AF望遠はAPS-CのD300で、MF単焦点はフルサイズのDfで。僕的デジイチの愉しみ方。

Pocket

こうやって見るとD300と18-200の組み合わせもなかなかカッコいいな。今週初めにNikon Dfがわが家にやってきたけど、D300は変わらず僕か好む愛機のひとつであり、このD300でデジイチのマニュアルライクな愉しみ方を確信したからDfの購入につながったと言っていい。そういえば同じくDfとD300を所有する人が言ってたけど、シャッターフィールはD300のほうがたまらないものがあるってTwitterで言ってたな。その通りかもしれない。それくらいD300の造りや存在感は一時代をリードしたAPS-Cフラッグシップ機の重みや凄みがある。

いま僕の手元にはデジイチがこの二台あるわけたけど、Dfを購入する時にイメージしたのはその使い分け。フィルムカメラのようにMF単焦点レンズで愉しむ時はDfにオールドニッコールたちを装着して持ち出す。そしてAF望遠レンズを使う時は1.5倍の望遠距離が稼げるD300を持ち出すという使い方。以前デジイチを所有していた時はAPS-C機からフルサイズD750へ買い替えたからこうした二台の使い分けは味わうことができなかった。D300は高感度に弱いと言われるけど、逆を言えば暗所以外なら現在でも素晴らしい写りを堪能させてくれる。暗所も頼もしいDfがあれば、昼間の望遠撮影はD300のほうがラフに機動力高く使い倒せるんじゃないかと考えている。

さしあたってD300と望遠を持ち出すのは息子の運動会やスポーツ活動の時かな。シーンモードなどないD300(D750にはビギナー向けのシーンモードがあった)で果たして激しく動き回る息子の姿をしっかり撮れるのかは多少不安だけど、カメラを操る愉しみでもう一度手に入れたデジイチたちだから、失敗写真も含めてたのしく使いこなせていけたらなと思う。あとは家族で旅行に出かける時なんかがまだ持ち出すカメラのイメージが固まっていないかな。年頃で写真を撮られることをあまり喜ばない息子を撮るなら、遠くから望遠で撮ったほうがいい。そうするとD300ということになるけど、Dfでマニュアルライクに撮るのも捨てがたい。あと、なんと言ってもフィルムカメラで撮ったほうが味わい深く思い出を残せるんじゃないかと思ったり。旅は身軽で行きたいから、持ち出すカメラはなるべく一台にしたい。嬉しい悩みがまたひとつ増えたけど、何度かカメラを変えて家族と旅に出て、旅カメラの相性を確かめていこうかな。

これから出張で東京へ。キャリアバッグの中にはいつも通りフィルムコンパクトのKonica C35と業務用100フィルムが二本入っている。いつもなら暗所用にRICOH GRも持ち出すんだけど、あいにく今はGRは修理に出しているから、今回はC35のみ。そっか、C35の相性はジャーニーコニカ。それこそ家族旅行の時にはC35を持ち出すことも候補に入ってくるな。また嬉しい悩みがひとつ増えた笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA