KONICA C35で撮ると、日常は意外と平凡じゃない。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

僕の平日のスナップ用カメラは二台、デジタルのRICOH GRとフィルムのKonica C35だ。どちらもじぶんの第2の目のようなカメラで欠かせないんだけど、できればフィルムで撮りたい、つまりできればKonica C35で撮りたいというのが、まずある。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

それは、C35で撮ると、世界が少し平凡じゃなく見える感覚があるから。理由は、そうだな、まずフィルムの風合いというのがあるんだろうけど、そんな簡単じゃないというのもある。上手く言えないけど、焦点距離38mmというのも大きいのかな。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

僕がそもそも好んで使うレンズはどれも焦点距離50mmのものだ。Nikon FEも、F2も、F6も、そしてLeica M3も、すべて常用レンズは50mmの明るいレンズ。といっても50mmが楽だからというのではない。むしろ50mmはむずかしいと思いながらいつも撮っている。それに対して38mmはもっと自然体なんだ。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

無心というか無欲というか、カメラを構えてることを意識しないで撮れるというか。このKonica C35というカメラは昭和の大衆的カメラで、誰もがほぼオートで簡単に撮れるように開発されたカメラ。そこで選ばれた焦点距離が38mm。それはやっぱり関係があると思うんだ。カメラを難しくしない焦点距離とでもいうのかな。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

狭すぎない、かといって広すぎもしない、スナップとしては実に絶妙で自然体な画角なんだろうね。あとはテッサー型レンズHexanonの存在も大きい。Konica C35を見たことがある人は分かると思うけど、あのどちらかというと可愛らしいフォルムからは想像がつかないくらい、実力派のレンズが搭載されてるんだ。

Konica C35, Hexanon 38/2.8, FUJI 業務用100

Konica C35の愛称は“ジャーニーコニカ”なんだけど、よく言ったもんだなあと。たしかに旅に持ち出しやすい手軽なカメラだけど、それは扱いやすさだけじゃなくて、撮れる写真の質にも言えることで、C35で撮ると毎日が旅のように撮れる。それはこのカメラを所有する最大の歓びと言っていい。僕はそれほど多くのカメラを知ってるわけじゃないけど、カメラビギナーの人におすすめのカメラを聞かれたら、このKonica C35を筆頭にあげるかもしれない。いや、カメラクラスタの人にもおすすめするか。それくらい“やるカメラ”なんだ。

高価買取ならカメラのリサマイ

カメラが生き残る道は、フィルムが鍵を握っていると本気で思っている。

Nikon F2, Konica C35, 撮影はLeica M3

というのも、まずはTwitterで「#film」と検索してほしい。すると、フィルムと出会ってカメラを意識し始めてる人がたくさんいること、そしてフィルムで撮ってる人が実にキラキラしていることが分かると思う。もちろん、デジカメで撮ってる人たちのほうが圧倒的に多いんだけど、どうだろう、スマホカメラが物心ついた時から存在していた若い人たちにとって、デジタルのカメラをあえて買う必要があるだろうか。最近のスマホカメラはほんとよくできてる。サクッと空を撮る時なんかはスマホのほうが綺麗に撮れたりするくらい。だとしたら、どうかしたらスマホで撮れそうな写真のためにデジカメを別途所有するというほうがハードルがかなり高い気がするのは僕だけだろうか。その点、フィルムとフィルムカメラは実に独特だ。フィルムカメラ風アプリこそあるけど、一度でもフィルムカメラで撮ることを体験すると、ほとんどの人がその独特のワクワク感に魅せられる。この独特の写りと現像待ちの楽しさなら、スマホとは別にあえてカメラを所有する理由が明確にできると思うんだ。

フィルムカメラはたしかに過去のモノかもしれない。でも過去のモノだから、撮れるものが古くさいというのはちょっと違う。フィルムの延長線上にデジタルがあるんじゃなくて、そこには別物というくらいの違いがある。デジカメに近いのはむしろスマホで、フィルムはこれらとは異なる場所にいる。だとすると、カメラ産業を確固たる存在にするのは、超デジタルなフラッグシップ機か趣向を凝らした趣味機、またはフィルムカメラたちだと思う。最先端の超デジカメがあまりにも高価だとするなら、カメラビギナーには俄然フィルムカメラの手軽さが際立ってくる。

そういう、なんかとても特別な何かを手にした歓びが、その「#film」というタグを検索すると如実に分かる。昨今、フィルムの行く末が危機的なものであると耳にもするけど、僕が個人的に思うのは「この時代にあえてカメラを所有する理由としては、フィルムがその鍵を握っているんじゃないか」とさえ感じるし、それは日増しに強く思い始めている。フィルムとは懐古主義ではなくて、現代の中の唯一無二の独特のジャンルなのだということ。フィルム、この世から無くならないんじゃないかな。無くなると、むしろデジカメ産業すらも危うくなる。実際、僕はフィルムの楽しさを知ったからこそ、デジタルのNikon Dfを購入したからね。このフィルム時代がいつまで続くのかという話は尽きないんだけど、無くならないと思うよ、フィルム。ここにしか得られない世界があるから。

高価買取ならカメラのリサマイ

愛犬が、僕とカメラを外に連れ出してくれる。

Nikon Df, 50/1.8G

この子が家族になって四ヶ月くらいかな。彼との朝晩の散歩がすっかり僕のルーチンワークになった。実は以前にもミニチュア・シュウナウザーを飼っていた時期があったから、愛犬との散歩を再開したと言ったほうが正解かな。

犬と暮らしたことがある人は分かると思うけど、犬は人生にいろんなものをもたらしてくれる。弱いものを守ってあげる気持ちとか、いつまでもめげない心とか、ひたすら癒されることなんかもそうかな。あと、いちばん生活スタイルに変化をもたらすといえば、やっぱり散歩へ出かけることだろう。

Nikon Df, 50/1.8G

犬を飼っていなかった時期が一年半くらいあったんだけど、その間は考えてみるとあまり散歩に行くなんてことがなかった。Runとかロードバイクで出かけることはあったけど、そういう特別な目的のために出かけるんじゃなくて近所をゆるりと歩く散歩、これがほんとそんな機会がなかった。

Nikon Df, 50/1.8G

でも愛犬と暮らすようになると、またこうして近所をゆっくり歩くようになった。それも毎日、朝晩必ず。これは何でもないようでいて、すごく生活において大きな変化なんだ。毎日少しずつ移ろう風や空気、匂いや日差しなんかを五感で感じとる。四季のある国らしい季節の流れを否応なしに感じるんだ。

Nikon Df, 50/1.8G

そこにはね、カメラがとてもよく似合う。スマホカメラでも悪くはないけど、せっかく五感が豊かに反応してるわけだから、どうせならカメラで少しクリエイティビティな撮影を楽しんだほうがいい。フィインダーの中の少しドラマティックな世界、そして脳を喜ばせるシャッター音。僕はほんともう愛犬の散歩でそうしたカメラ生活を楽しませてもらってる。

Nikon Df, 50/1.8G

この冬場の時期はね、さすがに早朝も夜も暗くてカメラで気軽に撮るのはむずかしいけど、週末はこうして太陽のある時間に愛犬とのんびりカメラを楽しめる。オートフォーカスのNikon DfとNikon F6なら、片手で撮ることができるから、もっぱら愛犬と出かける時は、この二台のカメラのどちらかがいつも一緒だ。

Nikon Df, 50/1.8G

何の変哲も無い住宅地だから、特別おもしろそうな被写体があるわけじゃない。もうほんと撮るものといえば、平凡な道端の草花や公園の遊具とかだったりするわけだけど、それでも四季の移り変わりを感じながらシャッターを切るのはそれだけで心が豊かになれる。日々に少しだけクリエイティビティな瞬間を注入できるんだ。

Nikon Df, 50/1.8G

僕が散歩してる時も他にカメラを持って犬の散歩をしてる人は見かけないんだけど、僕はこれ、すごくおすすめするけどなあ。犬と暮らしてる人は、散歩用にカメラを持ち出してみるのが絶対いいと思う。どうせ歩くなら、辺りをもっと眺めながらシャッターを切って脳も活性化させてみる。なんというか犬の散歩の概念が少し変わると思うから。

Nikon Df, 50/1.8G

12月を越えると日もだんだん長くなる。そうすると平日の早朝でも明るくなってカメラで気軽に撮れるようになる。夏場なら早朝だけじゃなくて夜もけっこう明るくてカメラで撮れるからね。オートフォーカスの一眼レフじゃなくても、コンデジでもいい。僕もRICOH GRを連れ出すこともあるしね。

Nikon Df, 50/1.8G

なんていうのかな、犬もカメラも、生活に必ず無くてはならないものではない。無くても生きていけるしね。でも、犬がいると、カメラがあると、人生に流れる時間がちょっとだけ豊かで創造的なものになるんだ。僕はそう感じている。劇的な光景が毎日現れるわけじゃないけど、感動とは何も劇的なシーンからばかりじゃない。そういうことを教えてくれる、それが犬と日々出かける散歩カメラなんだ。

高価買取ならカメラのリサマイ