駆けぬける歓び、と人生について。

さっき家の近くの写真館の駐車場でSAABを見かけて、懐かしくて当時の気持ちをツイートしたので、ちょっと僕と車のことも記しておこうと思った。

僕は今でこそロードバイクやカメラを趣味にしているけど、若い頃は趣味らしいものといえば車くらいで、それも車雑誌を眺めるのが趣味だった。二十歳の免許をとるまではバイクにも憧れて、母親の原付スクーターだったけどバイトに行くのに颯爽と乗ってたな笑。その後、車の免許、中型自動二輪の免許をとり、まあ当時の若者らしく二輪と四輪の世界に魅せられてた。あの頃はスマホもSNSもなかったしね、若者は自然と車やバイクに興味がいっていたように思う。

僕がむさぼるように毎日見ていた車雑誌は、いわゆる外車の中古車雑誌。なんか、今の中古カメラを眺めてるのと変わらない気がするけど笑。当時いいなと思ってたのはポルシェ914とかVWカルマンギアで、なんというか全身からヴィンテージ感を放っている車たちに憧れた。アメカジが好きだったのもあって、そうしたヴィンテージルックの車で窓を全開にしてカーステを鳴らして赤土色のアメリカの荒野を走る姿を妄想してたように思う。とはいえ、ふつうの学生にそんな車を買える余裕はなく、ひたすら雑誌を眺めては”いつかはじぶんも”みたいに考えてたのかな。

社会人になってようやくじぶんの給料で手にした車は、FIAT Pandaというイタリア版のMINIのような小型車。デザインはジウジアーロでとにかく四角いデザインと文房具のようなソリッドな青色のボディが気に入っていて、スピードなんかまったくでないんだけど、トロトロといろんな所へ出かけた。お金はなかったけど楽しかったな。でも、僕にはメンテができず、たしかニ、三年でやむなく手放し、それ以来は二台ほどメンテの心配がいらない国産のユーノスロードスターやパジェロに乗っていた。

それから数年、少し経済的にも余裕が持てるようになって、あの中古車雑誌を眺めていた頃の感情が蘇り始める。探し始めたのは80年代から90年代にかけてのE30型と言われるBMWだった(このインスタの写真のものがE30型セダン)。若い頃の僕にはBMWはもちろん高嶺の花で、乗る車じゃなくて街で眺めるだけの車。だけど、その質実剛健な佇まいがずっといいなと思ってた。バブル当時は”六本木のカローラ”と揶揄されるような軟派なイメージで言われてた車だけど、スーパーカーブームの時代から箱型のいかにも車らしいフォルムでいて走りのイメージがあるBMWは、僕のプロダクト観にはすごくフィットしていたんだと思う。そうして、ずいぶんと大人になってからだったけど、中古で念願のBMWクーペ(初代M3をモチーフにしたタイプ)を手に入れる。ここから、僕の遅れてきたBMW人生が始まる。

その後、やっぱりヴィンテージカーの故障と上手く付き合えなくて、メカに詳しくない僕は新しい時代のBMWに乗るしかないと決心する。次に乗り換えたのが初代Z4。たまたまガソリンスタンドでフルオープンにしているZ4を見かけて、その前衛的なフォルムにハートを撃ち抜かれた。当時のBMWのデザインは奇抜と言われた米国出身のクリス・バングルがデザインディレクターとして世に送り出したもので、賛否両論あるけど僕は大好きだったな、そのアクのあるデザインが。このクーペとオープンカーの二台でいわゆる”駆けぬける歓び”と言われるBMW特有の走りの素晴らしさを体感し、満を持して家族の車もBMW3シリーズに移行する。もう10年選手の車だから一昨年の冬に3シリーズのツーリング(この紺のツーリングワゴンに乗るというのも若い頃からの憧れだった)に乗り換えようと購入したんだけと、先代の3シリーズセダンにはとても思い入れがあって、購入直前で下取りに出すのをやめて、いま我が家には3セダンと3ツーリングの新旧のBMW二台が停まっている。僕はもっぱらシルバーの古いセダン、妻が新しいほうの紺のツーリングに乗っている。

僕がひとりでプールに行く時や写真を撮りに行く時は、この古いほうのBMWと一緒だ。カーナビもないし、カーステの音源はCD。だけどディーラーでしっかりメンテだけはしてもらってるから走りのほうはまったく古びない。むしろ年数を経て”駆けぬける歓び”は円熟を増してきたように思う。コスト的には古い車だとお金も手もかかるけど、それでも思い出が詰まりすぎていてなかなか手放せない。たしかに移動するだけ、生活するだけなら、無理して乗り続ける必要はないんだけど、もはやこの車には人生を共にする愛着がある。幸い今は元気に働けていてなんとか維持できている。そうしていられる間はなんとか乗り続けたいなと思っている。駆けぬける歓びと、人生について。なんだか、カメラと似ているな、この感情。

毎日わずかだけど駆けぬける歓びの時間を持て始めた。スイミングスクールのおかげで。

Slow down, from time to time, to enjoy life's stunning details. The #BMW #4series Coupé.

A post shared by BMW (@bmw) on

そういえば近ごろスイミングスクールに通い出したおかげで、毎日その行き来の往復にBMWに乗ることができている。凝り性というか負けず嫌いというか楽でうつくしいクロールが泳げるようになりたいと週5のペースでスクールに通ってるから、結果としてほぼ毎日BMWに乗れている。遠出するわけじゃないけどゆっくりと道を流す感覚だけでもとても気持ちいい。特に泳いだ後にクタクタになりながら窓を開けて冷気を浴びながら走る時間がいい。僕の場合はロードバイクもロングライド用のもの、そしてスイミングも長時間泳いでいられる泳法の練習、ランもまったりタイプだから、こうして車の運転もゆっくり流すのが性に合ってるのかもしれない。そういうのは、いろいろチャレンジしてみて結果としてじぶんのタイプがわかるようなところもあっておもしろいね。トライアスロンをやりたいと思ったのも正直タイムとかはどうでもいいんだ。自然の中をゆっくりとじぶんの心地いいペースで前へ進みたい、そんな思いから。12月もあとわずかか。巡り巡ってスイムに巡り会った2016年になったけど、2017年へ向けてちょっと新しいじぶんが動き出していることを実感している。

こういう未来感を語らせたらこのブランドは圧倒的。BMWが発表した近未来のバイク・コンセプト。

まずフォルムからして度肝を抜かれるけど、このBMWが提案する近未来バイクの真髄はそのハイテクぶりにある。まずこのバイクはオートバランジングシステムによって絶対倒れない、だからヘルメットもいらない。そして走行中の前方はスマートグラスで危険物などもチェックして走るから事故も起こさない。そこまでいけば自動運転車よりミニマルでクールな近未来の乗り物になるかもしれない。

(◇詳細はリンクへ / 絶対倒れずヘルメットも不要!?BMWが示す未来のバイクのコンセプトがガチで未来)

BMWというブランドは本当にこうした近未来のビジョンを語らせたら圧倒的。常にハイテクをとりいれて、しかもロボット然するのではなくエモーショナルに僕らに語りかけてくる。このブランドは何が自分たちの本当の武器なのかを知っている、類い稀な企業だと思う。

ついに発表されたね、BMWの新しい「5」。

The most powerful business athlete. Introducing the all-new #BMW #5series Sedan.

A post shared by BMW (@bmw) on

一昨日からネット上で写真が登場し始めたけど、とうとう公式Instagramにも動画や写真が来たね。先々代のクリス・バングルがデザインしたエッジの効いたフォルムからするとここ2世代でずいぶんとコンサバティブな方向に振った感じがするね。

The embodiment of a modern business sedan. The all-new #BMW #5series Sedan.

A post shared by BMW (@bmw) on

とはいえ、塊感はなかなかボリュームがあるし、キドニーグリルの大型化とか細部のデザインに目をやると、なかなかマッチョなマシンであることに気づく。BMWとはセダンの形をしたスーパードライビングマシンであるその成り立ちなんかを考えると、この抑えの効いたデザイン進化はBMWユーザーには歓迎されるのかもしれない。僕個人はもう少しチャレンジしてほしかったけどね。

一方で中身の進化はさすがに凄そう。まず驚くのは100kgの軽量化、当然プラグインハイブリッドモデルも出てくるし、全てにおいてエンジンはミニマルになりつつも走行性能や燃費性能は格段にアップするという、たぶんもう内燃機関の自動車製造技術としては成熟の域にあるだろうと思わせる進化ぶり。やっぱり実車が見たいよね。そして新しい駆けぬける歓びをたしかめたいところ。

2030年、自動車が発明された国で内燃機関は終わりを迎えるのか。

僕がちょっとハッとした記事、それはドイツで2030年に内燃機関自動車の販売を終了するというもの。僕らスーパーカー世代は車好きがまだまだ多いと思うんだけど、その車とは主に内燃機関のエンジンを積んだガソリン車のことを意味する。もちろん、最近ではハイブリッドカーも増えたし、電気自動車(EV)や水素燃料電池車も登場しているけど、僕らがいわゆる車らしさに惚れてきたものとはあの内燃機関独特のエンジン音であり排気音で、ある種愛おしささえ感じる。けれど、環境に配慮した社会へのシフトはここ数年一気に進み、ついには自動車を発明したメルセデス、そしてBMWやVWなど車の本場と言っていいドイツで14年後にはEVや水素燃料電池車というゼロエミッションカーしか購入できなくなる。時代の流れであり、地球を思いやるイノベーションには賛同するものの、少し寂しい気もするのが正直なところ。僕も歳をとりやがて車の運転もおぼつかなくなるだろうけど、僕が老いるのとこの2030年までの月日のなかであと何台の内燃機関の車を所有できるのかなとか、ちょっと考える夜。時代とは当たり前だけどどんどん進み、今はどんどん過去になってゆく。できれば今乗っている愛着のある愛車に乗り続けたいけど、日本はどうだろうね、あと何年乗れるだろう。なんか無性に車を洗車して磨き上げたり、遠出してドライブしたい衝動にかられる。たいせつにしよう、今の車との日々。

BMWコンセプトX2の静かなる近未来感。

*BMW公式Facebookより
*BMW公式Facebookより

車検から帰ってきたBMW3セダンを試し乗りで少し流してきたが、やっぱり気持ちいい。もうすぐ10年選手になるとは思えないしっかりとした乗り心地で、交差点を低速で曲がるのさえもエモーショナルに何かを訴えてくる。

そんなBMWがパリモーターショー2016でコンセプトX2を発表した。

世の中がEVにシフトすることで車のデザインもかなり未来感のあるものが流行りのようだけど、BMWが明示する未来感は抑えが効いたデザインで僕は好意的だ。

このコンセプトデザインが元になって市販モデルにブレイクダウンされていくけど、このX2はほぼこのまま出てきてもおかしくないような完成度。デザイナーのリアリティみたいなものを感じさせる。カラーリングだけは僕はシルバーやネイビーがBMWには似合ってると思っているけど、そういう期待を少しずつ裏切るのがデザイナーの役目だろうから、実車にふれて確認できる日を楽しみにしたい。

クールなだけなら他にも車はあるけれど、やんちゃクールとなるとBMWが頭ひとつ出る。

Becoming one with nature in the #BMWi8. @BMWi @75bravo #BMWrepost __________ BMW i8 plug-in hybrid BMW eDrive: energy consumption (combined): 11,9 kWh/100 km Fuel consumption (combined): 2,1 l/100 km, CO2 emissions (combined): 49 g/km. Fuel consumption is determined in accordance with the ECE driving cycle (93/116/EC), made up of approximately one-third urban traffic and two-thirds extra-urban driving (based on the distance covered). Further information about the official fuel consumption and the official specific CO2 emissions for new passenger automobiles can be found in the 'New Passenger Vehicle Fuel Consumption and CO2 Emission Guidelines', which are available free of charge at all sales outlets and from DAT Deutsche Automobil Treuhand GmbH, Hellmuth-Hirth-Str. 1, 73760 Ostfildern, Germany and on http://www.dat.de/angebote/verlagsprodukte/leitfaden-kraftstoffverbrauch.html

A post shared by BMW (@bmw) on

もうこれはかなり主観だけど、InstagramにアップされたBMW i8のこんな後ろ姿を見ると、やっぱりこの自動車メーカーのめざす道は好きだなあとあらためて思う。

プラグインハイブリッドのスーパースポーツであるi8はBMWというブランドのフラッグシップモデル。数千万もする車は富の象徴でもあるだろうし、もっと分かりやすい高級車然とした重厚さや迫力に満ちていてもおかしくないけど、BMWはそこに遊び心というかやんちゃなスタイルを持ち込む。i8のカラーリングなんかはその象徴のように僕には見える。

実写は見たことがないから実際はもっと高級車然しているのかもしれないけど、少なくともこうしてBMWが公式にアップしているInstagramの写真を見るかぎりは、このブランドは高級に見られることはめざしていなくて、あくまで”究極のドライビングマシーン”であり”駆けぬける歓び”を見る者にビンビンに訴えてくる。

うちの駐車場に停まっている二台の”3″はBMWの中でも最も質実剛健なタイプだけど、僕は外出するたびにこの姿を眺めることが密かに楽しみであり、あゝこの車に乗っていてよかったといつも心の中で再確認している。移動するだけなら車は動けばいい。でも、スーパーカーブーム世代の僕らにとっては車とは幾つになっても夢というか心躍る存在。そして、BMWがめざす道をいっしょに駆けぬけるんだ、という楽しみをこのブランドは僕らユーザーにもたらしてくれる。ブランディングとはそういうことだと思う。

BMW Group Magazineの最新号が届いた。紙の本はやっぱりいいね。

image

この本はBMWユーザーに届く季刊誌で、僕は佇まいがとても好きで気に入っている。BMWというブランドは変えないところは徹底して変えない頑固モノである一方、テクノロジー的には自動車界きっての新しモノ好きで、特にデジタルに対する先進性は随所に見られる。それなのにこの本は紙。このギャップがまたとてもいい。午前中にロードバイクに乗ってきたんだけど、なんか車にも乗りたくなったな。駆けぬける歓びってやつ。

夏の夜は、ロードバイクから車に乗りかえて。

image

ロードバイクは、夜は乗らない。乗る人もいるのかもしれないけど、僕は怖くて乗れない。よほど強力な巨大ライトでも装着していないかぎり、あんなスピードの出る乗り物を無防備な体で乗るなんてあり得ない。ロードバイクのライトは基本、前方を照らすものじゃなくて自分の存在をまわりに気づかせるための明かりだからね。

でも、夏の昼間の熱がだんだん冷やされていくアスファルトの上を風を切りながら走るのがどれほど気持ちいいかと想像すると、ちょっとじっとはしてられない。そんな時は車のがエンジンに火を入れて出かける。そういうシチュエーションが好きで、僕は過去に2台のオープンカーに乗っている。若い頃は車内で音楽を聴いていたが、歳をとるにしたがっていつの間にか音楽は聞かなくなった。窓を開けて、辺りの空気の音を感じながらゆっくりと流すのが好きだ。僕は若い頃に憧れていたBMWが忘れられず、いい大人になってから念願のBMW3シリーズを手に入れ、以来ハマってもう4台目のBMWを乗り継いでいる。高速道路をなめらかに巡行するのも楽しいけど、この車の楽しさは交差点をゆっくりと流す時のなんとも言えない重量バランスの心地よさだと思っている。だから、街中を流すことがまったく退屈じゃない。むしろ、街中のアスファルトの上を熱風が冷えてゆくのを感じながら流すのが気持ちいい。

ロードバイクで感じる風とはちょっと違った、でも僕の中では車に乗ってあびる風のほうが原点だから、夏の夜のドライビングはいろんな思い出も蘇らせてくれる。特別な場所へ行かなくても、街中が野性をくすぐる場所になる。カメラを乗せたドライブにしばらく行っていないけど、この夏は乗ろうかな。夏の夜、BMW×GR。

僕の中でBMWとは「3」のこと。

今夜は久しぶりに愛するBMWのことについてポストして眠りにつこうと思う。僕は若い頃にまさにこのE30型BMWに憧れて過ごした。その時はとてもじゃないけど買うことなんてできなくて、ただひたすら夢に見ていた。街中で見かけるBMWが僕のショールームだった。それから何年もの月日が巡り、僕もそれなりに歳をとり、やがて中古で念願のBMW E30型の3シリーズを手に入れることになる。生産から十数年経っていたけど4万キロしか走っていない極上の掘り出し物だった。嬉しかったなあ、毎日車庫で眺めてた。洗車するとその時代のなんとも言えないボディラインが手に取るようにわかり、また惚れた。とはいえ古い車を維持するのはなかなか大変で、結局2年ちょっとで手放すことになる。でも、一度この3シリーズの人馬一体感を経験するともう離れられない。以来、僕はずっとBMWを乗り継いでいる。一度だけオープン2シーターのZ4に乗ったけど、それ以外はずっと3シリーズだ。というか、僕にとっては”駆けぬける歓び”とは3シリーズのこと。贅沢品とかとはちょっと違う、あのコンパクトなボディこそがBMWの走りの真骨頂だ。

今となっては他の車に乗ったことがないからBMW以外の車の進化みたいなものは分からない。きっと国産のハイブリッドカーやスバルの車なんかもいいんだろうなとも思う。でも、ゆっくりのスピードで交差点を曲がるだけでも気持ちのいい車を他に知らないし、高速道路のサービスエリアから本線に合流するだけで胸のすく体験ができる車をほかに僕は知らない。駆けぬける歓び、それは海外では”究極のドライビングマシーン”と表記される、まさに文字通りのただひたすら運転することが楽しい車だ。しかもBMWのよさはその走りが色あせないこと。最初に所有した3シリーズは古いこともあって手もかかるはお金もかかるはで維持し続けられなかったけど、ようやく少しばかりお金をかけられる歳にもなり、今はできるだけ長く愛車を乗り続けたいと思っている。あまりに3シリーズが好きすぎて、セダンとワゴンの二台の3シリーズを所有しているんだけど、なんとかこのまま維持し続けて、一台はやがて息子が免許を取る歳になったら譲ってやりたいという小さな夢みたいなのもある。

僕みたいな大人はほんと見た目だけ歳をとってるけど中身はガキで、二台の3シリーズを維持するくらいなら他にお金の使い途もあるということも頭じゃわかってはいるんだけど、そこはなかなか大人にはなれないところ。とはいえ、新しいBMWが欲しいという物欲ではなくて、今まで自分が乗ってきたBMWをこれからも大事に乗り続けたいという欲求。奥さんをなだめながら笑、仕事を頑張って維持費を捻出し続けながら、許されるかぎりこの二台の3シリーズと人生を駆けぬけ続けたいと思っている。僕にとって”走る”という行為は生きることそのものだから。