やっぱり僕には、まったり走れるエンデュランスロードがいい。

Specialized Roubaix SL4 Sport

新年2日目、寒い朝ではあったんだけど、スーパームーンと入れ替わるように強い太陽が出てきたんで、よし!とロードバイクに初乗りすることにした。少し走らせるとカラダがあたたまり、assosの冬ウェアにCastelliのウインドブレーカーで十分あったかい。強いて言えば首から上が少し冷んやりしたけど、まあ許容範囲だ。太陽が出ていなかったらそんな悠長なこと言ってられない真冬だけど、太陽とはほんと偉大だ。

ロードバイクというと、やたらハードな印象を抱かれることが多いんだけど、ロードバイクにもいくつか種類があって、僕のはエンデュランスロードと呼ばれるタイプ。簡単にいうと、レース仕様のガチガチのレーサーじゃなくて、遠出やロングライド向けに作られたロードバイクだ。車種はSpecialized Roubaix SL4 Sport。フレームは軽量のカーボン、コンポはレースにも出られるShinano 105、路面の凹凸のショックを吸収するZeltzという特殊素材が使われている。要は、スピードを追求した硬い乗り心地のガチガチレーサーに比べると、乗り心地がしなやかでいつまでもサドルの上に乗っていたいと思わせるしなやかな乗り心地が特徴だ。

このエンデュランスロードを選んでよかったなと乗るたびにいつも思う。というのも、僕の場合はロードバイクは景色を眺めたり、途中途中で脇道に止めては写真を撮ったりするための相棒だから、比較的のんびりまったり乗れることが気持ちの上でも心地いい。それでいてハードに攻めようと思えば、そこはヨーロッパのロードレース「パリ〜ルーベ」で鍛えられたフレームだから、相応の走りが楽しめる。何の知識もなくロードバイク専門店へ足を運んだ時に、店員さんとじっくり目的を話し合って車種を決めてよかったなと思う。カメラなんかもそうだよね、店員さんと使用目的をじっくり会話して機種を決めるのがやっぱり失敗のない道具選び。僕はロードバイクやカメラの経験で、何を選ぶにしてもしっかり店員さんに相談する癖がついた。

それにしても新年のライドは気持ちよかった。ちょうど汗が出ないくらいの気温で、空気は澄んでいて冬空の抜けのいい景色。サドルの上でいろんなことを考えた。仕事のこと、家族のこと、健康のこと、カメラとか趣味のこと。適度にカラダをクタクタにしながらだと、僕の場合は脳がすごく回転する。近ごろは膝を痛めやすいんでRunより、スイムやロードバイクの頻度が多いんだけど、Runほどキツくなく、考えごとしながら楽しめるスポーツとしてスイムやロードバイクは実におすすめの思考タイムだ。

ひとつ留意点があるとするなら、なるべく自動車が走る道は避けること。ロードバイクは車両だから車道を走る乗り物ではあるんだけど、日本の場合は自転車道がなかなか整備されていないから、自動車と一緒に走るのはやっぱり危ないし、考えごとしながら走るには気が散る。僕は比較的自動車と走らなくていいルートを見つけたから、こうしてロードバイクをまったりと楽しめてるところがある。トライアスロン用のTTバイクとか練習してる人なんかは、車道は怖いから自転車道までは車にバイクを載せて移動してる人も多いからね。なにかとスピードが要求されて気忙しい世の中だから、ロードバイクに乗る時くらいはゆっくりまったり楽しみたい。そういう人にはエンデュランスロードはおすすめです。あ、あと背中に忍ばせるコンパクトカメラもね。これだけでちょっぴり人生は変わるから。

じぶんの脚力で風になる。夏の終わり、ロードバイクと。

九月最初の日曜日。あまりにも快晴で心地よい天気に誘われて、午前中のうちにロードバイクで駆け抜けてきた。距離は30km超でそれほどロングではないけど、風になる感覚を得るには十分な距離だ。

ロードバイクは自転車だから、誰もが普通に乗ったことのある乗り物だけど、ロードバイクはいわゆる普通の自転車とはまったく別物の乗り物と言っていい。その軽さ、その精密さ、路面をシャーっと信じられないスピードで駆け抜けていく感覚は、オートバイやオープンカーなどオープンエアモータリングの感覚と同様と言っていい。それをエンジンではなくじぶんの脚力で創り出すところにロードバイクの醍醐味がある。

僕はフィルムコンパクトKonica C35を積んで走ってるから、眺めのいい場所で休憩がてら写真を撮っている。今日もちょうど24枚撮りフィルムを一本撮り終えた。そうやって休み休み走ってもけっこうな体力を消耗する。その少しからだを限界に追い込むところもロードバイクはいい。Runよりもジワリジワリと限界に近づけていく感覚といえばいいだろうか。Runのように最初からある程度キツイんじゃなくて、徐々に全身のチカラを振り絞っていく感じ。そうやって肉体の隅々まで力尽きていく疲れ方が、ロードバイクの心地よさだと思っている。

カメラと同様で、初体験するまではロードバイクもそれほど魅せられてはいなかったんだけど、一度でもアノ感覚を知るとヤミツキになるというか、すっかりハマる。その異次元の世界、こればっかりは文章で伝えるのはむずかしい。なんか、ふだんの鬱憤をすっきりさせたいとか、遠くの景色に自力で会いに行きたいとか、しなやかに肉体のトレーニングがしたいという人には、ロードバイクはぜひおすすめである。ちょっと自転車の概念が変わります。

やりたいことは、いまやろう。

もちろんそこには時間が必要だったり、お金が必要だったり、いろいろ制約もある。でも人生は子どもの頃に想像したほどは長くない。僕も人生でいえば半分を通り過ぎてシニアのほうが近い歳になり、いま人生を挽回するような気持ちでいたりもする。やりたいことは山ほどあるけど、時間はそれほどないことにも気づく。定年を迎え、さあやりたいことをやろうとした時に体が言うことを聞かなかったシニアの人が若者にいった言葉、「君は、やりたいことは全部今やれ」。それはけっこう人生の真理のような気もする。若い頃はひたすら仕事を趣味にしてきたけれど、なんとか体が言うことを聞くうちに、僕はやりたかったことは後悔しない程度にやり尽くしたいなと考えている。家族には迷惑をかける局面もあるかもだけど、それでも後悔を常に背負った僕よりは、生き生きとしている僕のほうが家族のためにもなるんじゃないかと。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

ロードバイクとフィルムコンパクトが週末をおもしろくする。

梅雨明け、そして夏の始まりの三連休。その初日は、やっぱりこの組み合わせで決まりだ。ロードバイクSpecialized Roubaix SL4 SportとフィルムコンパクトKonica C35、僕のお決まりの相棒たちだ。

ロードバイク乗りの人たちはいく先々で写真を撮ることが多い。SNS時代だから、いちばん多いのはiPhoneカメラ、ちょっとこだわる人はコンデジ、実際僕も最初はデジタルのRICOH GRが相棒だった。でもフィルムコンパクトのKonica C35を手に入れてからはもっぱら相棒はフィルムコンパクトのほうに。それはやっぱりフィルム色のほうが”思い出色”に撮れるから。その場でリアルタイムにSNSにあげるならiPhoneカメラでいい。でも、その時の空気感みたいなものを思い出に残すなら、やっぱりフィルムで撮った写真のほうが断然味わい深く撮れる。なので、ロードバイク乗りの人たちにはぜひフィルムコンパクトをおすすめしたい。あの肉体で走らせるロードバイクの質感にも、アナログなフィルムカメラの質感は実に相性がいいので。

あと、カメラをやる人には、ぜひロードバイクをおすすめしたい笑。というのも、僕がロードバイクに乗ろうと思ったきっかけは、カメラと遠出できるのは脚が欲しいと思ったからなんだよね。もちろん、街中では徒歩のほうが自由が効くし、遠方の絶景ポイントへ行くなら車で移動したほうが快適だろう。でも、その中間というか、徒歩や車では行きづらい自然と都市の境界線みたいな光景がロードバイクとなら撮れる。ロードバイクと言わないまでも、クロスバイクやポタリング用自転車にフィルムカメラを乗せて走ると、からだもあたまも気持ちよくチューニングできるので、ぜひ試してほしい。きっとハマると思うな。絶妙だから、この組み合わせ。

昼はバイク、夜はスイム、久しぶりのダブルで心地よい土曜の夜。

この場合の”心地いい”というのは、もうクタクタで動けないという疲労感の心地よさというニュアンス。午前中は息子の授業参観に行って、昼からロードバイクで自然の中へ。ひと休みしてから夕刻過ぎにスイムに出かけるという、じぶんでも少し無理めな動きだなと思うんだけど、僕の場合はジッとしてるよりはこうしてからだを酷使して肉体的疲労感に包まれているほうが何倍も心地いい。からだの中のコリとか毒素とかいろんなものをリセットする、週末はそんなチューニングに重要な二日間だ。

いつもは大抵、土曜日はスイム、日曜日はバイクという組み合わせだけど、一週間の疲れやまったり感が激しい時は、こうしてスイムとバイクのダブルの日をつくる。これにランまで加えられれば、いわゆるトライアスリートメニュー、トリプルだけど、そこまでは気力がなかった。

きょうはプールでふと思ったんだけど、世の中におばさん(ごめん、僕もおじさんだけど)でかなりスリムで姿勢いい人っているでしょ。あれ、体質なのかなあと思ってたけど、違うなと思った。プールでみかけるそういうおばさんは、ひたすらロングを泳いでます。30分くらい連続で、距離にしたらたぶん1kmから1.5kmくらいをクロールでゆっくりしなやかに。そういうことを日々地道にやってるから、からだは正直にその効果を体型や姿勢にあらわす。努力というか、もっとたぶんライトな習慣みたいなものなのかな。そんな風に思った。

にんげんはじぶんを甘やかすといろいろ不具合がおきる、実によくできた生き物というか生態系だと思う。じぶんに厳しくというのは難しいけど、適度にじぶんに圧をかけるというか、しなやかに鍛える感じはやっぱり必要だと思うし、そういう日常や人生でありたいなと考えている。

空とロードバイクとフィルムカメラと。

平日一週間の鈍ったからだをすっきり発散させたくて、ロードバイクで自然の多いロードへ向かう。梅雨は明けたのかな、湿気はあるけど昨日から天気はすこぶる気持ちいい。暑いといえば暑いけど、ロードを走ってるぶんには風を浴びて軽快に過ごせる。僕はとにかくからだを動かしておかないと体調を崩してしまうタイプ。とりあえず1時間でも2時間でもロードバイクに乗ったりスイムやRunをしておかないと、とてもじゃないけど平日をがんばれない。いつものようにKonica C35ものせてるから、カメラとロードバイクのまさに一石二鳥の有意義な時間でもある。さて、続きを走ろう。ブログはまたあとで。

ロードバイクを手に入れた理由は、一眼レフと遠出したかったからなんだ。

6月の終わり、雨あがりの日曜日、ずっと念願だったことがひとつ達成できた。それは、一眼レフを持ってロードバイクで出かけること。これまでもカメラは背負って走ってた。Nikon Coolpix P900で超望遠を楽しんだり、RICOH GRでモノクロショットを楽しんだり、最近はフィルムコンパクトのKonica C35を乗せてフィルム色スナップを楽しんだり。でも、一眼レフを乗せてロードへ出たことはこれまで一度もなかった。

そもそも、僕がロードバイクに乗ろうと思ったのは、一眼レフで遠出する足が欲しいと思ったから。だけど、実際にロードバイクに乗り始めるとロードはけっこう不安定でコケるリスクや雨に降られる危険性とかあって、当時所有していたNikon D750はとてもじゃないけど怖くて持ち出せなかった。だから、コンデジやフィルムコンパクト止まりだったんだよね、ロードバイクとカメラの組み合わせとしてはね。

でも、ロードバイクの操縦にもけっこう慣れたし、数台のフィルム一眼レフを所有するなかで、いちばんタフに使い倒しているNikon FEのブラックボディなら万一コケることがあってカメラにダメージを与えることがあったとしても、まあ許せるかなと思い、今日初めてロードバイクと一緒に一眼レフを持ち出してみたんだ。結果として、楽しかった!。背中のリュックに入れたFEは想像したより重く感じなかったし、ヘルメットを被ったままでもファインダーがのぞけたから、絞り優先で撮れば意外とサクサク撮れる。GRやC35は楽チンだけど、このFEも一眼レフを感じさせない楽チンさがやっぱりいいなと再確認した。

顔に汗が滴り落ちるような状態での一眼レフ撮影にはなるけど、ガシガシ使っているFEブラックなら気にならないし、なによりこうして酷使してあげる感じがこのブラックボディにはよく似合う。カメラは大事に使いたいけど、こうして雨や汗なんかを気にせずに使い倒せるカメラが一台あると、カメラライフの幅がすごくひろがっていいよね。もちろん、壊したくはないけど、壊れてもいいと思えるカメラを所有しておくのはけっこう大事だと感じた。今日は50mmをつけて持ち出したけど、こうなると24mmとか28mmが欲しくなるな。検討しよう。

やっぱりロードバイクのストイックな空気はたまらない。

このブログ/記憶カメラの記事の多くはカメラや写真に関係したことだけど、もうひとつ、僕の日常を記憶してゆくうえで外せないモノがある。それが、ロードバイクだ。

ロードバイクはみんなが小さい頃からおなじみの”自転車”だから、あえて自転車に熱くなるのがよく分からない、というのがたいていの人の意見であり感想だろうと思う。僕もロードバイクに乗るまではまさにそんな認識だった。でもひょんなことからSpecialized Roubaix SL4 Sportを手に入れ、恐る恐るペダルを漕いだその瞬間から、この魔法のような乗り物のトリコになった。

その感動を言葉で表現するのはむずかしい。わずかでも興味がわいた人は、もうここは騙されたと思ってロードバイクを手に入れてほしい。できればコンポは105以上。そこさえおさえればフレームはカーボンじゃなくてアルミでも、異次元の走りを堪能できる。自転車は自転車なんだけと、ぶったまげるよ、その走りに。想像を超えすぎて人生観変わるから。そういう空気感をこのassosの動画は感じさせてくれる。

休みの日は静かな場所へ。

早朝の静まりかえった部屋でロードバイクを眺めている。このゴールデンウィーク中もこいつと出かけるシーンが多いと思う。僕がロードバイクを愛するのは、その乗り味の楽しさもあるけど、こいつに乗れば少しの遠出でかなり静かな場所へ行けるからだ。車では入り込めないような場所、徒歩ではたどり着けないような絶妙な静かな場所に行くことができる。ヘッドホンもせずに、自然の音だけにからだを預けられるような場所。そういうところにロードバイクを停めてしばらくボーッと景色を眺めたり、軽い考え事をしたり、こうして写真を撮ったりすると、平日の騒々しさをちょっと中和することができる。僕の逃げ場みたいなものかな、いい意味での。

ロードバイク×ジャーニーコニカで週末を旅にする。

外の空気や日差しが確実にあたたかくなり、いよいよシーズン到来ということで週末にロードバイクで出動し始めたんだけど、ここでもフィルムスナップ用カメラKonica C35はなかなか素敵な相棒だ。走っては撮り、走っては撮り、休憩時間が多めのライドになるけど、その様子はジャーニーコニカの愛称にふさわしく、なんだか自転車旅行をしているような、のんびりとした心地よさがある。

フィルムだからその場で撮った写真を共有はできないけど、共有だけならiPhoneカメラで十分。ジャーニーコニカで撮るのは後から振り返った時に味合うその写真の旅情感だったり空気感。これまではRICOH GRを持ち出していたけど、GRのソリッド感もたまらないけど、フィルムのこのジャーニー感はそれ以上にロードバイクと相性がいい気がする。うん、間違いない。

そういえば、個人でやられている中古カメラ店のお店の人がC35とヘキサノンのこと、その当時のコニカのクオリティの素晴らしさを絶賛してたなあ。この小さなボディにまさに当時の渾身の技術が詰め込まれたであろうジャーニーコニカは、ちょっというか、かなり侮れないのである☺︎。この当時のフィルムコンパクトは設計がシンプルで丈夫でもあるから、こうしてロードバイクで連れ出すにも最適なカメラなんじゃないかな。38mmという画角も自転車旅行的スナップにはとてもいい気がする。