フィルムを食べ残さないことについて。

Nikon F6, 50/1.4D。撮影はiPhone

「フィルム」「食べ残さない」…何のこっちゃ?という感じなんだけど、今朝ふと思ったのでブログに記憶を。僕は以前ブログでこんなことを書いた。

「フィルムを無理に使い切らないで、カメラの中に残しておこうと思う」

で、しばらくそんなカメラ生活を続けていたんだけど、昨日かな、チョートクカメラ日記を読んでたら、田中長徳さんが「フィルムは毎回使い切ったほうがいい」と書かれていたのを目にする。チョートクさん的には当たり前に、フィルムを入れっぱなしにして何台かのカメラをローテーションしていたら、もうどれが何を撮ったものか分からなくなるし、それだと現像した際に夏の写真とクリスマスの写真がいっしょになっちゃったりして風情もない…的なことを書かれてたのかな。で、だよなあとこれまた当たり前に反応して、今朝愛犬との散歩カメラに連れ出したF6のフィルムを、散歩が終わる頃にちょうど24枚使い切るように撮っていたところである。

この24枚撮りきるまでをどこか想像しながら撮り歩く感じ、何かに似てるなあと思ったんだけど、それが「白ごはんとおかずをちょうど食べきる、あの調節具合」に似てるなあと思ったわけ。変かな?笑、僕だけかな、こんなこと考えるの?笑笑。でもまあ、なんかゲーム感覚みたいで、「ちょうど使い切る」というのは、なかなかおもしろい要素だと思った。無理やり使い切るというのはアレだけど、そこまでは無理しないんだけど、使い切ることを念頭に撮り歩くと、一枚一枚の被写体選びみたいなものも少し変わってくる。ごはんもフィルムもきれいに食べ残さないほうが気持ちいい、そんなお話です。

フィルムはコストがかかるから、そのあたりの「一枚一枚を無駄にせず撮る」という感覚はやっぱり大事だし、それはちょっとお米を一粒一粒大事にする感覚と似ている。僕が今朝使ったフィルムはFuji業務用100の24枚撮りで一本¥200、現像代とデータ化代を足すと、一本¥1,300くらいだから、フィルム一枚あたりの撮影コストは¥54円くらい。意外と安いとも言えるけど、チリも積もれば何とやらで、できれば大切に使いたい。そんな感覚が僕の中で「ごはん同様、フィルムも食べ残さないことが大切」みたいに思った、そんな日曜日の朝です。

高価買取ならカメラのリサマイ

Nikon FEがくれる癒しについて。

Nikon FE, Ai50/1.8

Nikon FEは僕が最初に手にしたフィルムカメラだ。その後、カメラがだんだんと増えるに従ってFEの出番は減ったけど、たまに無性に連れ出したくなる。それは、このカメラがなんともいえない癒しをもたらしてくれるから。

Nikon FE, Ai50/1.8

この空と梅の花の写真は、まさにFEとの最初の週末に試し撮りで撮ったもの。カメラ屋さんで教わった操作方法を思い出し、とにかく分からないなりに撮ってみたんだけど、現像後は軽く感動したなあ。光線漏れもなく、明らかにデジカメとは違う写真が撮れてたから。

Nikon FE, Ai50/1.8

Nikon FEのシャッター音はなかなか趣のあるもの。カチャン!というような人間くさい音がする。最近のデジイチなんかからはちょっと想像できない音だし、フィルムフラッグシップ機なんかの硬質な音とも違う。レトロなおもちゃで遊んでるようなとても懐かしい音なんだ。

Nikon FE, Ai50/1.8

その独特の緩さとでもいえばいいだろうか。絞り優先で楽に撮れるところも相まって、撮影している時間は癒しのひとときなわけだけど、撮れる写真もどこか癒しがあって、そういう意味でたまにFEの癒しテイストで撮りたくなる時があるんだよね。

Nikon FE, 43-86/3.5

僕がFEで撮る時は購入時にセットになっていたAi 50/1.8が多いけど、たまにZoom 43-86/3.5 Aiで撮ることも。この時代の写真は、フィルムとレンズで決まると言われるけど、レンズを変えてもどこか癒し感があるのは、やっぱりボディFEに何かあるのかなと思ったり。絞ったらシャープな写真も撮れるだろうから、僕の絞り開放気味のせいかもしれないけど、そこには僕好みの癒しの世界がある。完全機械式ではないけど、メカニカルテイストも味わえるNikon FEはなかなかおすすめのカメラなんだ。

高価買取ならカメラのリサマイ

さて、週末だ。撮ろう。

Leica M3, ZEISS Planar T*2/50, Fuji業務用100

長いような短いような一週間が終わり、今週も金曜日の夜を迎えている。ちょっと物欲に惹かれてカメラ屋をのぞいたものの、カメラを買いたいんじゃなくて、カメラで撮りたいことに気がつき、無事手ぶらで店を後にして、週末にカメラに触れられる歓びをかみしめたりしてる。

そういえば今週末は息子がいない。サッカークラブの遠征で家を留守にするんだけど、年に何度かこういう息子のいない日がある。これまでだとポッカリ空白のできる週末だったけど、今は愛犬がいて、カメラがある。子離れと同時に、父も少しだけ青春みたいなことを楽しめる。誰に感謝すればいいのか分からないけど、ありがたいことだなあとか考える。

さて、明日のカメラはどうしよう。まだ暗い時間に愛犬に起こされたら、まずはNikon Dfで愛犬と散歩に出動だな。そうこうしていたら辺りが明るくなるだろうから、一度家に戻ってフィルムカメラに持ち替えて、再び出動かな。そうだな、カメラはたぶん、Leica M3かNikon F2。機械式カメラで撮りたい気分だ。フィルムは…その時の気分だけど、定番のFuji業務用100かILFORD XP2 400。紅葉がずいぶんと落ち着いていたら、モノクロでもいいかなと。

ついでだから日曜日のことも妄想。前日が機械式カメラだったとするなら、この日はオートフォーカスのNikon F6かな。フィルムはFuji業務用100か、曇天ならリバーサル。そうそう、もし雨ならNikon FEに明るめのレンズという手もある。だいたい、そんなところかな、今週のプランは。楽しいよね、そういう撮影プランみたいなこと考えるのってね。で、そんなことを考えてると、カメラはこれ以上増やしても使いきれないなということにも気づく。物欲より写欲がたいせつ。まあつべこべ言わず、撮ろう、じぶん。

高価買取ならカメラのリサマイ

KONICA C35で撮ると、日常は意外と平凡じゃない。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

僕の平日のスナップ用カメラは二台、デジタルのRICOH GRとフィルムのKonica C35だ。どちらもじぶんの第2の目のようなカメラで欠かせないんだけど、できればフィルムで撮りたい、つまりできればKonica C35で撮りたいというのが、まずある。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

それは、C35で撮ると、世界が少し平凡じゃなく見える感覚があるから。理由は、そうだな、まずフィルムの風合いというのがあるんだろうけど、そんな簡単じゃないというのもある。上手く言えないけど、焦点距離38mmというのも大きいのかな。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

僕がそもそも好んで使うレンズはどれも焦点距離50mmのものだ。Nikon FEも、F2も、F6も、そしてLeica M3も、すべて常用レンズは50mmの明るいレンズ。といっても50mmが楽だからというのではない。むしろ50mmはむずかしいと思いながらいつも撮っている。それに対して38mmはもっと自然体なんだ。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

無心というか無欲というか、カメラを構えてることを意識しないで撮れるというか。このKonica C35というカメラは昭和の大衆的カメラで、誰もがほぼオートで簡単に撮れるように開発されたカメラ。そこで選ばれた焦点距離が38mm。それはやっぱり関係があると思うんだ。カメラを難しくしない焦点距離とでもいうのかな。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

狭すぎない、かといって広すぎもしない、スナップとしては実に絶妙で自然体な画角なんだろうね。あとはテッサー型レンズHexanonの存在も大きい。Konica C35を見たことがある人は分かると思うけど、あのどちらかというと可愛らしいフォルムからは想像がつかないくらい、実力派のレンズが搭載されてるんだ。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

Konica C35の愛称は“ジャーニーコニカ”なんだけど、よく言ったもんだなあと。たしかに旅に持ち出しやすい手軽なカメラだけど、それは扱いやすさだけじゃなくて、撮れる写真の質にも言えることで、C35で撮ると毎日が旅のように撮れる。それはこのカメラを所有する最大の歓びと言っていい。僕はそれほど多くのカメラを知ってるわけじゃないけど、カメラビギナーの人におすすめのカメラを聞かれたら、このKonica C35を筆頭にあげるかもしれない。いや、カメラクラスタの人にもおすすめするか。それくらい“やるカメラ”なんだ。

高価買取ならカメラのリサマイ

カメラが生き残る道は、フィルムが鍵を握っていると本気で思っている。

Nikon F2, Konica C35, 撮影はLeica M3

というのも、まずはTwitterで「#film」と検索してほしい。すると、フィルムと出会ってカメラを意識し始めてる人がたくさんいること、そしてフィルムで撮ってる人が実にキラキラしていることが分かると思う。もちろん、デジカメで撮ってる人たちのほうが圧倒的に多いんだけど、どうだろう、スマホカメラが物心ついた時から存在していた若い人たちにとって、デジタルのカメラをあえて買う必要があるだろうか。最近のスマホカメラはほんとよくできてる。サクッと空を撮る時なんかはスマホのほうが綺麗に撮れたりするくらい。だとしたら、どうかしたらスマホで撮れそうな写真のためにデジカメを別途所有するというほうがハードルがかなり高い気がするのは僕だけだろうか。その点、フィルムとフィルムカメラは実に独特だ。フィルムカメラ風アプリこそあるけど、一度でもフィルムカメラで撮ることを体験すると、ほとんどの人がその独特のワクワク感に魅せられる。この独特の写りと現像待ちの楽しさなら、スマホとは別にあえてカメラを所有する理由が明確にできると思うんだ。

フィルムカメラはたしかに過去のモノかもしれない。でも過去のモノだから、撮れるものが古くさいというのはちょっと違う。フィルムの延長線上にデジタルがあるんじゃなくて、そこには別物というくらいの違いがある。デジカメに近いのはむしろスマホで、フィルムはこれらとは異なる場所にいる。だとすると、カメラ産業を確固たる存在にするのは、超デジタルなフラッグシップ機か趣向を凝らした趣味機、またはフィルムカメラたちだと思う。最先端の超デジカメがあまりにも高価だとするなら、カメラビギナーには俄然フィルムカメラの手軽さが際立ってくる。

そういう、なんかとても特別な何かを手にした歓びが、その「#film」というタグを検索すると如実に分かる。昨今、フィルムの行く末が危機的なものであると耳にもするけど、僕が個人的に思うのは「この時代にあえてカメラを所有する理由としては、フィルムがその鍵を握っているんじゃないか」とさえ感じるし、それは日増しに強く思い始めている。フィルムとは懐古主義ではなくて、現代の中の唯一無二の独特のジャンルなのだということ。フィルム、この世から無くならないんじゃないかな。無くなると、むしろデジカメ産業すらも危うくなる。実際、僕はフィルムの楽しさを知ったからこそ、デジタルのNikon Dfを購入したからね。このフィルム時代がいつまで続くのかという話は尽きないんだけど、無くならないと思うよ、フィルム。ここにしか得られない世界があるから。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライカとツァイスの組み合わせが生みだす写り。

Nikon F2, Konica C35。撮影はLeica M3, ZEISS Planar T*2/50 ZM、Fuji業務用100

僕が所有するLeica M3にはライカ製のレンズではなく、ZEISS Planar T*2/50 ZMがついている。過去のブログにも書いたけど、M3ボディを購入した時にたまたまいいライカ製レンズが在庫に無く、店員さんに他におすすめのレンズがないかと尋ねたらすすめられたMマウントレンズ。そういう意味ではたまたま巡り合ったレンズなんだけど、カメラやレンズに詳しくない僕でもツァイスだのプラナーだのという言葉は聞き覚えがあり、何より装着した時の雰囲気が何やらクールで、値段もかなり抑えられたし、縁あってボディに装着したまま持ち帰ったものだ。

Leica M3, Planar T*2/50, Fuji業務用100

以来、Leica M3で撮る時は、レンズは常にこのZEISS Planar T*2/50。もうなんかからだの一部のようになってきたんで、今となってはエルマーなんかもあまり目に入らない。僕にとってライカの写りとは、このM3とPlanarが描き出す世界のことなんだ。そうやって撮り続けるうちに分かったのは、ボディというよりPlanar効果だと思うんだけどど、カリッとシャープな描写をすること。

Leica M3, Planar T*2/50, Fuji業務用100

いい意味で、僕が当初思い描いていたいわゆるフィルムライカの写りよりはかなりシャープな印象がある。このZEISSブランドのレンズは現代的レンズでもあるから、なんというかクラシックなボディにモダンなレンズが組み合わさった効果とも言えるんだろうか。僕にはその世界がとても新鮮で、すっかりこの組み合わせに魅せられたのである。

Leica M3, Planar T*2/50, Fuji業務用100

とはいえ、この組み合わせにEktar100やFuji PRO400Hなどを入れると、またその写りはいい具合に揺らいで変化する。撮るたびにいつも新鮮だったりするんだ。世界のカメラとレンズをリードしてきたドイツの二大ブランドの共演はダテじゃない?笑。ライカ製のエルマーは、生きてるうちに一度は試してみたいとも思うけど、いまはPlanarに恋してるんで、いつかIIIfを手に入れた時のお楽しみかな。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。