シャッター音の気持ちよさでいえば、Nikon Dfも忘れてはなるまい。

Nikon Dfの軍艦部とシャッターボタン

きょうは一日、フィルムコンパクトのKonica C35で写真を撮ってたんだけど、その反動なのかな、愛犬と夜散歩してる時に、ふと元気のいいシャッター音のカメラで写真を撮りたいという気持ちが込み上げてきた。その時、イメージとして浮かんだのがNikon F2ではなくNikon Dfだったんだよね。じぶんでも少し意外だった。

考えてみると、Nikon Dfというカメラはデジタルなんだけどフィルムカメラ時代のマニュアル感覚で撮れるレトロチックな軍艦部、オールドニッコールなレンズたちが使えるところなんかの特徴が語られがちだけど、何を隠そう、シャッター音とシャッターフィールも実に気持ちいいカメラなのである。低音の締まりの効いた落ち着きあるシャッター音と、ストンと瞬時に振動が収まる感触は、フィルムカメラとは違ったある種の官能さを持ち合わせている。あの感触を一度でも味わうと、やっぱりヤミツキになる何かがあるのである。

そうだなあ、マットな音と振動とでも言えばいいだろうか。F2のような叫びに近い派手なシャッター音ではなくて、もっと上品な収まりのいい音色。その派手さとは違う感触がジワジワと僕の好みを支配していってるようなところがある。それもそのはずで、手持ちのカメラの出動回数とシャッターを切る頻度でいえば、今はNikon Dfがいちばん多いかもしれない。もともとはフィルムカメラで撮れないシチュエーションの補完カメラ的な存在だったかもしれないけど、今やすっかりメインカメラになっていて、たぶんシャッター音を聴きたいカメラとしていちばんに想起したのも、その証だと思う。

まだ火曜日、Nikon Dfで撮れる週末までは三日ほど我慢しなければならないけど、無性にいまNikon Dfで撮りたいという衝動にかられる。部屋の中で空シャッター的に数枚撮ればいいんじゃないかと思うかもしれないけど、あのDfのマットで締まったシャッター音は、外の空気の中で聴くほど空気に包まれて心地いいものになる。だから、やっぱり部屋の中ではなくて外で聴きたい。フィルムカメラ的なフォルムだけど、フィルムカメラとは違う、一種独特のシャッターフィールを感じさせてくれるDfというプロダクト。このカメラを製品化したNikon社の開発陣たちのこだわりは、単に昔を懐かしむことではなくて、唯一無二のカメラを世に送り出したかったんだろうなと今は思う。

僕もDfを購入しようと考えるまでは、Dfはそのデザインばかりに目がいっていたんだけど、同じような印象を抱いてる人は、ぜひ店頭でDfのシャッターフィールを体感してほしい。このDfというカメラが何かの真似事ではないことがはっきりと分かると思う。

ありがとう、FUJI FILM。リバーサルフィルム3種類の試し撮りがあがってきたよ。

FUJICHROME Velvia100

二週間前にキタムラに出していたリバーサルフィルムの現像があがってきた。僕にとってはリバーサルフィルム体験、第2弾。第1弾で生まれて初めてVelvia100で撮って衝撃を受けたこともあり、今回はリバーサルフィルム3種類を手に入れ、同じ日に一気に3種類を試し撮りしてみた。フィルム3種とは、国内唯一のフィルムメーカー、FUJI FILMが今も販売し続ける「Velvia50」「Velvia100」「Provia100F」だ。

Velvia50, Nikon F6, 24-85VR

最も衝撃を受けたのは、このVelvia50だろう。その綿密な描写は他の2種を間違いなく凌駕する。感度50はまさに初体験。このフィルムを買うときにキタムラのフィルムコーナーの店員さんが「はっきり言ってプロ用ですね」と言っていた意味が少し分かった気がした。Velvia50はなんというか、その他のフィルムとは一線をかす孤高のフィルムのような存在感を放つ。少し暗い林の中ではさすがに手ブレした。リバーサルフィルムの中でも特にシビアな露出が求められることは間違いない。ただ、そんなシビアさを受け入れてでもコイツで撮りたいと思わせる迫力がこのフィルムにはある。ある意味、凄みを感じた。

Provia100F, Nikon F6, 24-85VR

次はProvia100Fだ。このフィルムは、Velviaが色を鮮やかに盛った記憶色と言われるのに対して、自然な色味が持ち味だ。この写真は少しオーバーめだけど、どの写真もたしかに派手さとは異なる落ち着いたトーンを描き出す。そういう意味ではどぎつくないナチュラルでやさしい色。こらもまたアリだなと思った。どうだろう、ある意味リバーサルらしくない発色と言えるかもしれないね。ただ、このProviaもひとたび撮れば病みつきになる何かがある。ただの落ち着いた写真ではないんだ、やはりね。

Velvia100, Nikon F6, 24-85VR

最後はVelvia100だ。いかにもリバーサルフィルムらしい色のりで、ネガフィルムとはまったく異なる世界を期待通り提供してくれる。そういう意味ではザ・リバーサルと言ってもいいんじゃないかな。Velvia50よりさらにメリハリのある盛った迫力がある。富士フイルムのデジカメにはフィルムシミュレーションというモード切り替えがあるけど、そこでビビッドのことをVelviaと呼んでるけど、それはこのVelvia100のイメージなんだろうなと悟る。とても鮮やかで、ライトボックスで見るために生まれた色味と言えるんじゃないかな。

というわけで、リバーサルフィルム3種の写真を比較の意味も含めて並べてみた。もちろんそれぞれ36枚ずつ撮ってるから、ここに載せてる写真はその中のほんの一枚であり、同じフィルムでも多彩な表情を見せてくれるから、なかなか一概にフィルム特性を言い表すのはむずかしい。あくまで参考程度にしてもらって、あとはぜひじぶんで撮ってその素晴らしさを堪能してほしい。はっきり言えるのは、間違いなくネガフィルムより気分が高揚するということ。本能に突き刺さってくる何かがリバーサルフィルムにはある。どれで撮ってもちょっと興奮を抑えられない世界を垣間見れるだろう。なんかあまり饒舌に書くと、逆にチープな物言いに聞こえるかもしれないから、心の中にある興奮には少し封をして、このへんでやめておこう。僕はしばらくこのリバーサルフィルムの虜になってみようと思う。そう思わせる官能さがこのフィルムたちにはある。さて、もうしばらくリバーサルフィルムの写真たちを眺めて眠りにつくとしよう。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

こっちは縦構図版。iPhoneのカメラって35mm換算で焦点距離29mmくらいなんだね。

iPhone 6Plusで撮影した縦構図を3:2にトリミング

さっきTwitterには全画面表示しやすい横構図の同じような写真をポストしたんだけど、こちらは縦構図で撮ったもの。最初に撮ったのはこちらの縦構図のほう。この縦方向に伸びるイチョウの葉を撮りたかったんだけど、鞄の中のカメラは取り出しづらかったんで咄嗟にiPhoneで撮った。

iPhoneカメラの焦点距離は広角だよなあと以前から気になっていたんだけど、ネットで「35mm換算.com」なるサイトを見つけて、僕のiPhone 6Plusに近い6s Plusを見てみると、35mm換算で29mmと出てた。なるほど、それなら僕のGRとほぼ一緒、けっこう広角だ。最新のiPhoneのことはよく分からないけど、ボケとかも撮れるのかな、だとしたらカメラ産業にとってはなかなか手強いけど、でもやっぱりカメラの質感には敵わないかな。奥行きみたいなものがiPhoneだと出ない気がして、僕は写真を撮るときはほとんどカメラを取り出して撮る。

まあでも、昨夜のフィルムか、デジタルかの議論じゃないけど、カメラで撮ろうがiPhoneで撮ろうが大した問題じゃない。じぶんが趣味で楽しむなら、好きなもので好きなように撮って気持ちよさを楽しみ尽くせばいい。ただ、それだけ。要は撮るか、撮らないかだ。さて、僕も仕事終わりに支度をして、Runがてらちょっと撮ってくる、GRと。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

iPhoneカメラのフィルム写真風アプリ、僕はこの二択。

iPhone撮影。アプリ RNI FilmsでFuji FP100c風に。

僕はGRやデジイチ、フィルムカメラで撮った写真はレタッチしないけど、iPhoneカメラの質感はモノクロ以外はどうも苦手で。そんな時はiPhoneで撮った画像をフィルム写真風に加工できるアプリを使う。

定番は二つのアプリで、ひとつはおなじみ「VSCO」。このアプリの色は加工しましたという感じではなく、ごくごく自然な感じで気に入っている。ストリートの写真が似合う色合いかな。僕は2年ほど前にInstagramのタグで見つけて、あまりに気に入って有料フィルターも追加した。

「VSCO」の操作画面

あとは一年ほど前に見つけたアプリ「RNI Films」。こちらは例えばFuji ◯◯風とか、いくつかの実在するフィルムの写りをモデルにフィルター化している。その分なんというか、ソノ気になれる。この記事のいちばん上の写真がこのアプリで加工したもの。なんか雰囲気あるでしょ。

「RNI Films」の操作画面

フィルムカメラをやる前までは、こうしたアプリも単にカッコつけ風に使ってたんだけど、今は少し気持ちも変わっていて、その時フィルムカメラを持っていなかった気持ちを埋めるために、カメラで撮った気分で加工してる、そんな感じかな。さすがに本物のフィルムカメラで撮ったようにはいかないけど、アプリで加工した写真だよと言われなければ、僕も分からないかもなと:)。撮った後加工するんじゃなくて、最初からこう撮れるデジカメが登場すればいいのにね。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

Nikon F2の美しさは異常。ちょっと惚れすぎの感はあるけど。

Nikon F2, Auto50/1.4

正確にいうとNikon F2アイレベルとAuto Nikkor SC 50mm f1.4の組み合わせだね。もうほんと惚れ惚れする。このF2は先週修理から戻ってきたもので、けっこう傷もあったりするんだけど、こうして佇んでる姿はほんと流麗で美しい。

F2はある意味、地味な存在。初代のFとベストセラーのジウジアーロデザインのF3という偉大な2機種に挟まれた存在だからね。でも、そのむやみに主張し過ぎないところがまた惹かれる。デザインはたしか社内デザイナーなんだよね。鋭利な男らしさのFと比べると、角がとれてその分流線的になった。しかも、その控えめなデザインとは裏腹に、その中身はFを徹底的にリファインして、機械式カメラとしては世界最高峰といっていいクオリティを詰め込んできた。その外見は控えめなんだけど、中身はマッチョというスタンスがまたF2を通好みの特別な存在にする。

機能美というのは本当にそうで、このF2の佇まいには、そうした孤高の存在としての静かなプライドのようなものがプンプン薫る。弟分でライトなFEなんかと比べると、そのフォルムも実は相当にマッチョでアグレッシブなことが分かるんだけど、単体で佇んでる時はそうした雰囲気をスポイルして実にクールだ。そして、ひとたびシャッター巻き上げレバーを引き、シャッターを切れば、このカメラがいかに堅牢でとんでもない凄みを持ち合わせてるかが手と脳にダイレクトに伝わってくる。僕はF2を手に入れる時、FとF3も直に触れて比べて最終的にF2に決めたんだけど、その直感のようなものを信じてよかったなと思う。カメラとは惚れたもん勝ちだからね。

このレンズ、Auto50/1.4はF2といっしょに購入したもの。買う時は当然試し撮りなんかできないから、もう見た目で選んだといっていい。それくらいF2シルバーのボディにはこのAuto Nikkorがよく似合う。先日修理に出した時にTwitterである人が、長持ちさせるコツは酷使せずたまに使うくらいにしてあげることと言ってたけど、頭では理解しているものの、このF2の姿を見ているとガシガシと酷使してやることが最もこいつにとっても幸福なんじゃないかと思わせる。幸い適度に傷もあるし、壊れたらまた修理に出してあげればいい。直しやすさも機械式カメラの優秀な性能だからね。そういえば、カメラ修理店の人もエフツーと呼んでいたし、最近買ったF6マニュアルにもNikon内でもエフツーが正式呼称と書かれていたから、近ごろエフニと呼んでいたんだけど、あらためてエフツーと呼び直していこうと考えている。気のせいか、この佇まいにはエフツーのほうが似合う気がする。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

これ1本で24mm、35mm、50mm、85mmまで。AF-S Nikkor 24-85 f3.5-4.5G ED VR

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

新たに手に入れたAF標準ズーム「AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」の試し撮りを、愛犬と一緒にしてきた。結論から言うと、これは予想した通り『相当買いな1本』だと思った。24mm、35mmの広角から、50mmの標準、さらに中望遠の85mmまで、これ1本あれば撮れるってなかなか凄いことだよなと。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

しかも特筆すべきは、それだけのカバー領域を備えながら、驚くほど軽量でコンパクトなこと。僕はNikonフルサイズ機最軽量のDfに装着してみたけど、思った通りの軽快さで外に持ち出せる。カメラやレンズにとって「外に持ち出しやすい」というのは、僕からすると最高性能と言っていい。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

描写の美しさも僕にとっては十分だ。カリッと決まるピントのあった部分からボケへと流れる感じ、そして適度に周辺減光する感じも僕にはとても気持ちいい。今朝は愛犬との散歩カメラに連れ出したんで、ふつうの住宅地周辺の景色を撮ってみたけど、特に広角域を生かして景勝地を撮ってみたいなと思ったし、実際85mmまで自在にズームできるとなると、旅行の時なんかはこれ1本あればすべてカバーできるだろうね。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

僕がこのレンズを手に入れた理由はもうひとつある。それはフィルムカメラのNikon F6にも使いたいと思ったから。ふだんF6は単焦点レンズ50/1.4Dをつけて楽しんでるけど、風景スナップを撮る僕にとっては広角域も欲しくなる瞬間がある。そんな時に24mmや35mmを瞬時に使えたらおもしろいだろうなと思ったんだよね。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

実際、それは正解だった。きょうこのDf×散歩カメラでデジタルの試し撮りをした後、今度はNikon F6に装着してフィルムでの試し撮りもしてみたんだけど、広角から標準、中望遠までいける気持ちよさを堪能することができた。フィルムはリバーサルを使ったんだけど、フィルムだとどんな描写をもたらしてくれるのかは現像あがりまでのお楽しみ。

AF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR

僕のブログはふだんは一記事に一枚の写真なんだけど、試し撮りの時は他の人の参考にもなればと数枚の写真をアップすることにしている。僕もふだん、かなりの情報をネット上の記事で助けてもらってるから、僕のつたない記事でも誰かの役に立てばいいかなと思って。このAF-S Nikkor 24-85 f/3.5-4.5G ED VR、間違いなくフルサイズ用の標準ズームとしては最もバランス感覚に優れた一本と言っていい。軽さ、コンパクトさ、そして買いやすい価格と、どれをとってもベストな選択。僕には最高のレンズのひとつになった。

年間でプリント商品が10%引きになる「フォトカルチャー倶楽部」はかなりお得。キタムラのユーザーはぜひ。

カメラのキタムラを利用している写真愛好家の人にはおなじみかもしれないけど、「フォトカルチャー倶楽部」というものがある。僕も最近入って、ようやく会員証が会報誌と共に届いた。

このフォトカルチャー倶楽部は、年会費1,500円をキタムラで払って入会すると、一年間、キタムラで購入するフィルム代や現像代、プリント代が10%引きになるけっこうお得な倶楽部。僕は以前デジカメを買った際に入っていたんだけど、その頃はプリントはあまりしなかったから一度は退会していたんだけどね。フィルムを始めるようになって、毎度カメラのキタムラでフィルムを買うようになり、ある日店員さんから「けっこうフィルムを使われているので、フォトカルチャー倶楽部に入られたほうがお得だと思いますよ」と言われて。たしかに、年会費1,500円だと年間15,000円分の買い物をすれば元が取れる。フィルム、現像、プリント、これは確実に15,000円を超えるので笑、キタムラを利用する人でフィルムユーザーは絶対入ってたほうがお得だよね。

あと、会員には何に4回、写真情報誌として「四季」という雑誌も届く。50頁くらいの雑誌だけど、写真をやる人にはちょっとした読み物としていいかもしれない。あとは全国のスタジオマリオの利用料も10%引きみたいだね。フィルムカメラは楽しいけど、ランニングコストはなかなかバカにならない。少しでも安いと助かるし、その分フィルムが買えたりボディが買えたりもするしね。僕も早速その恩恵を受けているところ。じぶんではなかなか自家現像する余裕はないけど、ランニングコストは少しでも浮かせて楽しみたい、という人には、じへおすすめだな。詳しくはこちらのサイトで。

今日も雨なので、Nikon Df×43-86の写真を整理してみる。

今週手に入れたNikonの国産初の標準ズームレンズ Zoom Nikkor 43-86mm/f3.5 Aiを、フルサイズデジタル一眼レフNikon Dfに装着して昨日試し撮りしたんで、その写真を少し載せておこうかなと。天気は台風前のあいにくの曇天だったけど、ひとまず雨があがったのは写真の神様のおかげだろう。

最初は感度100のマニュアルで撮り始めたけど、夕方の曇天で開放F値が3.5の43-86だと少し辛いので、感度400から1600まで徐々に上げながら撮ってゆく。じぶんの中で感度の上限を1600にしているのは、フィルムだとNatura 1600が上限だよなあというのがある。ちなみにAPS-Cデジタル一眼レフNikon D300を手に入れたのも実用感度1600が上限だったから。僕の場合はフィルムとデジタルをシームレスに楽しみたいから、レンズも感度も感覚はほぼ同じで使ってる。デジタルの恩恵をありがたく思うのはシャッタースピードが稼げることかな。それでもDfはssが1/4000秒までと控えめなスペックだから、1/2000秒までいけるフィルム一眼レフNikon F2とそれほど大きく変わるわけではない。

で、43-86だけど、とにかくコンパクトで軽量なのがいい。どうかしたらMF単焦点の標準や広角レンズとそう変わらない感覚で装着できる。その分シンプルな作りで写りのほうはそれほど期待できない…みたいな記事をネットで見かけたけど、僕程度の腕前の普通のスナップ写真なら全然OKな写りだなと思った。

このレンズは時代的にいわゆる直進ズームと呼ばれるもので、ズームを動かす時はズームレンズを前後に伸ばす。そして縛り輪とピントをまわすんだけど、これもやってみると直感的で自然にできる。僕はこのあたりにまったく古さは感じなかったな。

僕はいつもは28mm、35mm、50mmの単焦点が多いから、43-86mmもなんとなくズームであることを忘れてしばらく43mm付近ばかりで撮ってたんだけど、あっそっか!ズームだった!と86mmまでそろりそろり伸ばして撮るみたいなね笑。それでも、こうして思いたった瞬間にズームできるというのはやっぱりなかなか便利だなと。

モノクロームでも撮ってみたけど、考えてみるとこの時代、昭和38年登場のレンズならモノクロームのほうが相性はいいのかもね。僕のはAi仕様にされた比較的後期型の43-86だと思うけど、それでもモノクロームのほうがこのレンズは締まりがいい気がした。デジタルだと僕の写真がどうしてもアンダー気味になるところが大きく影響している気もするけど笑。

というわけでまずは43-86の試し撮りをしてみたけど、今度は晴れた日の朝夕にフィルムカメラのNikon F2とFEに装着して撮ってみたいな。なにはともあれ、こうしてフィルム時代のオールドニッコールたちを、デジタルとフィルムを意識せずに使えるのはほんと楽しい。オールドレンズなら入手価格もそれほど高くないしね。それでいて、半世紀ほど前の時代に想いを馳せながら写真が楽しめるんだから、これは楽しまない手はないと僕は思う。僕にとってオールドレンズたちとの出会いは、レンズ沼じゃなくてレンズ愛なんだよね。

Nikon Df、プロモーションムービーも記憶として残しておこう。

Nikon Dfの何がよかったのか。その本当の答えはこれから実際に撮影に持ち出してみてからの感想になるけど、現時点でもそのフォルムや存在感だけとってみても、僕は十分すぎるくらいこのカメラに惚れている。照れ臭いけど、そういう力がこのカメラにはある。

ムービーはNikonオフィシャルのもの。Dfはフィルムカメラ同様、どこか人間的なエモーショナル感を持ち備えている。このムービーもそんな人間の五感に訴えかけてくるものがあり、とてもDfらしいなと思う。誰かがTwitterで言っていたけど、Dfとは唯一無二の存在。それは、いままでも、これからも。そして男とはそういうものに無性に惹かれるのである。

YouTubeでみつけた早田カメラさんの「M3をばらす」。

YouTubeで「名機の肖像 -M3篇-」を見ていて、何気なく見つけた動画「M3をばらす」というのがとても興味深くておもしろかった。ばらしを担当したのはおなじみの浅草の早田カメラさん。ライカの精密さも凄いけど、それを知りつくした早田さんの言葉や手さばきも凄い。その、かつての職人と現代の職人との対話みたいなものが、見ていてとてもそそられるんだよね。

僕はカメラの知識はほとんどないし、機械に強いほうでもないけど、こうしてじぶんの所有するカメラのルーツとか内部構造を知ることはやはり興味深い。ライカのM3はたしかに絹のような滑らかな動き、それでいて確かな手ごたえ、それを感じさせない静かな動作音など、どうしたらこんな構造が半世紀以上前に作れたんだ?というのは気になるところ。そういう時空を超えた感激みたいなものが、この動画を見ると静かに込み上げてくる。

“機械はドイツ”とよく言うけど、日本も世界を席巻したMADE IN JAPANの匠の国。カメラがこのドイツと日本で発展し、世界をリードしているのはいかにもな感じがするし、そのうちの日本に暮らし、こうして世界をリードするカメラたちを手軽に手にすることができるのは幸福なことだと思う。それにしてもM3、エレクトロニクスを一切使わずにここまで確かでスムーズなものを作り出したその驚異のオーバークオリティを目の当たりにすると、もう半世紀後もきっと実用で動いている気がするな。100年動き続ける実用的機械製品って、後にも先にも機械式カメラしか存在し得ないんじゃないかな。凄いよね、まったく。