大人には遊び道具がいる。クラシックカメラとかロードバイクとか。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

遊び道具というのなら子どものころのほうがいるんじゃないかと言われそうたけど、子どもは驚異的にクリエイティブだからね、道具なんかなくても道端のものでどんどん遊びを開発しちゃう。それに比べると、大人はクリエイティブになるための道具がいる。だんだんと社会の中で脱線しないように妙な器用さを身につけてしまう分、そこから束の間とはいえ脱出できる装置というか、非日常へ強力に場面転換してくれる道具。それが僕の場合だと、クラシックカメラであり、ロードバイクなんだ。

カメラはデジタルでもクラシック的なものがいい。見た目に現代の電子デバイスとは異なる世界観を持ち合わせていて、便利さとは逆行するようなマニュアル操作のカメラ。自転車も手軽さよりマニアックな操縦や肉体との向き合いを要求される競技用ロードがいい。いわゆるどちらもあえて不便な道具たち。でも、それが便利な世の中にちょっと背を向ける(向けたい)大人たちには必要なんだ。大人流の反抗期みたいなもんかな笑。

幸い大人になると、若かった頃よりは道具に多少散財できる余裕もある。子どもが大きくなればじぶんの時間も生まれる。知らないことを知らない、好きなもんは好きと言える素直さも出てくる。好奇心に向き合って、じぶんをあえてハマらせていくこともじぶん次第でできる。若さには敵わないけど、大人にはそういう楽しみが待っているという意味では、世の中良くできてるなとも思う。

僕に関していえば、若い頃に遊ぶのが下手くそだったのを、今になってもう一度挑戦し直しているというか、挽回しているというか、道具という場面転換装置を利用して少しパワフルに遊びの時間を作り出してるんだろうな。道具は所詮道具であって、本当の楽しみは道具の先にあるとも言えるけど、道具そのものもなかなか楽しく刺激的なもの。クラシックカメラとロードバイク、僕の人生をなかなかドラマチックにしてくれてると思ってる。ちょっと小っ恥ずかしくはあるけれど。

男には遊び道具がいる。一人で無心になれる系の。

Specialized Roubaix SL4 Sport

きょうでGW休暇5日目だけど、4回ロードバイクで出動している。じぶんでもかなりうれしいペース。心身ともに快調な時っていうのは、僕の場合ロードバイクに乗ってる頻度が多い時だというのを再認識してる。

出動頻度が増えたのは暖かい季節になったこともあるけど、ホイールを変えたんだよね。ロードバイクやる人は分かると思うけど、僕はこれまで完成車に付いていたいわゆる鉄下駄ホイールを履いていた。それをようやく交換したんだよね、アルミのホイールに。

Mavic キシリウム プロ エグザリット

これもロードバイクやってる人にはおなじみだけど、MAVICのキシリウム プロ エグザリット。アルミのクリンチャータイプとしては最上位モデルと言っていいのかな。最初からエグザリット狙いではなかったんだけど、たまたま整備に立ち寄った行きつけのショップに試乗タイヤがあったから履いてみた。数日間試してみた結果、思い切ってホイールチェンジするに至った。

僕がエグザリットにしたのは、大きく言えば3つの理由。ひとつは、やはりルックス。通常、アルミのホイールはブレーキシューが接触する部分はアルミのシルバーカラーなんだけど、エグザリットはご覧の通り特殊なプラズマ加工が施されてマットなブラック、いわゆる黒リムと呼ばれるホイール。足回りが黒くなるだけで見違えるようにロードバイクは精悍な佇まいになる。

ふたつめはやはり走り。重量を測るとエグザリットは元のものより500g以上軽かった。そしてスポークもアルミで本数も少なくなり空気抵抗も軽減。いわゆる回転性も良くなり、走り出しからダンシングまでとにかく軽快になった。これは試乗してみないと分からない完成度だった。ホイール交換を考えてる人はできるだけ試乗してみたほうがいい。乗り味は感性に訴えるところがあるから、なかなかネット記事のインプレッションなんかでは分からないんだよね。

そして3つ目、これが極めつけの購入理由になったと言っていいけど、それはエグザリット独特のブレーキ音なんだ。ブレーキをかけると指の圧によってヒューンという音色が変化しながら車体を制御する。え、音がしないほうがいいんじゃないの?と言われそうだけど、たしかにロードバイクに詳しくない人が聞いたら整備不良のキーキー鳴るブレーキ音に聞こえるかもしれない笑。でも、このエグザリットを履いていることを主張する音がたまらないんだ、男には笑。

Mavic キシリウム プロ エグザリット

なんだ、その音ってのは?と興味がある人はYouTubeで「エグザリット 音」とかで検索してもらえるとお聞きいただける。エグザリットというのは特殊なブレーキ加工の名称で、素のアルミリムに比べてブレーキ制御がかなり良くなる。よく言われるのは雨天時でもブレーキが効きやすいとか、ダウンヒルでも安心してブレーキを効かせることができるというもの。その独特の制御力を発生させると鳴る音なんだよね。

リムと接触するゴムの部品がブレーキシューと呼ばれるものなんだけど、エグザリットは専用のブレーキシューを必要とする。これが一般のブレーキシューに比べると2倍ほど高価だったりもして、なかなか維持費もたまらないんだけど、男はこういうものに弱い笑。あえて手のかかるモノへとハマっていくんだよね。もうこれはフルメカニカルシャッターのカメラにハマっていくのと同じ原理だから笑。程度のいいライカM3が余裕で買えてしまうような値段でなかなか勇気のいる買い物だったけど、ロードバイクは僕のカラダづくりのペースでもあるし、思い切って移行してみた。これで新しいカメラやレンズを買う余力は無くなったわけで、そういう意味ではカメラ欲にも強力なブレーキ性能となったわけだ笑。

Specialized Roubaix SL4 Sport

いやね、もう言い訳に聞こえるかもしれないけど、男にはね、いくつになっても遊び道具がいるんだ。それも女の人から見ると、そんなものにお金かけてバッカじゃないの!?という類のもの。だけど、そのへんてこりんなもので男は頑張れる生き物だったりもする。単純でロマンチストでもう取り扱いカンタンな生き物なわけです。そして、死ぬまでにトライアスロンの最高峰、ハワイのアイアンマンレースにいつか出たいとかほざくわけです。仕事でクタクタになって帰宅しても、一人勝手に燃えてRunやスイムに出かけて死にそうになって帰ってきては、まだまだだなじぶんは!とか青春してるわけです笑。というわけで、誰に向けて何を書いているのか分からなってきたけど、言いたいことは大体言えたので今日のところはこの辺で。続報はボチボチあげていきます。

ことしの初スイム。これで僕の新年は明けた気分。

Speedo社のスイムゴーグル。

新年1月8日、ようやくプールが再開し、ことしの初泳ぎを楽しんできた。連休最後の夜ということもあり、スイマーも少なく、割とゆっくり泳ぐことができた。雨模様の天気も気にせず屋内で楽しめる水泳は、一度慣れるとプール通いも億劫じゃなくなる。

プールが休みの間は、体重管理で愛犬との長めの散歩やロードバイクに乗ったりしていたんだけど、やっぱり体重は少し増えてたから、ここからまた連日の夜スイム絞っていきたい。僕の場合はまだ一度に何百メートルもは泳ぎ続けられないから、50mくらい泳いではひと休みし、それを1時間ほど繰り返す感じなんだけど、それでも一年前のカナヅチだった頃を思い出すと、ずいぶんまともに泳げるようになってきた。今はひたすら疲れないフォームを模索中だ。そこを抜けたら念願のトライアスロン挑戦の夢も少し見えてくるんだけど、なにぶん年だからそこはゆっくり、じっくり、無理のないペースで。カメラとロードバイクと共に、僕の貴重な趣味の時間でもあるからね。

そうそう、高血圧が気になって始めたスイムでもあるんだけど、泳いだ後に血圧を測ると劇的に改善してることがわかる。血圧を下げる薬を飲んでいるおかげもあるけど、スイムは血圧を下げる効果も高いと思う。たぶん、水中で想像以上にリラックスしてる効果もあるんだろうね。速く泳ぐことより、リラックスして泳ぐ。それが僕のスイム。誰かと競うためにやってるわけじゃないのは、カメラやロードバイクと同じだ。じぶんと向き合う時間をつくりたい、そんな人にもスイムはおすすめだ。無心になれるところがあるからね。というわけで、心身ともにこれで僕の新年は明けた。いい年にしたいと思う。泳ぐようにしなやかな一年に。