後のことを考えるのはやめにした。不安だったりもするけど、予測できないことをうねうね悩んでもしょうがない。やはりというか、今日とか明日をめいっぱい生き抜くしか僕らにはできないんじゃないかと。そして、それが人生というものの本質なんじゃないかと。かといってハードに攻めまくって生きるということではなくて、今の気持ちに素直に従って生きるということかな。僕はそんな風に思った。成人の日を迎えた人たちへ。この世は三年後すら予測するのはむずかしい。世界なんて三年もあればガラリと変わる。だから、予測しようのない未来を悲観したり夢見たりするより、今しかない時間をめいっぱい生きてほしい。人生は十代や二十代の時にイメージしたほど永遠ではないんだ。そして、残念だけど完全に巻き戻し不能。いまを生きることこそが、生命であり人生なんだ。

何を撮ったか忘れたフィルムの現像は、かなり楽しみな出来事だったりする。

Fuji Film 業務用100

フィルムを入れっぱなしだったLeica M3をようやく撮り終え、フィルムがFuji業務用100だったことが判明した。判明したと言うと大袈裟だけど、ISO感度が分からなくなると少々不安だったりするので、カメラの背面にあるISO感度記録メモダイヤルを利用しようと思う今日この頃である。

で、そのフィルム一本だけを昨日現像に出してきた。フィルムを使い切ろうと撮った後半の数枚は何を撮ったか分かるんだけど、その前の十数枚は何を撮ったかさっぱり思い出せない。まあ、業務用100を入れてたということは、たぶんふだんの週末のなにげない散歩写真だとは思うんだけど、それでもファインダーをのぞいた時の印象を覚えていないというのは、ちょっとしたビックリ箱を開けるようで楽しみなのである。

フィルムのことでいうと、僕の常用フィルムはFuji業務用100なんだけど、たまに少しここぞと思う時はFuji PRO400hだったりFujichromeリバーサルフィルム、あとはC-41現像できるモノクロフィルムILFORD XP2 400を使う。最近気になってるのはLomoの3本パックで¥1,000しないフィルム。銘柄は忘れたけど感度100だったかな。原作受け取りついでに1パック買ってみようかな。

そういえば、クレジットカードと航空機マイルが一年分たまってるだろうから何かに引換えなきゃだけど、今年もフィルム代や現像代にあてようかな。去年は特に現像/データ化代金であっという間にポイント無くなったけどね笑。冷静に考えたらそのポイントでカメラやレンズでも買えそうな額で、そのたびにもっとデジタルで撮る比率を上げようかなと思うんだけど、気がついたらあのフィルムカメラとフィルムの感触にやられて、フィルム生活からは抜け出せない。いや、別に抜け出したいわけじゃないけど笑。でも、どうだろう、趣味としては実はそれほどお金がかからない部類になるのかな。考えたら趣味の世界ってそれぞれどれくらいのコストがかかるんだろうね。ちょっと調べてみよう。カメラを肯定するために、なんてね。

息をするように、瞬きするように、曖昧な記憶を撮り続けるよ。

Konica C35, Fuji業務用100

明日は仕事始め。大人の冬休みも今日で終わりだ。夜になってアレもやっとけばよかった、コレもやっとけばよかったと少し物悲しくなるのは、子どもの頃から変わらない。まあだけど、やり残したことがあるのは希望の観点からいえば悪くなくて、鞄の中にRICOH GR digitalとフィルムコンパクトのKonica C35、予備のフィルムを詰め込んだ。大した野望ではないけど、日常を撮る気満々ではある。

Twitterなんかに流れてくる多岐にわたる写真を眺めてると、僕にはとてもじゃないけどカメラを持ってそんなフォトジェニックな場所へ出かけるバイタリティはないけど、日常をカメラという道具で記憶する行動力みたいなものだけはある。上手くはないけど、たくさん撮ることなら僕にもできる。年末休みに今年の撮影のテーマみたいなものを考えたりもしたけど、どうやら僕には日常をひたすらカメラで記憶することしか取り柄はなさそうだ。ただ、撮り続けてるとそれなりに思うことや変化みたいなものもあって、去年はフィルムに出会えたし、デジイチとも再会した。今年も撮り続けた先に何かはある気がする。

そういえば、少しだけ日常をカメラで記憶するうえでぼんやり考えていることはある。僕の日常スナップのメインはRICOH GRとKonica C35のコンパクト二台だけと、今年はLeica M3も平日の鞄の中にたまに忍ばせようかなとかね。街中でカメラを構える時は雑踏に紛れたいというのがあるけど、Leica M3のサイレントシャッターなら十分いける。考えてみると、今のショルダーバッグに変えたのもM3を持ち歩けたらいいなという思いがあった。

Leica M3、この街撮りスナップのために生まれたようなカメラを後生大事に週末の趣味カメラだけにしておくのはもったいない。もちろん、大事にいつまでも使い続けたいけど、だからといって週末に持ち出すかどうかくらいの出動頻度だと、あと何回持ち出せるのだろうと考えたりしてね。週末って実はそれほど回数はない。だったら、M3は平日にも出動させて、週末はNikon F2やNikon F6の出動頻度ももっと増やせたらな、とかね。

あとは、写真の保存の仕方をどうかしないといけないかなと。iCloudの容量がそろそろ一杯になってきた。デジタルもフィルムデータも一応Google Photoにすべて保存はしてるけど、こうしてブログに写真を使ったり、思いついた時にSNSにスナップ写真をポストする時には、常にiCloudに写真を置いておくとなにかと都合がいい。容量増やすかな。しかし、この先ずっと写真が増えていけばどこかで保存の仕方を本格的に考えなきゃなとか。日常をひたすら記憶するのは気持ちいいけれど、増え続ける写真の保管とそのコストは常に僕を少し悩ませる。まあ、うれしい悩みではあるんだけどね。

と、ブログを書いていたら、いい具合に月が部屋の窓から寝転がって見える位置までのぼってきた。今年は生まれて半世紀の年。いい年して何やってんだと思う毎日ではあるけど、ここ数年、わりと新しいことにチャレンジできていて、心はプチ青春みたいな気分でいられている。なんでも「上がり」みたいなものを設定しちゃいけないなあと。幸いこうして尽きない趣味としてのカメラなんかにも出会えたことだし、常に疑問とか課題を持つビギナーでいたいなと思う。あとは健康なカラダかあ。はやくプールの営業、再開しないかな。僕の新年はそこからな気がする。

考えてみると、Nikon Dfに50/1.4Dをつけたのは初めてかもしれない。

Nikon Df, 50/1.4D

新年も3日目。しっかり晴れてくれて心も晴れやかになれる。ありがたい。そんな気分のまま朝の愛犬との散歩カメラへ。カメラはNikon Df、レンズは50/1.4D。考えてみると、初めての組み合わせかもしれない。Dfの常用レンズはキットレンズの50/1.8G Special Editionなんだけど、今朝はもう1つのAF単焦点のDレンズにしてみようと、ふと思い立った。

Nikon Df, 50/1.4D

装着してみると、なかなか似合う。Dfにはやっぱりクラシカルなデザインのレンズがしっくりくる。マニュアルで撮る時はいつもAiレンズをつけてたんだけど、このDレンズもなかなかカッコいい。Gレンズより太さがひと回り細くボディとのバランスがいいのと、AFの挙動もジッジッとアナログチックで悪くない。

Nikon Df, 50/1.4D

開放付近で撮ると、オールドレンズっぽい緩さとどこかフィルムチックな写りをしてくれる。さすがにf1.4付近は日中だとシャッタースピードが足りない感は否めないけど、少し絞ればなんとか撮れる。というか、これはこれで雰囲気は悪くないなという写り。

Nikon Df, 50/1.4D

なんてことない散歩道の道端だけど、こうしてレンズをチェンジして撮り歩くと新鮮な気持ちになるから、やっぱり散歩にカメラは相性がいい。ファインダーの中の露出を確認しながらいろいろ試し撮りしながら歩くと、あっという間に時間が過ぎてゆく。

Nikon Df, 50/1.4D

結局、F2.8あたりで撮ることが多かったかな。僕の持つAiレンズたちが35mm、28mmとF2.8だから、そんなことも比較しながら撮り続けた。絞るとNikkorらしいシャープでカリッとした描写になる気がする。

Nikon Df, 50/1.4D

モノクロも試してみた。というか、モノクロのほうがいい感じかもしれない。Dレンズはそんな古いレンズでもないけど、現行レンズと比べるとやはりそこはヴィンテージ感があるんじゃないかと。実際撮ってみると、わずかにそういう時代の空気を感じた。

Nikon Df, 50/1.4D

もう少し絞ってみようとたしかf8くらいで撮ってみたんだけど、帰宅してMacBookの画面で見たら、そのシャープさに驚いた。僕は緩めの写真が好きだけど、これはこれでたまらない。レンズのこういう意外な一面を見つけるとなんというかレンズが愛おしく思えてうれしい。

Nikon Df, 50/1.4D

Dレンズって新しくもない、古くもない、なんか中途半端なレンズに思われがちかもしれないけど、僕はF6用に購入したこのレンズ50/1.4Dがけっこう好きで、開放付近のあの二重ボケなんかは、綺麗ではないけど心を少しザワザワとさせる魅力がある。一方で絞ると、違う顔を続々と見せてくれる。

Nikon Df, 50/1.4D

フィルムとデジタルの狭間で揺れ動いた時代を生きたレンズだからか、そのどっちもの描写感を行き来できる不思議な感覚がこのDレンズにはあるような気がする。いい意味で曖昧さを持ち合わせたレンズとでもいえばいいのかな。

Nikon Df, 50/1.4D

世は超高画素の時代だったりするけど、僕の緩いカメラライフならDfくらいの画素数で十分すぎるし、こういう古いレンズでこれだけ撮れれば言うことはない。というか、僕は曖昧に撮りたいから、こういうカメラやレンズを好んでチョイスしているところがある。

Nikon Df, 50/1.4D

むしろ、もっと曖昧に撮る方法を教えてほしいくらいだ。僕が撮りたいのは記録じゃなくて記憶。僕の脳みそにある曖昧な記憶と同じように、過去を振り返る写真はどこか曖昧であってほしい。カメラ開発の人たちが聞いたら怒られそうだけど、そういうユーザーもいるというのはここだけの話として。あ、でも、NikonはDfを出してくれたからね。そういうNikonには感謝してる。

やっぱり僕には、まったり走れるエンデュランスロードがいい。

Specialized Roubaix SL4 Sport

新年2日目、寒い朝ではあったんだけど、スーパームーンと入れ替わるように強い太陽が出てきたんで、よし!とロードバイクに初乗りすることにした。少し走らせるとカラダがあたたまり、assosの冬ウェアにCastelliのウインドブレーカーで十分あったかい。強いて言えば首から上が少し冷んやりしたけど、まあ許容範囲だ。太陽が出ていなかったらそんな悠長なこと言ってられない真冬だけど、太陽とはほんと偉大だ。

ロードバイクというと、やたらハードな印象を抱かれることが多いんだけど、ロードバイクにもいくつか種類があって、僕のはエンデュランスロードと呼ばれるタイプ。簡単にいうと、レース仕様のガチガチのレーサーじゃなくて、遠出やロングライド向けに作られたロードバイクだ。車種はSpecialized Roubaix SL4 Sport。フレームは軽量のカーボン、コンポはレースにも出られるShinano 105、路面の凹凸のショックを吸収するZeltzという特殊素材が使われている。要は、スピードを追求した硬い乗り心地のガチガチレーサーに比べると、乗り心地がしなやかでいつまでもサドルの上に乗っていたいと思わせるしなやかな乗り心地が特徴だ。

このエンデュランスロードを選んでよかったなと乗るたびにいつも思う。というのも、僕の場合はロードバイクは景色を眺めたり、途中途中で脇道に止めては写真を撮ったりするための相棒だから、比較的のんびりまったり乗れることが気持ちの上でも心地いい。それでいてハードに攻めようと思えば、そこはヨーロッパのロードレース「パリ〜ルーベ」で鍛えられたフレームだから、相応の走りが楽しめる。何の知識もなくロードバイク専門店へ足を運んだ時に、店員さんとじっくり目的を話し合って車種を決めてよかったなと思う。カメラなんかもそうだよね、店員さんと使用目的をじっくり会話して機種を決めるのがやっぱり失敗のない道具選び。僕はロードバイクやカメラの経験で、何を選ぶにしてもしっかり店員さんに相談する癖がついた。

それにしても新年のライドは気持ちよかった。ちょうど汗が出ないくらいの気温で、空気は澄んでいて冬空の抜けのいい景色。サドルの上でいろんなことを考えた。仕事のこと、家族のこと、健康のこと、カメラとか趣味のこと。適度にカラダをクタクタにしながらだと、僕の場合は脳がすごく回転する。近ごろは膝を痛めやすいんでRunより、スイムやロードバイクの頻度が多いんだけど、Runほどキツくなく、考えごとしながら楽しめるスポーツとしてスイムやロードバイクは実におすすめの思考タイムだ。

ひとつ留意点があるとするなら、なるべく自動車が走る道は避けること。ロードバイクは車両だから車道を走る乗り物ではあるんだけど、日本の場合は自転車道がなかなか整備されていないから、自動車と一緒に走るのはやっぱり危ないし、考えごとしながら走るには気が散る。僕は比較的自動車と走らなくていいルートを見つけたから、こうしてロードバイクをまったりと楽しめてるところがある。トライアスロン用のTTバイクとか練習してる人なんかは、車道は怖いから自転車道までは車にバイクを載せて移動してる人も多いからね。なにかとスピードが要求されて気忙しい世の中だから、ロードバイクに乗る時くらいはゆっくりまったり楽しみたい。そういう人にはエンデュランスロードはおすすめです。あ、あと背中に忍ばせるコンパクトカメラもね。これだけでちょっぴり人生は変わるから。

元旦の朝。僕と、僕のカメラたちについて。

Leica M3, Nikon FE

元旦の朝、ふとこれまでの僕と僕のカメラたちのことを記憶に残しておこうと思った。そこから、何かが動き出すかもしれないとか考えながら。

Nikon D5300

僕が意識してカメラというものを所有した最初の一台が、Nikon D5300だ。意識してと書いたのは、それ以前にSonyのサイバーショットを仕事の記録用カメラとして持っていたことがあるから。でも、いわゆる趣味として写真が撮りたいと思って購入したのは、このD5300が最初。Nikonを選んだのは、どこか職人的で道具感のある雰囲気を持っていたからだと思う。実際このD5300はコンパクトだけど僕には十分無骨な道具に見えた。この時に一緒に購入したレンズが、キットのDX 18-140と単焦点50/1.8G。特に50/1.8Gの写りにはいっぺんで魅せられた。当時飼っていた愛犬とほんとよく撮り歩いたな。

Nikon Coolpix P340

その次に買い足したのが、コンデジのNikon Coolpix P340だ。購入した動機は、平日に持ち歩けるカメラが欲しくなったから。しかもNikon D5300の操作ロジックを一日も早く覚えたかったから、Nikonのコンデジを探した。P340を選んだのは、50/1.8Gと同じレンズのf値がf/1.8だったことと、そのスクエアなデザイン。あと値段もたしか2万円ちょっとでかなりお買い得に思えた。ランニングの友として、出張なんかのスナップの友として、けっこう大活躍してたな。モノクロを積極的に撮り始めたのもこのP340から。センサーが小さいからカラーの写りはAPS-Cデジイチには敵わなかったけど、モノクロはほんといい写りをしてくれた。

RICOH GR

そうすると、コンデジで撮るスナップにハマっていったんだな。当時、D5300やP340の写真をTumblrにあげてたんだけど、ある日フォロワーの人が僕のP340の写真に影響を受けて同じくP340を購入され、しばらくその人もP340でスナップをアップされていた。そうしたら、ある日、その人がRICOH GRに買い替えたんだよね。理由は起動の速さ。P340の写りには満足されていたんだけど、せっかくのシャッターチャンスにどうしてもP340だと起動が追いつかない。それが決定的理由で買い替えられ、その人のTumblrにはGRの写真が流れ始めた。このエピソードが僕を直撃した。ネットで調べてみるとGRとは何やら究極のスナップシューターであることが分かる。次の日には僕はGRを手にしていた。

Nikon D750, 24-120/f4

この頃からかなあ、少し沼みたいなものを意識し始めたのは。D5300とGRでAPS-C機の写りに魅了されていった僕は、その先にあるものを見たくなった。当時の僕にとっての「その先」とは「フルサイズ」のことだったんだよね。まわりのハードなカメラ使いの人たちはみんなフルサイズを使っていた。知り合いの編集者の人もひたすら僕にフルサイズをおすすめする。当時はフルサイズの意味もよく分かっていなかったけど、とにかくそれが最高峰のように思えて、とにかくその世界をのぞいてみたくなった。D5300を修理に出した時だったと思うけど、予備機を持っていなかった僕は、D5300と入れ違いにD750を手に入れることになる。その際に24-120/f4をキットレンズとして手に入れ、以降、望遠70-300、マクロ60/2.8にわかにボディとレンズが増えていった。実際フルサイズの写りは僕には驚嘆のレベルで、この頃には物欲を止められないじぶんがいた。

Nikon Coolpix P900

その後手に入れたCoolpix P900はもう勢いだけだったな。望遠70-300の世界に魅せられ、息子のサッカーの様子なんかをもっと高倍率で撮りたくなった。あと、月を撮りたいと思ったんだよね。この頃はすっかりNikon党だったから、迷わず最高倍率のP900を選んだ。2000倍相当の焦点距離と強力な手ぶれ補正のおかげで、手持ちで月の表面を撮ることができて驚愕したのを覚えてる。でも、一眼レフと比べるとその写りの質のほうはなんかしっくりこなくて、だんだんとカメラに迷いが生じ始めたんだよね、たしか。で、ある日、RICOH GRだけを手元に残して、すべてのカメラとレンズを手放すことになる。いわゆる断捨離ってやつ。いつのまにか増えすぎたカメラとレンズを使いこなせなくなったじぶんがいたんだよね。

Nikon FE, Ai50/1.8

そらからというもの、しばらく僕はRICOH GRとだけ過ごす日々が続いた。一年くらいそうだったかな。当時は、僕はもうこのまま新しいカメラを増やすことはなく、GRだけで生きていくと思っていた。ところがある日、このフィルム機のNikon FEに巡り会うことになる。たしかNikonの経営危機が噂されていた時で、どこかNikonに思い入れのあった僕は、Nikonをなんらかの形で応援したい気持ちがあった。でもデジイチはもうじぶんの中では無いなと思っていて。そんな時に、Twitterの中でフィルム写真たちが目に入り始めたんだよね。そっか、フィルムならNikonはアリだなと。フィルムの知識なんてこれっぽっちもなかったんだけど、まさに直感でこのFEを購入し、持ち帰ることになる。そうして、分からないなりに試し撮りしてみた写真たちは、現像の楽しさも含めて僕をとりこにしていったんだ。そうだ、僕が撮りたかった写真はこんな写真たちで、そっか、それはフィルムだったんだと。

Konica C35

僕の週末にNikonの一眼レフが帰ってくると、やはり平日もフィルムで撮りたくなっていった。最初はOlympus TRIP35を探していたんだけど、程度のいいモノを見つけられず、お店を転々とするある日、このKonica C35に出会う。おそろしく綺麗だったそのボディは写りの方も想像以上に優秀だった。テッサー型のレンズHexanonはいまでは僕のお気に入り中のお気に入りレンズだ。そして、生まれて初めてレンジファインダーのカメラを手にして、僕のカメラ観がまた少し開けていくのである。

Leica M3, Planar T*2/50

Leica M3との出会いである。現在のライカの地位を不動のものにしたM型の原点でもあるM3。フィルムにハマった僕がどうしても見てみたかった世界が、このM3が記憶する世界だった。今でもはっきりその感触を覚えているけど、初めてお店でこのM3にさわり、ダブルストロークのレバーを巻き上げ、空シャッターをきった時の衝撃はとんでもなかった。ズシリと手に馴染むその機械の塊感も圧倒された。これが、ライカかと。もっと驚いたのは、使い続けるうちに、このフィルムライカが実に日常的でフレンドリーなカメラであることに気付かされたことだった。こんなカメラは後にも先にもM3だけだと思った。

Nikon F2

そう、そして僕は機械式のカメラに魅せられていったんだ。電池を一切使わないカメラが持つ、異常な安心感と道具感。Leica M3で感じとったその感触をNikon機でも味わってみたかった。そして、壊れても職人の人さえいれば直せるであろうNikon最後の機械式フラッグシップ機であるF2を手に入れることになる。ミドル機でコンパクトなFEと比べると、手に持った瞬間から世界は異なる。F2はプロ機とは何ぞやということを無言で伝えてくる迫力があった。見るからに堅牢性の塊のようなそのカメラは、あらためてNikonのカメラのポリシーのようなものを僕に強烈にアピールしてきた。

Nikon D300

と、本来であればこの機械式カメラたちとの出会いで僕のカメラへの探求は終わりになるはずだった。ところがフィルムカメラ、そしてマニュアルで撮ることの楽しさを覚えた僕は、再びデジタルでもマニュアルライクな撮影が楽しめるんじゃないかと考えるようになる。そう、以前デジイチを使っていた僕は、露出をじぶんで決めて楽しむというカメラ本来の操る楽しみをカメラ任せにし過ぎていた。でも、機械式のフィルムカメラを楽しめるようになった今、デジイチでそれを確かめたくなり、あえて画素数や感度がフィルムカメラに近い10年前のデジイチNikon D300を手に入れる。そして、オールドニッコールのレンズたちを装着してマニュアル撮影を楽しみ始めるのである。

Nikon Df

Nikon D300とオールドニッコールで試したデジイチのマニュアルライクな世界は想像以上に楽しかった。そして、何より軽快だった。ここで、デジイチでも十分フィルムのようにカメラを操りながら写真を撮ることができると確信した僕は、満を持して本命だったNikon Dfを手に入れることになる。フィルムニコンの再来ともいえるクラシックなボディデザインと、マニュアルライクな操作ダイヤル、そしてかつてのオールドニッコールが装着できる懐の深さ。何年かぶりに僕の手元にNikonのデジタル一眼レフが形を変えて帰ってきたのである。今では愛犬との散歩はもっぱらこのDfがメインだ。そして、次なる確かめたい世界が見えてきた。

Nikon F6

それが、Nikon F6だ。Dfを手にしたことでフィルムとデジタルの境目がいい意味で曖昧になってきた僕は、逆にフィルム機でもデジタルライクにオートフォーカスや現代的機能を楽しめるんじゃないかと考えた。そして、もうひとつ、リバーサルフィルムを楽しむための信頼できる露出計とシャッタースピードを備えたカメラ、それもできればフラッグシップ機で試してみたいという欲求が高まっていったのである。そういうことを考えている時に目の前に現れるのがカメラである。ある日、中古カメラ店のショーケースにF6を見つけ、ついにNikon最後のフィルムフラッグシップ機を手にする。その後の様子はこのブログでも何度か書いてきたからもうおわかりかもしれないけど、僕の想像を遥かに超えて、期待に応えてくれたのである。

これが初めてカメラを手に入れてから現在までの、僕と僕のカメラたちの軌跡である。とても詳細は書ききれないけど、もしそれぞれのカメラに興味がある人は、過去記事をブログ内検索してもらえると少しはお役に立てるかもしれない。こうして振り返ると、すべての出会いは必然だなと思う。どの部分が抜けても今の僕と僕のカメラは存在しない。そして、カメラがこうして増えた今も、かつてのデジタル時代の沼とは少し様子が違う。僕の中では同じカメラはまったく無いから、どれもまったく異なる存在として今は必要なんだ。この先のことは正直分からない。もしかしたら、また断捨離の時が来るかもしれないし、そうじゃなくてすべてのカメラを息子へ受け継いでいくかもしれない。いずれにしても、それもまたなんらかの必然なんだろうから、しばらくじぶんの歩むままに身を委ねてみようと思う。2018年、僕に何かしらの転機が来るのか、また新しい出会いに遭遇することになるのか。楽しみであることは間違いない。

Nikon Dfに久しぶりにAi 28/2.8をつけて、マニュアル散歩。

Nikon Df, Ai 28/2.8

今年もあと2日。なんかやり残したことはないかなと考えていた時、ふと修理から戻ってきたレンズAi 28/2.8を、その後ちゃんと試し撮りしてないなと思いつき、Nikon Dfに装着して古い町並みを撮ってきた。

Nikon Df, Ai 28/2.8

28mmといえば僕はGRでいつも使っている焦点距離なんだけど、久しぶりに一眼レフのファインダーの中で見る28mmはずいぶん広大に見えて、なかなかむずかしいなと感じたり。

Nikon Df, Ai 28/2.8

あと、フィルムで撮る時とは違って、デジタルに装着した時のオールドニッコールは想像以上に素直というか平凡というか、あれ?こんなに普通の絵だったっけ?このレンズ?と正直思ったかな。なので、作例といっても僕の写真はイケていないので、そこのところはご容赦を☺︎

Nikon Df, Ai 28/2.8

ミラーレスなんかにオールドレンズをつけて雰囲気ある写真を撮ってる人なんかを見かけたりするけど、僕の場合は全然下手くそで、デジタルボディではいまいちオールドレンズらしい描写は作り出せない。レタッチもしないから、オールドレンズで撮ったと言わなければ分からないレベルだったりする。

Nikon Df, Ai 28/2.8

まあ写真のほうはいまいちではあるんだけど、マニュアルのレンズで撮るのは本人としては楽しくて、まあ良しとしている。Nikon Dfならレンズだけじゃなくて、ボディの操作の方もフィルム時代のダイヤル操作が楽しめるから、撮ってる時間はたっぷりと癒し効果に浸れるのである。

Nikon Df, Ai 28/2.8

絞りはほぼf4でずっと撮ってた。ボケないこともないけど、そこは開放付近よりは締まって見える。ボケが少ない分、僕の腕前くらいではさして一眼レフらしい写りにはならず、iPhoneカメラで撮るのとそう変わらない感じがしないでもないけど笑。

Nikon Df, Ai 28/2.8

つまり写真とはやっぱりカメラやレンズの違いはさして問題ではなくて、やっぱり撮り手の視点であり腕前の問題なんだよね。その人の中ではカメラやレンズの違いはもちろんあって、カメラやレンズを替えると何か新しい気分が写欲を押し上げたりしてくれるわけだけど、他の人との兼ね合いでいえばカメラやレンズの差は大した問題じゃない。写真はそこじゃないといつも思う。

Nikon Df, Ai 28/2.8

Nikon FEと43-86の記事の時にも書いたんだけど、オールドレンズはやっぱりその当時のボディ、つまりフィルムカメラに装着したほうが味があるなあと思う。デジタルでマニュアル撮影を楽しむ分には全然アリなんだけど、出来上がる写真に関していえばそこはその時代ならではの「滲み出る何か」がある気がするから。というわけで、次回はフィルムニコンに装着してAi 28/2.8の試し撮り第二弾としよう。

ありがとう、Nikon FE。

Nikon FE, Ai50/1.8

本日が仕事納めでいよいよ2017年が幕を閉じようとしている。僕の今年を一言でいえば、やっぱり「フィルムイヤー」ということになるだろうな。そのすべては、このNikon FEを手に入れることから始まった。

フィルムカメラのことはほぼ知識がなかったけど、ある日カメラのキタムラの中古カメラのショーケースで目があったNikon FE。このカメラがいつの時代のカメラで、絞り優先の電子式シャッターでなんて知るのは買った後のことで、このカメラを手に入れようと考えたのはその佇まいに惚れたということが大きい。性能は、なんというかそれまでNikonのデジイチを使ってきてNikon機を信頼していたから、フィルムカメラにおいてもあまり心配しなかったな。そして購入した週末にフィルム初の試し撮りをするわけだけど、ビギナーの僕にも驚くくらい普通にフィルムらしい写真が撮れていたことで、一気にフィルムカメラへハマっていくことになる。

その後に街撮りスナップ用にKonica C35、機械式を持っておきたくてLeica M3とNikon F2、シャッタースピードやAF性能を高めたくてNikon F6とフィルムカメラのバリエーションを自然と増やしてゆく。ほぼ毎週、数本のフィルムを現像してたなあ。フィルムの種類のほうも、業務用100にはじまり、PRO400H、モノクロのILFORD XP2 400、あと秋を前にリバーサルフィルムにも挑戦して、まさに実験的な一年だった。なんとなくたまっていったオールドニッコールのMFレンズたちをデジタルでも試したくて、Nikon D300とNikon Dfも日々の散歩カメラに仲間入り。フィルムというカメラの原点に立ち返ったことで、デジタル一眼レフの面白さを再確認した一年でもあった。

でも、カメラのバリエーションのほうはそろそろ打ち止め。来年は撮る時間、カメラより写真そのもののほうに少しこだわってみる年にしたいと考えている。ここ数日は、じぶんへのクリスマスプレゼントに購入したソール・ライターの図録本を眺めたり、写真関連の書籍を引っ張り出して再読したりしている。そうすると、僕のこれまで撮ってきた写真があまりに平面っぽくっておもしろさに欠けることに気づいたり。まあ、シャッターをじゃんじゃん切ることが楽しかったんだろうね。そういう段階からもう一段、じぶんの撮る写真を高められればおもしろそうかなとか考えている。

それもこれも、はじまりはこのNikon FEから。ライカやフィルムニコンのフラッグシップ機も素晴らしいけど、あえてカメラのグレードにこだわることなく、このシンプルニコンといわれる気取らないカメラで、ゆるくラフに撮影時間を楽しんでみたいなという思いもふつふつと。そうだなあ、来年は街撮りにも一眼レフやライカを持ち出してみようかな。とにかくひとつでも新しいことに一歩を踏み出してみたい。そんなささやかな構想を練るのがこの年末年始の休みのひそかな楽しみである。