カメラ選びは直感で、スペックは後から調べるなあ。

Olympus OM-1N, Rolleiflex Standard

日頃から「あのカメラ欲しい」という心の準備みたいなものはあまりなくて、僕の場合は大抵、カメラ屋のショーケースで“そのカメラ”を目にして恋に落ちる。いや、もうほんと、落ちるんだ、感覚的には。

で、ようやく我に返り、iPhoneを取り出して軽くスペックを検索し始める。いや、この時点で検索するのはまだいいほうか。大体は、ショーケースから出してもらってまず触ることのほうが多いかな。でも、僕はショーケースから出してもらったらほぼ購入する。よほどファインダーの中がやれていたり、見えていなかった大きなアタリなんかを見つけない限り、購入してしまう。じぶんでも思うのは、やはりショーケースをガラス越しに見つめてる時点で恋に落ちてるから、ショーケースから出して触るというのは最終確認プロセスなんだよね。

Konica FS, Hexanon 52/1.8
Olympus OM-1N, Zuiko 50/1.4

でも幸いというか、直感で選んできて今までハズレはない。それは使ってみてなんか想像したものと違うというハズレもないし、故障していたというハズレもないんだ。ひとまず信用している何軒かのお店で購入していることも大きいとは思う。それでも、直感というのは大事だなあと最近つくづく思うのである。

Kodak Retina typ117, Xenar 50/3.5
Voigtlander Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

直感って、よく言うけど勘というよりは日頃の何かの蓄積で降ってくるもので、じぶんの中で無意識に自動演算された答えみたいなところがあるんだよね。だから、例えたまたま見かけてカメラへ恋に落ちる感じにしても、日頃から考えてることを総合的に満たす結晶のようなモノに出会った、ということだと思うんだ。

Olympus PEN EE-2, Zuiko 28/3.5
RICOH 500 Deluxe, Rikenon 45/2.4

まあ直感で恋に落ちるたびにカメラを購入してたら破産するけど、幸い僕が最近恋に落ちるカメラは決して高価なモノではないから、少し何か他のモノへの投資を削っては、「そのカメラを確かめたい恋」を多数楽しんでいる笑。

そんなだから、スペックはほんと二の次。それでも直感はほんと侮れないから、ちょうどうまく隙間だったカメラが埋まってく感じなんだ。あと、故障したモノでなければ、基本、カメラはどこのメーカーのどんなモノでもある一定のクオリティは超えているというのが掴めてきたのもある。つまり、動くカメラなら世の中、ヨリドリミドリなのである。いろんなカメラを使ってきた身として思うことだから、そうハズレてはいないと思うけど、どうだろう。

まっしぐら、がいい。スナップでもカメラでも、なんでも。

Voigtlander Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

僕はたぶん「まっしぐら」なモノやコト、ひとが好きなんだろうな。まっしぐらというのは、周囲に惑わされることなく、じぶんが思うLoveなコトに夢中な姿。そういうひとの撮るスナップが好きだし、そこに映し出される作為的でない感情というかピュアなエネルギーが好き。

にんげんは、あまり周囲から見られることを意識しすぎると、このピュアな核みたいなことを見失う。そうやってフラフラしている人々を見ると、まっしぐらなひとたちが一段ときわだってカッコよく見える。僕にとっても数人いるんだ。そんな風にまっしぐらでとてもカッコよくカメラやスナップ、生き方と向き合う魅力的に見えるひと。

僕はまだまだそんな域にはないわけだけど、上手いとか下手とか、強いとか弱いとか、目立つとか地味とかそういうことを超えて、まっしぐらでいたいなと思う。カメラとの向き合いも、撮るスナップも、そしてこうして向き合うブログも。余計なものを排除して、シンプルに、じぶんがいちばん初めに抱いた感情のスタート地点から、まっしぐらに。

Bessa-LとSnapshot-Skoparの写りは、なかなかファンキーで気に入った。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

まあ、この場合のファンキーという言葉は意味をよく分からず使ってるんだけどね笑。気分はそういうこと、という風にとってもらえれば。要はそれくらい気に入ったのである、Bessa-LとSnapshot-Skopar 25/4の組み合わせがね。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

まあ、とにかく広い。焦点距離25mm、外付けファインダーでのぞいてもいちばん外側のフチまでは見えない感覚すらする。ここまで広いと家の近所の散歩カメラでは持て余すから、本当の試し撮りは街中スナップでやってみたいと思ってた。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

そもそも目測機であるVoigtlander Bessa-Lは、ピントが合わせやすい広角レンズの装着が使いやすいところがあり、このレンズ Snapshot-Skopar 25/4はBessa-Lと一緒にコシナから登場してきた、まさにセットのような組合せ。その期待に見事に応えてくれる世界観を僕に見せてくれた。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

Bessa-Lを本格的にスナップしてみて思うのは、いやいや気持ちよすぎるだろう、このシャッターの切れ味!ということ。スパンスパン撮れるその感覚はなんというかカジュアルなTシャツの着心地とでもいえばいいだろうか。とにかくラフに使いこなせるんだ。この超軽快な使い心地と、超広角な焦点距離の画角は、撮り手をちょっとハイにさせる何かがあると思う。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100

僕のふだんのスナップは50mmが多い。Leica M3でありLeica IIIaだったりするわけだけど、そんな中このBessa-Lを手に入れたのは広角スナップ専用機が欲しかったから。この広大なまでの25mmの世界は十分すぎるほど期待に応えてくれた。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4, 業務用100
Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

この見るからに道具感、つまり男っぽい香りのするBessa-Lは、その存在からしてなかなかクールだ。そしてその見た目を裏切らないなかなかクールな写真を切り取ってくれる。デジカメがすでに登場していた頃に、フィルムカメラの意地とか誇りのようなものを背負って登場してきたコシナのBessaたち。そこには価格なんかを超えた、ぶっ飛んだクオリティが注ぎ込まれていると感じた。アリだよ、今の時代にBessaという選択。熱くなれるから、コイツは。

カメラは軽量コンパクトであればいいというわけじゃないけど。

Voigtlander Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

僕もカメラを始めた頃は、カメラ=一眼レフという認識があって、割と大ぶりなカメラを「この重厚感がいいんだ」みたいに感じて使っていた。それでもフルサイズの中では軽量なNikon D750だったんだけど、標準レンズが24-120 f/4だったから、けっこうヘビー級なカメラではあった。

その後、そのヘビーさが嫌になったわけではないんだけど、カメラをコンデジのRICOH GRだけにしてしばらく過ごすことになる。たぶんこの時にカメラに対する価値観が少し変わったのかな。手軽に街に持ち出せてスナップできることが、僕の中でのカメラの理想像になっていった。

で、フィルムで撮るようになった今では、よく使うカメラはどちらかといえば一眼レフより小ぶりなカメラが多い。なんといってもコンパクトで持ち出しやすいのはフィルムコンパクトのKonica C35やRollei35。GRと合わせてこの3台は、ほんと荷物にならなくていつでもどこでも手軽にスナップ撮影が楽しめる。でも、じゃあ軽量コンパクトであることが最良かといえば、そうとも言えない。もう少し「手ごたえ」も欲しい、というのが僕の中での理想の軽量コンパクトだったりするんだ。

それがレンジファインダー系のカメラたち。ことし夏用カメラとして手に入れたBessa-LやコンデジのLeica X2なんかもそう。もちろん、バルナックIIIaやLeica M3なんかもこのクラスにあたる。大ぶりではなく、かといってコンパクトすぎるわけでもない、とても絶妙なサイズというのがこのへんのカメラたちなんだ。僕はここ数日間、Leica M3のことをあらためてジャストフィットなカメラだなと再認識してるところなんだけど、そこにはその絶妙なサイズと品質が高次元でバランスがとれていることが大きい。本格的な手ごたえを失わない、軽量コンパクトのギリギリの線を行くカメラたちとでもいえばいいだろうか。一度この絶妙なサイズに慣れてしまうと、大ぶりな一眼レフを持つことはむずかしい。僕はデジタル一眼レフも持ってるけど、Nikonフルサイズ機の中で最軽量のDfが今のところ許せる範囲内の一眼レフだと思っている。

もちろん、大ぶりな本格的一眼レフも時に使用する。Nikon F6やNikon D300なんかはそう。けれど、普段着のように持ち出しているカメラはといえばM3をはじめとするジャストフィットクラスのカメラたちなんだ。そう、カメラは軽量コンパクトなほどいいという気持ちはあるけど、最もコンパクトなカメラたちはサブで、メインはこのスナップシューター系カメラたちということ。一応、20台くらいの大小さまざまなカメラたちと付き合ってきた経験上からたどり着いた着地点みたいなものだから、案外説得力のある視点なんじゃないかと思う笑。

とはいえ、カメラは何が良くて何が悪いなんて論点のアイテムじゃなくて、じぶんにあったカメラこそが最良のカメラ。見るからに本格的なフラッグシップ系の一眼レフがいいという人もアリだし、中判カメラというのもまたアリ。逆に徹底してコンパクト機を楽しむのもアリだ。そういう意味ではサイズはあまり関係ないのかもしれないけど、だからといってこの絶妙サイズのカメラたちを放っておくのももったいない。レンジファインダー系カメラ未経験の人たちはぜひ一度、その「手ごたえ」なるものを味わってみてほしいな。なにかとんでもなくフィットする軽い衝撃みたいなものがあるから、きっと。

こうしてみるとよく似ている。夏用カメラ、Leica X2とBessa-L。

Leica X2, Bessa-L Snapshot-Skopar 25/4

ふと、直近で手に入れた2台のカメラを眺めていると、なんだかよく似てるなと。デジタルのLeica X2とフィルムのBessa-L、共通するのはその軽量コンパクトなボディと広角レンズ、そして頭の上にちょこんとのっかった外付けビューファインダーだ。

購入する時に特にこの共通項を意識していたわけじゃないんだけど、こうして手にしてみて思うのは、「僕は夏用カメラが欲しかったんだろうな」ということ。デジタルでいえばNikon DfやLeica M-Pほど重さを感じない、いかにも炎天下の下でもカメラを連れ出そうと思える軽快感。フィルムでも同じように暑い日でもガシガシタフに外へ連れ出して撮れるスナップ用カメラが欲しかったんだろうね。

こう連日猛暑が続き続くと、さすがにデリケートな設計の高機能カメラたちを連れ出すのはどこか億劫になるし、何より重く大きなカメラを首からぶら下げて灼熱地獄の街を撮り歩こうとはなかなか思えない。それでも軽やかなカメラがあれば、多少写真欲も増すんじゃないかな、という僕の潜在意識とさみたいなもの。それがこの季節にこの2台を手に取らせた要因なんだろうと思う。

Leica X2のほうは固定レンズは24mmだけど35mm換算では37mm程度になり、Bessa-Lのほうは25mm、まあどちらも僕にとっては感覚的には広角だ。このうだる暑さの中であまり考え込まずに、広角でサッと辺りの様子を切り取り、ピントも目測で大雑把にヒャンヒュン撮れる。そういう意味では、夏のラフなスナップカメラコンビ、ということになる。とはいえ、この暑さのなかではさすがの夏カメラコンビも日中に連れ出す機会は少なくなる。今はカメラに関しては、早く秋よ来い、そんな気分かな。今日も溶けそうな暑さ、カメラ関連本でも読んで静かに過ごそうかな。

久しぶりに不慣れな感じがたまらない。Bessa-L + Snapshot-Skopar 25/4

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

今週初めに訪れた出張先のバス停のそばにあったカメラ店で、思わず一目惚れしてバスが来るまでの実質3分間ほどで購入を決断したBessa-L。ひとまずボディだけ手に入れたものの、ファインダーやレンズのチョイスを一週間ほど悩み、今日ようやくこんな組合せで僕なりに出来上がったんで試し撮りに出てみた。(なので、まだ現像あがりの作例はない。ご了承を。)

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

レンズについては正直かなり悩んで、手持ちのLマウントのElmar 50mmやJupiter-8 50mmをつける選択肢もあった。実際、Twitterの中のカメラ好きの人たちからも、目測にある程度慣れてるなら50mmでもOKなんじゃないかとアドバイスもらったりもしたんだけど、そうだとしても外付けの50mmファインダーがいる。これがまずカメラ屋なとで見つけられなかったのと、他のカメラへの使い回しのイメージがうまくわかなかった。で、たどり着くところ、いちばん最初に注目していた広角レンズのひとつ、Snapshot-Skopar 25/4を選ぶに至った。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

コシナ・フォクトレンダーがBessa-Lを出す時に同時に登場させてきた専用レンズのようなものだから、その収まりはやっぱり素晴らしい。僕はこのレンズを購入するにあたってこちらのブログ記事を参考にさせてもらったんだけど、この写真や記事を読んだ時にある種の衝撃を受けていて、最後はその強烈なファーストインプレッションに回帰したという感じ。この削ぎ落としたボディ&レンズ、そしてセットで売られた外付けファインダーの組み合わせの妙は、この「デザイン」のクールさだけで所有する価値があると思わせる。見事だよ、コシナ。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

このSnapshot-Skoparは距離計非連動のレンズ。そもそもBessa-L自体が距離計がないカメラだから、それ向けに用意されたレンズもそういう潔さなわけで、他のボディで使い回す時はピント合わせと連動はさせられないけど、その分目測専用レンズとしてのこだわりも持ち込まれている。上の写真のレンズ下に見えるピントレバーが1m、1.5m、3mでカチッと止まることで、レンズの目盛りを見なくても距離が刻めるように設計されている。最短は0.7m、最長は無限遠、つまり五段階で手元を見ずに目測撮影が可能だ。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

ピントレバーは実際に試してみても、これは使えるという小気味いいクリック感がある。これなら慣れればかなり実用的な機能として使えると思った。で、その25mmという世界なんだけど、これは僕には「ひたすら広い」と思った。僕のこれまでの経験でいうとズームレンズで24mmはたまに使うけど、単焦点レンズでは28mmがマックス、25mmの世界はなかなか未知の世界だ。今日、いつもの散歩道を試し撮りした感じでは、とりあえずいろいろ余計なものが写り込むなと笑。こらは間違いなく散歩カメラというより、街中のスナップ向きだろうね。けれど、ファインダーの見え方も明るくクリアで、1999年製とそれほど昔の設計じゃないからなかなか素晴らしい眺めを提供してくれる。この眺めは、街中ではかなりヤル気をそそるスナップシューターの視界だと思った。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

まあでも、そんな性能云々より、このフォルムがヤル気をそそるすべてだと言っていい。この薄さ、軽量でコンパクトな身軽さ、とにかくスナップシューティングのために余計なものはすべて削ぎ落としましたと言わんばかりのフォルムは、スナップ好きの人々のハートを強烈に撃ち抜く理屈抜きの力がある。ライカ機とも富士フイルム機とも違う、Bessaだけが持つ価値観や思想がそこには色濃く宿っている。一週間いろいろ悩んだけど、最終的にSnapshot-Skoparを装着するに至ってよかったかなとも思ってる。あ、Super Wide Heliar 15mmも最後まで悩んだけど、僕は超広角の非日常性より、自然なスナップの視界の範疇であること、そして他のボディにも使い回したくなる焦点距離としてSnapshot-Skoparをチョイスした。とはいえ、ここでも最後はデザインが決め手になったかな、やはり。それくらい、Bessa-LにはこのミニマルなSnapshot-Skoparのデザインはよく似合う。

Bessa-L, Snapshot-Skopar 25/4

シャッターフィールも機械式ゆえに気持ちいい。スパンスパン撮れる感じはバルナックに似てるかな。あと使わないだろうと思っていた内蔵露出計が意外と便利だという気づきもあった。露出計を見ながら絞りやシャッタースピードを一段、二段と調節するのも片手で軽快にできるし、あと必要なのは僕の目測センスだけかな笑。試し撮りの現像が上がってきたら、そのへんのBessa-Lの癖みたいなものもいろいろ確かめていきたい。

それにしても1999年というそれほどカメラが原始的ではない時代に、距離計なし、ファインダーなしの孤高のカメラとレンズを出してきたコシナの潔さはある意味、感服というか、そういう姿勢はめちゃくちゃ男前でかっこいいなと思った。ここまで突き抜けると、きっとBessa-Lユーザーでファインダーなしでスナップしてる人も結構いるように思う。それもアリだなと思わせる究極まで削ぎ落としたクールさがこのカメラにはある。もう便利さみたいなものとは真逆をいくカメラだけど、そういうところに惚れるんだよ、男は。街を徘徊しろよ、男だろ、と脳天をガツンと撃ち抜かれるカメラ、それが僕の中のBessa-Lのファーストインプレッションだ。というわけで、ひとまず使用感のレポート、作例はまたそのうちに。