YouTubeでみつけた早田カメラさんの「M3をばらす」。

YouTubeで「名機の肖像 -M3篇-」を見ていて、何気なく見つけた動画「M3をばらす」というのがとても興味深くておもしろかった。ばらしを担当したのはおなじみの浅草の早田カメラさん。ライカの精密さも凄いけど、それを知りつくした早田さんの言葉や手さばきも凄い。その、かつての職人と現代の職人との対話みたいなものが、見ていてとてもそそられるんだよね。

僕はカメラの知識はほとんどないし、機械に強いほうでもないけど、こうしてじぶんの所有するカメラのルーツとか内部構造を知ることはやはり興味深い。ライカのM3はたしかに絹のような滑らかな動き、それでいて確かな手ごたえ、それを感じさせない静かな動作音など、どうしたらこんな構造が半世紀以上前に作れたんだ?というのは気になるところ。そういう時空を超えた感激みたいなものが、この動画を見ると静かに込み上げてくる。

“機械はドイツ”とよく言うけど、日本も世界を席巻したMADE IN JAPANの匠の国。カメラがこのドイツと日本で発展し、世界をリードしているのはいかにもな感じがするし、そのうちの日本に暮らし、こうして世界をリードするカメラたちを手軽に手にすることができるのは幸福なことだと思う。それにしてもM3、エレクトロニクスを一切使わずにここまで確かでスムーズなものを作り出したその驚異のオーバークオリティを目の当たりにすると、もう半世紀後もきっと実用で動いている気がするな。100年動き続ける実用的機械製品って、後にも先にも機械式カメラしか存在し得ないんじゃないかな。凄いよね、まったく。

ジュピターやばいなあ、吸い込まれそうだよ。

Jupiter's clouds of many colors are seen in this image from our Juno spacecraft as it was racing away from the planet following its seventh close pass on May 19, 2017, from about 29,100 miles (46,900 km) above the cloud tops. This image was processed to enhance color differences, showing the amazing variety in Jupiter’s stormy atmosphere. The result? A surreal world of vibrant color, clarity and contrast! You’ll notice four white oval storms are visible near the top of the image, known as the “String of Pearls”. Interestingly, one orange-colored storm can be seen at the belt-zone boundary, while other storms are more of a cream color. Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gerald Eichstädt/Seán Doran #nasa #space #jupiter #solarsystem #juno #spacecraft #gasgiant #storms #pearls #clouds #planet #imageoftheday #junocam

A post shared by NASA (@nasa) on

こんな写真見たら、もうなんと言うかあまりの未知とスケールの凄さに僕は一瞬脳が思考停止する。生まれ変わったらNikonのフラッグシップ機を持ってNASAから飛び立ちたいね、宇宙へ。肉眼でこの光景を見たらからだの震えが止まらないな違いない。月ですら2000倍のCoolpix P900でのぞいたら何かいけないものを見てしまったような怖さがあるからね。僕らはまだこの世界のことを何も分かっていない。何も知らない。

撮るためだけの道具なら、こんなにも美しくある必要はないだろうにな。美学なんだろうな。

眠りにつく前にカメラを眺めている。それにしても美しい、必要以上にと思えるほど美しい。Leica M3。なんなんだろうね、この半世紀以上前のカメラに込められた執念のような美しさは。華美なものは一切ない、削ぎ落としたデザイン。いわゆる機能美ってやつなんだろうけど、なんかそういう形容詞では語りきれない何かがそこには宿っている。僕は写真と、写真を撮ることが好きだけど、それと同じかそれ以上にカメラというプロダクトの道具感やその艶かしさが好きなんだな、やはり。だから、こうしてカメラをカメラで撮ることも多い。Instagramなんかも好んでカメラを撮った写真を眺めてはため息をついていたりする。なんなんだ、この美しさはとか心の中で叫びながら。主役が写真であるなら、何もここまで撮る道具に過ぎないカメラの造形にこだわる必要はない。でも、そこにはやっぱり無駄と思えるほどの作り手の美学が貫かれてるんだよな。僕はヨーロッパの街はロンドンしか行ったことがないのだけど、あの街は世界一美しい秩序によってデザインされた街だと思っていて、街のあちこちがとにかくズルいくらいにクールだ。誰かが大昔からアートディレクションしているわけで、それが街の利便性なんかを超えてデザインを成立させている。きっとカメラともう一度行ったら、僕は恐ろしい数のシャッターを押してると思う。そんなヨーロッパのひとたちの美学が、道具に機能美という究極のデザインを宿らせた。世の中はもしかしたら、本来の機能だけで考えたら不必要なものたちがその街や暮らしの中の美しさを形成しているのかもしれない。まいったな、この時代の匠たちには。

任天堂Switchの「ゼルダの伝説」は大人にも楽しいかも。

そういえば先日、息子と任天堂Switchのソフト「ゼルダの伝説」を買いに行って、一度試しに息子と遊んでみたんだけど、あれはけっこう楽しいかもね。僕はあまりゲームはしないんだけど、ゼルダの伝説はまずグラフィックが美しい。そして舞台は美しい自然の荒野。そこを一人の少年になりきって伝説を解き明かしながら旅をしていくようなストーリーなんだけど、この設定が僕でも感情移入しやすいと思った。いわゆるロールプレイングゲームだと思うけど、ここまで作りが凛としてると、大人でも十分ハマるなあと。誰かと競い合うというより基本は一人でやるゲームだから、大人数でワイワイガヤガヤやるものじゃないけど、そこが僕にはいい。ただ、息子と一緒にやると、僕がやってる横であーでもないこーでもないと息子が余計な?アドバイスをしてくるのがたまにキズなんだけど笑。これは日本の人が作ったソフトなんだろうけど、日本人ってやっぱり繊細というか、こういうゲームの世界の造り込み方もクオリティが物凄く緻密で高いよね。それはカメラづくりなんかにも合い通じる。こうしたプロダクトの傑作たちを身近に扱えるのはやっぱり幸福なことなんだろう。ゴールデンウィーク中はしばらく息子と一緒に、このゼルダの伝説の世界を探求してみようと思う。

真新しい皮のARTISAN&ARTISTと、しわや汚れを刻んでいく。

そういえば頼んでいたARTISAN&ARTISTのストラップが届いた。Leica M3にはいま購入時にお店の人がくれたユーズドの皮ストラップが付いてるんだけど、あくまでとりいそぎ付けてくれたものなので、カメラを落下させないようにしっかりとしたストラップを付け直そうと思っていた。どのブランドのどんな商品がいいのかネット上でいろいろ調べてみると、このARTISAN&ARTISTにたどり着いた。なるほど、名前はいかにもこだわってそうでいいぞと笑。このブランドのストラップはワンタッチで伸び縮みさせられる商品が有名のようだったけど、僕は迷わず黒革のストラップにした。Leica M3と一生過ごすその年輪みたいなものを皮のストラップにしわや汚れとしてゆっくり刻んでいきたいと思ったから。実物を触ってみると軽くて柔らかいし、これならカメラバッグの中でも邪魔にならないようだ。決して生真面目すぎない少しカジュアルな皮ストラップであることも気に入っている。カメラを購入するとそれなりにいろいろと揃えるものにお金がかかるけど、僕の場合はこれでひと通り揃ったかな。お金はできるだけフィルム代にまわしたいしね、このへんでアクセサリーは打ち止めにしておきたい。きょうは火曜日、平日の相棒Konica C35と春の日差しのなか仕事場へ向かっている。

みんなのおかげで辿り着けた、カラー現像機のお店に出せるモノクロフィルム「イルフォードXP2 400」。

昨日のブログにも書いたけど、ついに求めていたフィルムを二本手に入れることができた。カメラやってる人にはおなじみかもしれないけど、イルフォードXP2 400。このモノクロフィルムはモノクロ対応現像機じゃなくても通常よくあるお店のカラー現像機で現像ができる。

僕がふだん現像を頼むカメラのキタムラにはカラー現像機しかなくて、モノクロフィルムだと外部ラボへと回されて、現像・データ化に一週間から10日間ほどかかってしまう。でも、このイルフォードのフィルムなら普通のカラーネガなどと同様にカラー現像機しかないお店にも現像に出すことができる。僕がモノクロフィルムの現像で悩んでる時にTwitterの写真好きな人たちが教えてくれたフィルムだ。

このフィルムは今はカメラのキタムラでは取り扱っていない。通販では買えるけど、昨日立ち寄ったアルバスという写真ラボで偶然売られているのを発見して、思わずガッツポーズをしてとりあえず二本買って帰った。カラー現像機でモノクロフィルムを現像できるC-41現像のフィルムの詳しいことは検索して調べてもらえればけっこうたくさんの人が撮れ味とかレポートしてくれてます。僕のほうはひとまずこの週末に一本試してみようかと。楽しみでならない☺︎

フィルムを買って、ごはんを食べて。気持ちよかったアルバス写真ラボ。

前々からのぞいてみたいと気になっていた写真ラボのアルバスへランチ時に行ってみた。場所は福岡市中央区の警固2丁目、福岡の人にはおなじみの赤坂けやき通りからすぐのところ。フィルムが置いてあるのはホームページで確認していたんだけど、なにやらごはんも食べられるとあり、ちょっといいイメージを持って訪ねてみたら、ほんとにアーティスティック&レトロ感のあるとても気持ちのいい空間だった。

入り口横にはフィルムの販売や撮影スタジオ、アルバム制作の案内があるのを確認して、まずは腹ごしらえと奥のカフェスペースに通してもらった。オープンキッチンでなんとも小洒落た空間におじさんは多少ひるんだけど笑、腹がへってはなんとやらで空いた店内の奥へ。

煮込みカレーと自家製ジンジャエール、あとなぜかデザートセットまで頼み、お店の人に店内の写真を撮っていいかたずねてOKをいただいたので、Konica C35とGRで撮ろうと思ったら、GRはまさかの電池切れ。C35で押さえつつも、この写真はiPhoneカメラで撮った(雰囲気を伝えるためにRNI Filmsアプリでフィルターを使用)ものです。

まあ、何から何まで雰囲気があって、いい空間。フィルムをのぞきに来たんだけどすっかり癒しランチを楽しんでた。それにしても前菜はボリュームたっぷりだし、煮込みカレー、自家製ジンジャエール、あとデザートセットも作り手の愛が感じられて、ちょっと仕事の忙しさを忘れる束の間の時間を楽しむことができた。

で、ランチをしっかり取り終えて、本題のというか、本来の目的のフィルムを見ることに。こじんまりとした空間だけど、しっかり種類も置いてあり、お店の人と会話をしながらフィルム選びができる気軽な感じが、家電量販店でフィルムを買うのとは違う雰囲気を味あわせてくれる。

と、よく見ると、あ、イルフォード XP2 400があるじゃないか!と。これは買っておかねばと二本手にとったら、お姉さんから「お、大人買いじゃありませんか!」と言われて、え、二本だけなんだけどと恐縮しながらレジへ。カラー現像機でモノクロ写真を現像したいんでとか、ふわっといい写真が撮れるフィルムですよ、なんて会話をしながら、食後のなごやかなひとときを過ごすことができました。

一階はフィルム販売やごはんスペース、二階はスタジオなんかもあって、なかなか素敵な写真ラボ。近くまで行かれることがあるひとは、ぜひ寄られてみてください。いかにもフィルムを置いているラボらしい、体温のあるひとは時間を過ごすことができます。もちろん現像もやってくれるんで、こんど一度頼んでみようかなと思いながら、丁寧に見送られて帰路へ。フィルムを始めてまたひとつ点と点がつながりはじめた。

ナショナル ジオグラフィックの圧倒的な迫力にやられる。

何気なくいつものようにInstagramを眺めていたら…まさにハートを撃ち抜かれた。なんなんだ、このドラマティック極まりない映像は。吸い込まれるように断崖絶壁の彼方を見つめていたら、その先に…。プロの仕事とはとんでもないなと思った。これを企画したひと、そしてそのイメージをかたちにしたひと、すばらしいよ、まったく。こういう映像にiPhoneで何気なく遭遇できる今の時代とはやはり幸福なんだろうな。行ってみたいな、この海。

圧倒的にハッピー色だな。街の景色として増えるといいな。

Instagramを眺めていたら思わず釘付けになる。デルポゾの新作コレクションみたいだけど、こういう色に出会うと、あ、女性のファッションというのはクリエイティブでいいなと思う。このぱっと見なんとも言えないようなハッピー色、改めて考えると黒ベースなんだよね。全面カラフル色でハッピー色みたいなものは無くはないと思うんだけど、黒がベースでこの無条件に人をハッピーにさせる配色というのは、圧倒的にデザインの力なんだろうと思う。実物見たいなあ。どこか痺れるようなお姉さんが街で着てくれないだろうか。不謹慎だけど凝視したい。

 

2030年、自動車が発明された国で内燃機関は終わりを迎えるのか。

僕がちょっとハッとした記事、それはドイツで2030年に内燃機関自動車の販売を終了するというもの。僕らスーパーカー世代は車好きがまだまだ多いと思うんだけど、その車とは主に内燃機関のエンジンを積んだガソリン車のことを意味する。もちろん、最近ではハイブリッドカーも増えたし、電気自動車(EV)や水素燃料電池車も登場しているけど、僕らがいわゆる車らしさに惚れてきたものとはあの内燃機関独特のエンジン音であり排気音で、ある種愛おしささえ感じる。けれど、環境に配慮した社会へのシフトはここ数年一気に進み、ついには自動車を発明したメルセデス、そしてBMWやVWなど車の本場と言っていいドイツで14年後にはEVや水素燃料電池車というゼロエミッションカーしか購入できなくなる。時代の流れであり、地球を思いやるイノベーションには賛同するものの、少し寂しい気もするのが正直なところ。僕も歳をとりやがて車の運転もおぼつかなくなるだろうけど、僕が老いるのとこの2030年までの月日のなかであと何台の内燃機関の車を所有できるのかなとか、ちょっと考える夜。時代とは当たり前だけどどんどん進み、今はどんどん過去になってゆく。できれば今乗っている愛着のある愛車に乗り続けたいけど、日本はどうだろうね、あと何年乗れるだろう。なんか無性に車を洗車して磨き上げたり、遠出してドライブしたい衝動にかられる。たいせつにしよう、今の車との日々。