35mmと38mmと50mmとズーム。

Pocket

みんなレンズ欲旺盛だなと思うんだけど、僕はむしろレンズはカメラにほぼ固定している。平日のスナップの友Konica C35はそもそも38mmヘキサノン固定だからレンズの換えようもない。でもこれが潔い。C35で撮ること=38mmで撮ることだから、C35の画角の感覚がいやでも自然と身についてくる。その他のカメラも基本、Nikon F2は35mm付けっぱなしだし、Leica M3も50mm付けっぱなしだ。そうすると、カメラを持ち出す時は自動的に画角も決まり、じぶんの中でとても分かりやすい。

たしか田中長徳さんが本で書いていたと思うんだけど、カメラ(ライカ)にはひとつのレンズしか装着せずに、それで撮るしかない状況にしたほうが撮影感覚も上達するし、何より交換用レンズ収集のコストも抑えられる。カメラやレンズの組み合わせを縦横無尽に楽しむという手もあるけど、僕には長徳さんがいうところの「ひとつのカメラに、ひとつのレンズを固定する」という発想のほうがしっくりきた。

その他のカメラと固定レンズということでいえば、RICOH GRは35mm換算で28mmのGRレンズが固定、あとはNikon D300には35mm換算で27mm-300mmのズームレンズが一本、これにたまにマニュアルでNikon FE用の固定レンズ50mm(35mm換算で75mm)を装着したりしている。でもこれくらいだ。僕の中では少数精鋭というか必要最小限のミニマルなラインナップ。じぶんの性格的にもこれ以上レンズを増やしても使いこなせるレベルまでいかずに散漫になるだろうなと、なんとなくじぶんのことが分かっている。あと買い足すとしても24mm広角くらいかなと。

そんなだから、まめにレンズ交換を楽しんでる人を見ると凄いなと思う。たぶん、僕の過去のレンズ収集のトラウマと面倒くさがりな性格も作用してると思うけど、カメラとレンズは一体で使うのが分かりやすくて使いやすい、というのが僕の今の気分。そして、それは意外といいところに収まったなという気もしている。僕らしいという意味で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA