そして「二眼レフカメラ ワークショップ」も、何度読んでも飽きない保存版。

田中長徳 著  二眼レフカメラ ワークショップ

わが家には田中長徳氏の書いたワークショップと言う名の本が二冊ある。ひとつは「ライカ ワークショップ」で、もうひとつがこの「二眼レフカメラ ワークショップ」だ。主にはローライフレックスのことが書かれているが、そこから派生した外国産や国産の二眼レフのことにもかなりふれているから、ローライフレックス ワークショップではなくて「二眼レフカメラ ワークショップ」ということになる。

田中長徳氏の本を読んだことがある人は分かると思うけど、この本も御多分に洩れずチョートク節が炸裂している。いわゆる「浅いカメラ通」や「神経質なカメラ追求人」なんかの思想はバッサバッサと斬り捨て、真のカメラ人類のあるべき姿を語っていく。僕も浅い人間の一人だが、読んでる時はなにか長徳さん側の熱いカメラ人類になっている気分で読んでしまうから、そういう意味でもこの本は見事なモチベーションアップ本といえる。

長徳さん自身は最初に手に入れたローライは「ローライコード アールデコ」、日本では“金ぴかコード”と呼ばれる名機だ。その後、それを手放し「ローライフレックス スタンダード」に買い換えている。このエピソードが僕には親近感がある。実は僕がローライを最初に意識したのも出張先でのぞいたお店で見かけた金ぴかコードだったからだ。あいにくその金ぴかコードは委託品で、修理しないとそのままでは使えないと店員さんに聞かされ、手に入れるには至らなかった。

それから一、二ヶ月してからのこと、地元のいつもの中古カメラ屋をのぞいた時に程度のいいローライフレックス スタンダードと巡り会うことになる。もともと金ぴかコードに惹かれていたのもそのコンパクトさ。同じようにコンパクトでシンプルなスタンダードは一発で僕の心を鷲掴みにした。いつもの店員さんに全体的なコンディションを見てもらったが、レンズのテッサーをはじめ、どれもが珍しいくらい綺麗な状態だということで、その日のうちにわが家へ連れて帰ることとなった。

金ぴかコードからスタンダードへ。この流れが僕にとっては長徳さんと時空を超えてオーバーラップしたような気がして、妙に親近感を覚えてしまったのだ。田中長徳氏といえばライカ通として有名だけど、この本を読む限りでは、ローライフレックスのことも本気で愛しているように僕には思えた。本の中身はネタバラシになるのでこのへんにしておいて、興味がある人はぜひ読んでみてほしい。すでに二眼レフを持っている人はますます所有機が愛おしくなるだろうし、これから二眼レフを検討しようとしている人にはなんというか手にする幸福感みたいなものがつかめると思う。

ローライフレックス スタンダードで撮り始めて以来、その書籍なんかも探すんだけど実は意外に少ない。ライカ本やハッセル本はわりとあるんだけど、ローライフレックスをはじめとする二眼レフの本は、僕はこの長徳さんの本と、もう一冊はKindle本で藤田一咲氏が書いた「ローライフレックスの時間」という二冊しかうまく見つけられなかった。もちろんネット上にはレビュー記事や動画もあるんだけど、そのカメラの世界に入り込みたい時は、僕は本がいい。なかでも田中長徳氏の本はとにかく土足でこちらの心に入り込んでくるようなところがあって笑、大いに没頭することができる。カメラは写真を撮る道具だから、いい写真が撮れるのならカメラはなんだっていいというのはあるんだけど、カメラに思い入れがあればさらに写真との人生は濃密になる。それくらい田中長徳氏の本は僕のカメラ人生に決して少なくない影響を与えている。責任をとってほしいくらいの笑。

雨の週末は、カメラ読書なり。

アサヒカメラ、日本カメラ、カメラ上級者になるための基礎知識

いちばん右の本を購入していることがちょっと恥ずかしいが笑、まあでも独学ばかりじゃアレだから必要なのである。それにしても今月の写真関連本は濃い。昨日届いたばかりの3冊なんで、まだアサヒカメラに目を通している途中だけど、スナップ特集はなかなか読み応えがある。

僕の場合は写真関連本はそこそこ買うんだけど、これまで月刊の写真雑誌はあまり買ったことがなかった。ここ一、二年、使ってるカメラがRICOH GRかフィルムカメラだったから、最新機種の記事や商品広告の多い月刊雑誌はあまり読むところがなかったというか、ちょっと見るのに疲れを感じてたんだよね。でも、最近デジイチを再開したんで、そういうデジタルカメラの情報なんかも目にとまるようになってきたし、今月号はスナップ特集とか、あと柊サナカさんの執筆なんかもおもしろそうだったからAmazonで注文した。

カメラ上級者になるための…は、赤城さんや柊サナカさんがツイートしていて、まあこんな分かりやすいタイトルだから気にもなって、ブログやSNSとはいえ一応人様に写真を発信するなら少しはいい写真をポストしなきゃ申し訳ないな、などと思って笑。以前、写真家の小林幹幸さんが発した言葉を取り上げたけど、写真を見ればその人がどんなメディアを見てるか分かるというもの。SNS上の写真ばかり見てるとやっぱりアレだもんね。写真の世界に生きる人たちの生き様のような写真をしっかり見る。それは単に憧れとかじゃなくて、じぶんの目とか感性のチューニングだな。そうやって表面的な時代感みたいなものに流されそうな危うい感性も、たまにきちんと取り戻す。僕にとってはそういう読書。たまには愛犬との寝転がって本を貪り読むのも悪くない。明日は晴れることを願って。

毎日更新される田中長徳さんのブログ「チョートクカメラ塾」は、密かなバイブル。

僕が田中長徳さんのことを初めて知ったのは、三年ほど前にデジタル一眼レフを手に入れた際に参考書的に買ったKindle本「カメラは知的な遊びなのだ」と「カメラは詩的な遊びなのだ」という長徳さん著書の二冊の本に巡り合ってから。僕がよく使う”散歩カメラ”という言葉はこれらの本の中で長徳さんが推奨していたもの。この本の中では銀塩カメラのよさも触れられていたけど、当時の僕はまったくフィルム撮影に興味がなかったから、田中長徳さんがいかに著名な人であるかも知らなかったし、この本を読んでる時は著者のことはあまり気にもしていなかった。

それから2年半ほど経過し、ひょんなことから僕はフィルムカメラを始めることになる。最初にNikon FEを購入した後、Leica M3を手に入れる。この時もとにかくフィルムのこと、Leicaのことに無知だったから、とにかく参考になりそうな本を探した。そして、再会したんだ、田中長徳さんの本に。「ライカ・ワークショップ」「ライカはエライ」「カメラはライカ」、どれを読んでもとにかく痛快で気持ちよかった。そして、その著者である田中長徳さんの存在を今度は強烈に覚えたのである。とにかく長徳さん節は気持ちいいくらいご自身のものさしでズバズバとカメラや写真界を斬ってゆく。そこに遠慮はない。遠慮して文章がファジーになることを嫌っている感じがビンビン伝わってくる感じ。あ、これは本音のバイブルになるなと僕は感じた。

その田中長徳さんが実はブログを毎日更新されている。「チョートクカメラ塾」。短文だけど、毎日テーマを変えて読み切り型のカメラ塾を開催してくれている感じだ。これがまた素直と言うか本音ベースで、僕のようなビギナーには実にありがたい情報の数々。このブログを見て思うのは、田中長徳さんはもう無償の愛で世の中にカメラのこと、写真のこと、じぶんが知っていることを伝えようとしているんだろうなということ。きょうは135mmのレンズのことについて書かれていたけど、ストレートにその意図が伝わってきたし、実際135mmレンズが気になる存在になった。ブログをさかのぼってみると、とにかく参考になる記事ばかり。まさしくカメラや写真を極めたひとの叡智を垣間見ることができるとても豊かなブログだと思う。

カメラとか写真というのは解釈の幅がそれこそ無限のようにあって、言う人言う人のすべてを追いかけていたらとてもじゃないけど吸収しきれない。すべての人のすべてのスタイルを追いかけるよりは、尊敬する一人の人のカメラや流儀みたいなものを真似たほうがいいんじゃないかと思うようになり、僕にとっては今、田中長徳さんがその真似たい一人のお手本なのである。そういうと恐れ多いけど、まあもっとフランクにいえば、勝手にじぶんのカメラの先生として位置づけているのである。長徳さん以外にもそんな風に意識している人が二、三人いるけど、なかでも長徳さんがその筆頭。僕がいい歳になり、年齢的に共感できる部分が増えたせいかもしれないけど、とにかく素直に僕の心に長徳さんの言葉がしっくりと入ってくる。カメラを始めたものの、何を頼りにしていいのか迷ってる人とかは、この長徳さんの発言を追いかけていくとおもしろいんじゃないかな。なんというか、まっすぐな気持ちになれる、そんな本やブログです。ぜひお試しを。