フィルムライクなカメラ、という趣味。

Rolleiflex Standard etc.

特にポリシーとかあるわけじゃないんだけど、僕の手元に集まってくるカメラやレンズたちに何か共通点があるとしたら「フィルムライクに撮る楽しみ」ということかな。ライカたちしかり、Nikon Dfしかり、Bessa-Lしかり、一見共通項が無さげなカメラたちも僕の中にはそうした好みですべて繋がっている。

フィルムが好きだけどデジタルでも撮る。そこの垣根は無くなった。フィルムとデジタルでは描き出す写真ははっきりと違うけど、そこは違うことを前提に、でもカメラで撮るという行為においてはすべてフィルムライクに楽しめてる。あと意外と大きいのは、デジカメで撮ってもその場で撮れた写真をモニターで確認することはほぼ無いから、自宅に帰ってMacBookにつなぐまでは未現像状態みたいなもの。撮影する時のリズムはフィルムカメラとほぼ一緒、というのが僕のスタイルではある。

でもどうだろう、フィルムライクな写真好きかと言われれば、僕の場合はフィルムライクな“カメラ好き”なんだよね、やはり。クラシカルでヴィンテージ感のあるカメラの佇まいが好きだし、それぞれのカメラが持つ個性ある操作感が好き。あととにかくシャッターを切る行為が大好き。その嗜好性がいろんなカメラたちを「じぶんの目と手で試したい」という好奇心につながり、コレクションしてるわけじゃ決して無いんだけど、いろんなカメラたちが手元に集まってしまうんだな。困ったね笑。

けれど、そういう趣味の人が意外といることがTwitterやブログのコメント欄なんかを見てると分かって、なんかうれしいというか、ちょっとホッとしたり笑。そこは昭和生まれの男たちが抱く共通した何かなんだろうなあと妙に共感したり。

僕は街中のスナップも撮るし、愛犬との散歩でなんてことない草花の写真も撮る。誤解を恐れずにいえば、被写体はなんだっていいみたいなところもある。カメラで撮るという行為がまず楽しみの前提で、その上で家族の思い出を残せたり、都市の景観の移り変わりを記憶できたり、季節の移り変わりを体感できたりと、カメラと写真を二倍で楽しめている感覚がとても心地いいんだ。

カメラというのは、手にするとなんか撮らなきゃと少々気負ってしまうところがあって、僕も最初はなんか撮影計画みたいなことを考えたりしてたけど、今は「撮ろう」ということよりも「いつもカメラを持ち歩いておこう」という気分。持ち歩いておけば自然と数枚ずつ撮るし、後から振り返って写真を見た時も、頭の中に薄っすらとしか残っていない記憶の断片をつなげる役に立つ。そういう意味では、僕はアマチュア“写真”愛好家ではなくて、アマチュア“カメラ”愛好家なのかも。コレクターじゃなくて、シャッターを切るほうの愛好家ではあるけれど。

なんでもない光景を撮る癒しについて。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8

実際、僕が撮っている写真の多くは、いやほとんどかな、なんてことない生活動線上のありふれた光景だから、何かメッセージ性のあるものを写真に収めたり主張しているわけじゃなく、ほんと、じぶんが心地よくなるためにシャッターを切り続けている。

でもね、不思議とそれでもめちゃくちゃ楽しいのがカメラなのである。それは通勤途中の道端でも、出張中の移動の途中でも、愛犬との朝晩の散歩の時でも、カメラさえあれば僕はその時間を二倍楽しめるという思いがあるし、なにより癒されるんだ。

そりゃ世の中に目を向ければ、素晴らしい写真を撮っている凄い人たちもいて、そんな本格的風景写真やポートレートってカッコいいなと思う時もあるけど、面倒くさがりの僕にはそこまでカメラと写真に突っ込んで向かい合うエネルギーはない。でもね、そんなずぼらな僕にもカメラは実に大きな包容力をもってして、向き合ってくれる。

スナップといえるほどの写真ではないけど、スナップという言葉に出会えたことは大きい。たとえ本格的なスナップ写真じゃなくても、スナップという言葉が僕のカメラや写真の向き合いをとても楽にしてくれたように思う。そっか、気負わず、スライス・オブ・ライフでいいんだという気づきであり安堵。それが、毎日懲りずにカメラを持ち出し、時に疲れきった僕の脳や肉体をやわらかくほぐしてくれる。特にフィルム撮影はその場で撮った写真を確認しない分、とてもリズムよく潔くスナップを楽しめる。そんなカメラの癒し力みたいなものを伝えたくて、きょうもブログを書いている。

たしかに、SMC TAKUMARは破壊的に良いかもしれない。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

今朝、Pentax SP×SMC Takumarで撮った写真をTwitterにポストしたら、ある方から「smcタクマーは、やはり破壊的に良いですねえ〜」とうれしいコメントをいただいた。うれしいというのは、僕が撮った写真がどうこうということではなくて、そっか、このSMC Takumarの描写の素晴らしさは、他の人から見てもやっぱりそうなんだという確認ができたのと、その素晴らしさの度合いを「破壊的に良い」と表現すればいいんだという気づき。

そう、この良さを上手く言葉にできなかったんだけど、破壊的に良いだ。僕が敢えて何かに例えて表現するとするなら「まるでFUJIFILM PRO400H 」で撮ったかのようなコクのある描写ということになるだろうか。それが安価なスタンダードフィルムである業務用100で描けてしまう。それは単にボケとかキレとかを超えて雰囲気や空気まで描写するという点において凄いなと感じていたのである。

僕にとって一眼レフとはNikonでありNikkorだったわけだけど、その地位をかっさらうかのような世界がこのSMC TakumarとSPにはあるかもしれない。ずっと前から思っていたんだけど、PentaxというブランドはNikonと同じくらいユーザーが濃いというか、ブランド愛が凄い。いわゆるNikon党とPentax党。そこには単にブランドイメージ云々じゃなくて、この代わりのきかない破壊的な写りの良さがあるんだろうね。そういうことが肌で感じられただけでも、Pentax機を手にした甲斐があった。もっともっと撮ろう。そして、もっともっと広めよう、この破壊的な良さを。

Pentax SPとSMC Takumar 55/1.8の現像があがってきた。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

Nikon機以外で初めて手にした一眼レフ、Asahi Pentax SPの初現像があがってきた。想像以上に好みのシャッターフィールで驚いたSPだけど、試し撮りの写真たちもなかなか味わい深くて、やっぱりフィルムカメラはいいなあと感心してる夜。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

レンズはSMC Takumar 55/1.8。Super-Takumarはよく聞くフレーズだけど、このSMCというのはスーパー・マルチ・コーティングのTakumarという意味らしい。そのコーティングのせいか、このレンズの表面はオレンジとグリーンがグラデーションするようななんともいえない美しい色を放つ。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

写真もまたなかなか美しい。試し撮りということもあるし、SMC Takumarの癖を確かめたくて開放気味で撮ったんだけど、オールドレンズ らしいボケの暴れ方みたいなものはあるものの、どこか繊細さも持ち合わせていて、そういう微妙なギャップみたいなものが嬉しい。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

撮影場所はいつもの愛犬との散歩道なんで、特にハッとするシチュエーションでもなく、そこはご容赦いただくとして、SPとSMC Takumarが描き出す世界はなんとなくつかんでもらえるんじゃないかと思う。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

まあ、これだけちゃんと撮れるなら合格ではないだろうか。というか、一眼レフといえばNikon機しかないというくらいNikon一辺倒だった僕だけど、Pentaxはいい意味でそういう固定概念を吹っ飛ばしてくれた。これはアリだし、Pentax一筋みたいな人がいることも納得がいく、とてもエモーショナルなカメラ&レンズだと思う。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

あとね、FUJIFILM業務用100との相性でいえば、Nikon F2やNikon FEとオールドニッコールよりも良いんじゃないかと感じる。これはレンズSMC Takumarの効果なのかもしれないけど、明暗にもよるけど色のりに深みがある気がする。単にボケが華やかというわけではなく、適度に暗部に芳醇な色艶を見せてくる。ちょっとPRO 400H的な表情とでも言おうか。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

こういうのを味わっちゃうと、やっぱりフィルムカメラはやめられない。デジタルがどうのこうのというつもりはないけど、シンプルにデジタルには出せない色気でありムード。しかも、僕の中ではNikonに比べライトなイメージがあったPentaxが、むしろNikonより大人の余裕というか、落ち着きを醸し出す。これは、見つけたら買いだと思う。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100
Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8, 業務用100

比較的コンパクトで精悍なブラックボディがなかなか男前でかっこいいPentax SP。その存在感も含めてセクシーなカメラという気がする。いやあ、Nikonから少しブレちゃったかなとか思いながら手にした初のPentaxだけど、いい意味でブレるのも大切というか、素直に出会えてよかったと思わせる歓びに今浸っている。ちょっと僕の中でカメラの序列みたいなものが壊れつつある。

「日本代表が勝ったらカメラ買う」と言っちゃってたんで…約束は守る男。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8

いやあ、このカメラのことは正直よく分かっていない。ただ、男が一度約束した以上は、何かしらのカメラは買って帰らなくてはいけないんじゃないかと。

何の話かというと、僕は一昨日のW杯ロシア大会で日本代表の初戦が始まる前に、Twitterで「もし日本代表が勝ったらカメラ買う」とつぶやいたんだ。その時にあげたカメラは、その日ジャンクボックスで見たKodakのインスタマチックだった。つまり、勝つなんてあり得ないと心のどこかで思い、遊び半分でつぶやいたことは否めない。ところが試合の結果はみんなも知っての通り、南米国から初の白星をあげるという劇的な勝利になった。いやもうほんとに感激して、しばらくカメラを買う約束みたいなものは忘れていたんだけど。

興奮が落ち着いた頃に、はて、あのKodak インスタマチックのことはどうする?と。とてもチャーミングでいいカメラだけど、今はその127フィルムカートリッジも手に入らない。僕はカメラは撮るもので飾るものじゃないというポリシーみたいなものもあって、まあとにかくお店に行って考えようといつものカメラ屋に立ち寄った。

¥1,000のプライスタグをつけたKodak インスタマチックはまだ売れずに残っていたんだけと、うーん、やはりインテリアとしてのカメラはやめようと。けど、約束は約束だし、何かしらカメラを買っておかないと嘘つきになるんじゃないか。たぶん誰もそんなツイートを覚えてもいないと思うけど、僕はしっかり覚えているわけで、これを無かったことにするのは男として潔くないんじゃないか、と、見つめた先にブラックボディのレンズ付きカメラがあったんだ。

それがこのAsahi Pentax SP。レンズはよく分からないけどSMC Takumar 55/1.8と書いてある。実は過去に黒のPentaxが欲しいと思った時期もあって、ならばショーケースから出して触ってみようと。見た目は使用感もかなりありモルトもやれてたけど、ファインダーもわりと綺麗だし、シャッターも全速切れる。レンズもひとまずTakumarという響きなら悪くなかろう…で、連れて帰ってる、いま。

とりあえず、Pentaxのことは何も分からないんで、フードは無いですか?と探してもらったら、ひとまず装着可能なノンブランド?のフードとフィルターが店の奥から出てきて、もうそれ付けてくださいと強引にお願いして、あとはフィルムを入れてストラップさえ用意すれば試し撮りできる状態までにはして帰った。たしか一昨日お店をのぞいた時には無かったPentax SPだから、まあこれも運命なのかもしれない。日本代表が引き合わせてくれた、まさにスポーツマチックカメラ(追記:本当はスポットマチック笑)。Nikonの一眼レフのことなら多少分かるんだけど、初Pentaxは未知の世界。ただ、そんな僕でも分かるのは、これがM42の世界に足を踏み入れてしまったということだった。