50mmの世界は僕になかなかの試練を与えてくれる。

Pocket

試練と書くと大袈裟だけど、嬉しい悩み、そんな感じかな。とにかくフィルムには慣れてきたものの、そこには50mmで切りとるというもうひとつのハードルがあったということ。というのも、僕はここ一年ほぼGRだけで撮り続けてきて、それはほぼ28mmの世界ばかり切りとってきたことでもあり、こうして久しぶりに50mmと向き合うとなかなかむずかしい画角だと感じたりするのである。思い起こせばGRをハードに使い始めた時も同じように”28mmむずかしい問題”にぶち当たったような気がするけど笑。

28mmはあまり考えずにヒュンヒュン撮れるんだよね。フィインダーをのぞいていないということもあるけど、どうせ肉眼の視界より広く写り込むから気にせずシャッター押しちゃえ!みたいなそういう画角。僕にはね。そうこうしてるとクセになった、この28mmの絵づくりに。それから比べると50mmというのはちょっと切りとる世界を考えないと上手くいかない感じがある。でも、ひとの目に近いのは50mmの世界な気もする。ファインダーをのぞいた時の50mmの世界はまるでカメラを通していないように自然だから。

僕の手持ちのカメラは、50mmがNikonFEとLeicaM3、38mmがKonicaC35、28mmがRICOH GR apsc。M3は50mmが基本だし、FEも今のところレンズを広角化する予定はない。というか、50mmの世界をじぶんの目にしたいから、何かをじぶんの中でつかむためには50mmをとことん撮り続けたい。だから、練習の意味もこめて近ごろはGRでも47mmクロップで撮ったりも試し中。カメラって次から次へと試練が生まれてくるわけだけど、そこが飽きないよさなんだよなあと。というわけで、最近は画角と、フィルムの種類に興味が出ているところです。写真のキャプションにそうしたレンズとフィルムのクレジットが入ってる写真は気になったりしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA