30分歩く、がいいらしい。

Pocket

image

もちろんカラダにいいという話ではあるんだけどね。大学の先生がおっしゃっている、うん。

http://biz-journal.jp/i/2016/02/post_13924.html

僕は感覚的にもそう思ってて、最近はRunの習慣をウォーキングに変えている。もちろん膝にも優しいし、疲れ方がロードバイクと同じでいかにもじんわりカロリーを燃焼してるっていう感覚がいい。

あとは歩くとね、景色がより味わえる。Runでも景色は見られるけど、そこはやはりね、激しく上下動しながらしかも速く横へと流れていくから、どちらかというと景色を眺めてるというよりは脳で考え事してることのほうが強い。

ジムの中をマシーンで走ってるわけじゃないんだから、どうせなら外の自然の中にいることをもう少し堪能しながら運動したい。そういう人には迷わずウォーキングのほうを勧めます。なんでもそうだけど、少しだけ、ほんの少しだけ今よりストレスを与えるくらいが向上にはいいんだよね。人間の成長もそうだけど、健康もね。で、歩いてみようか、となればカメラを持参するのもお勧めです。景色が何倍も楽しめるようになるから。

というわけで、Blog「記憶カメラ」もこれで第280話まできた。一歩一歩、新しい記憶へと踏み出していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA