軽快な単焦点が好きだけど、コンパクトなズームもアリだなという気づき。

Nikon F6, AF-S 24-85 f3.5-4.5 ED VR

僕の場合は、カメラに求める性能として「持ち出しやすさ」というのがすごく重要だから、レンズは自ずと単焦点が多くなる。しかも軽量コンパクトな50mmがほとんど。でも、最近2つの標準ズームを手に入れて、ズームもコンパクトなものならアリだなと再認識しているところ。

2つの標準ズームとは、MFのAi Zoom Nikkor 43-86 f3.5と、AFの24-85 f3.5-4.5 ED VRの二本。その感想は少し前のブログに書いてるけど、この二つのレンズはとにかく軽量コンパクトで、ズームであることを忘れさせるくらい軽快に持ち出せる。それでいて、広角〜標準〜中望遠までカバーできるから、荷物をあまり持ちたくない散歩カメラや旅行の時には相当軽快だろうなと想像がつく。しかも構造がシンプルだから、描写力も素直でしっかりとしたもの。そうなると、一本のズームであれこれ撮れる世界は、当たり前だけどかなり便利なことをあらためて実感する。

レンズは上を見たらキリがないところがある。もちろんそれぞれの焦点距離の単焦点レンズをずらりと取り揃える手や、明るいズームレンズにある程度大きな投資をする手もあるけど、そうしようとなるとけっこうなコストが必要となるし、ちょっと手軽に持ち出すレンズとしては大袈裟すぎるものになる。僕としては、とにかく手軽にカメラ&レンズを持ち出すことが最優先で、そうなるとこの二つの標準ズームは途端に超魅力的な存在になる。

43-86のほうはそれほど高倍率じゃないものの、いざとなったら標準だけじゃなく中望遠85mmまだ使えるそのちょっとした余裕が実は相当頼もしい。もう一つの24-85も広角24mmから上は85mmまで使えると考えると、文句なく便利であることは間違いない。そんな標準ズームという存在の利便性をいまあらためて再認識しているところだ。写りの方も単ボケ味が豊かな焦点レンズと比べると、適度にソリッドで単焦点レンズとは異なる変化も堪能できる。つまり、大きさや重さを気にせずにズームのおいしいところだけを凝縮して楽しめるといえばいいだろうか。キットレンズとしても扱われる標準ズームは、どこかエッジがなくて平凡な写りと思われがちだけど、軽量コンパクトで持ち出しやすさまで追求するとなると、これ以上のレンズはないというくらい使いやすさが際立つんだ。その描写力に特筆すべき特徴があるわけでもないから、自ずと被写体選びや構図選びで工夫を懲らそうとする感じも悪くない。カメラはとにかく外に持ち出してナンボなもの。単焦点レンズや高性能レンズを揃えたものの、どこか写欲に軽快さが足りないと感じる人は、一見ありきたりに思えるかもしれないけど、レンズを軽量コンパクトな標準ズームに付け替えると何かが変わる気がするなあ。

Nikon FEとヨンサンハチロクは、なかなかいいコンビ。

Nikon FE, Zoom Nikkor 43-86/3.5

デジタルのNikon Dfでは試し済みだったZoom Nikkor 43-86 f/3.5を、今度は本丸のフィルムニコンに装着して撮ってみようと、Nikon FEと連れ出してみた。一度にはフィルム一本を使い切れず、3回に渡って撮り、やっと今日現像があがってきた。

Nikon FE, Zoom Nikkor 43-86/3.5

あいにくの天候もあって、業務用100にf3.5のレンズでは適正なシャッタースピードでなかなか撮れず、ブレた写真も数枚あったけど、まあ試し撮りとしては上々の撮れ具合だったかな。僕はヨンサンハチロクの描写、なかなか好きかもしれない。

Nikon FE, Zoom Nikkor 43-86/3.5

このヨンサンハチロクは、Nikonが初めて標準ズームとして世に送り出した歴史あるレンズ。僕のはその最初期のものではないようだけど、それでもいかにもフィルム時代のオールドレンズだけあって結構好みの周辺減光や味のある描写をしてくれる。いつもFEに装着しているAi50/1.8とはやっぱり異なり、ボケ味とは違う、かといってパンフォーカスでもない、絶妙なフィルムの味を醸し出している気がする。

Nikon FE, Zoom Nikkor 43-86/3.5

先日、DfとF6用に購入したAF標準ズームのAF-S 24-85 f/3.5-4.5 ED VRの描写もおもしろいなと思ったけど、フィルム時代のMF標準ズームもなかなか風合いのある写りをしてくれる。ヨンサンハチロクは軽量コンパクトな点も持ち出しやすいレンズとして魅力だし、いい意味でどこかファジーな写りは真面目すぎないようにも思えてなんか愛おしい。ヨンサンハチロクの評判については、賛否両論あるみたいだけど、僕は好きだな。

Nikon FE, Zoom Nikkor 43-86/3.5

今度はまたしっかり晴れた日にNikon FEもしくはNikon F2に装着してじっくり撮ってみたいな。昨今はちょっとしたオールドレンズブームで、デジタルミラレーレス機にオールドレンズを装着して撮る人なんかも多いけど、僕もデジタルのNikon Dfにヨンサンハチロクを装着してみた感想からすると、やっぱりオールドレンズはその時代のカメラボディに装着して撮るほうがいい味を最大限に引き出せる気がした。そこはやっぱり、無理のない伸びやかさが出るんだろうね。いずれにしても、このヨンサンハチロクというレンズ、なかなかおすすめです。

今を共有するならスマホ。思い出に残すならカメラ。

Velvia100, Provia100F, Velvia50, Ektar100

きのう現像出ししてきたフィルムたち。三本はリバーサルフィルム、一本はKodak送りのEktar現像、共に現像に2週間ほどかかる。スピードが求められる現代において、これだけ仕上がりに時間がかかるものも今となってはめずらしい。

現代はSNSが空気のように当たり前になった時代。事件やニュースは手のひらの中のスマホに瞬時に飛んでくる。地球の裏側のこともリアルタイムでつかめるというのは便利だし、どこに住んでいようとも時代に置き去りにされる感じは今はしない。そういう意味ではスマートフォンは素晴らしい装置だし、そこに搭載されたカメラは「今を共有することに関しては、最高のカメラ」と言える。そんな先進的なカメラを常に持ち歩いているのに、なぜ、この撮った写真を見るのに2週間も要するカメラを別途持ち歩く必要があるのか。

究極をいえば、持ち歩く必要はない。無くても生きていける。いや、無い方がお金もかからないし、古いカメラを修理する手間なんかも必要ない。それでも、多くの人が手間のかかるカメラに魅せられる。なんなんだろうね、この現象は。タイトルには「思い出に残すならカメラ」と書いたけど、そんなひと言では言い表せない、カメラをやる理由みたいなものが僕らの頭や気持ちの中には浮遊している。それも、ふわりというよりはもっと強く激しくだ。

ただひとつ言えるのは、一眼レフやレンジファインダーといったカメラを所有して写真を撮るという行為は、ひとを少し思案させたり、文化的にさせたりするということ。読書とか絵画に近い何かがある。ひとを創造的にするということかな。写すだけならスマホカメラでもいいけど、写すとか簡単じゃない何かがカメラにはある。その答えみたいなのを追い求めながら人生を撮り続けることこそがカメラの魅力であり魔力なのかもしれない。

デジタルで死ぬほど量を撮るのも、生きてるって気がする。

Nikon D300, AF-S Nikkor 18-200G VRii

機械式のフィルムカメラなんかで露出を計りながら一枚一枚を丁寧に撮るのはたしかに心地いい。けれど、ただひたすらにデジタルで一度に数百枚量とかシャッターを切りまくるのも、また楽しいんだよね。これはもう理屈じゃなくて、本能がよろこぶとでもいえばいいだろうか。

デジタルは撮ったその場で写真が確認できるとか、RAWで撮った後にいくらでも手を加えられるとか、高感度で暗所撮影に強いとか、フィルムカメラにはないテクノロジーの恩恵が数多くあるけど、写真を撮る本質的な気持ちよさでいえば、この「枚数を気にせずひたすらシャッターを切りまくることができる」ことこそ、最大の楽しさなんじゃないかと思っている。それが身にしみてわかるようになったのは、まさにフィルムカメラを経験したから。フィルムを経たからこそ、デジタルのよさも再確認できたところが、僕にはある。

僕が使うデジタルは3機種。コンデジのRICOH GR、APS-CのNikon D300、そしてフルサイズのNikon Dfだけど、そのシャッターフィールの気持ちよさでいえば、D300が最もシャッターを切りまくる「ソノ気」にさせてくれる。使用頻度としては平日使いのGRと、週末の散歩カメラで持ち出すDfが多いけど、とにかくひたすらシャッターを切りまくって発散したい時はD300がいい。Dfではあまり連写したいとも思わないけど、D300は意味もなく連写したいと思わせるシューティングスターみたいなイメージがあるんだ。何かを撮りたいというより、シャッターを切りたいと思わせるカメラ。D300を持って一人旅にでも出ようものなら何万枚か撮りそうな気さえする。後で見返すことも大変だけど、きっと見返すことが重要というより、そのシャッターを切っている瞬間の心持ちが重要、そんなカメラがあってもいいと思う。ふと、そんなことを思い、いま部屋でD300と空シャッターを楽しんでいる。もちろん連写モードにしたりして。

むしろ、50mmという画角は癖になる。

Nikon Df,50/1.4D,

何台かある僕のカメラたちには、ほぼすべて50mmのレンズがついている。つまり、この焦点距離が気に入ってるわけだ。50mmは標準レンズと呼ばれ、標準という呼称たからか、ビギナー向けの焦点距離のレンズと思われてるフシがある。でも、使ってみるとわかる、特に35mmなんかと使い比べてみるとわかるけど、意外とむずかしい焦点距離だと僕は思う。35mmがわりとぼーっとしていても風景としてサクサク撮れてしまうのに対して、50mmは意志がないと撮れないというか、画角として収まりの悪さみたいなのがある気がするんだ。50mmはよく人の自然な目線と言われるけど、35mmなんかと比べて収まりが悪いこの感じは、人間らしさなんじゃないかと思っている。人間の不確かさや、機械的ではない常に思案する感じが、この50mmという画角には求められてる気がする。かつての写真界の大御所たちが50mmをこよなく愛していたのも、そういう哲学的なところがあったのではないだろうか。歌でもそうだけど、簡単に歌えるメロディというのは飽きやすいのに対して、ちょっと不安定なメロディは、最初はぎこちなく聴こえるんだけど、そのうちなんとも言えず癖になる。僕にとって焦点距離50mmの画角はそのニュアンスに近い。もちろんいろんな画角を楽しんではいるけど、常にこの50mmを克服したいという小さな探究心がどこかある。さて、みんなはどうだろう。

NIkon F6がボケのおもしろさを思い出させてくれた。

Nikon F6, 50/1.4D, Velvia100

僕はいま、Nikon F6にハマっている。正確にいうと、装着した明るい単焦点レンズの写りにハマっている。デジイチをやってる人からすると、何を今更と言われそうだけど、フィルムをやってるとこのボケというのがなかなか疎遠になる。それはフィルムカメラの多くはどうしてもシャッタースピードが低いから、ある程度絞らざるを得なくなる。つまり、明るいレンズを付けていても開放付近でなかなか撮れないからなんだよね。

フィルムカメラを始めた頃は、とにかく適正露出で撮ることばかりを考えていたから、感度100のフィルムならシャッタースピード1/125とか1/250なら、絞りはf11とかf8だなとか、そういうことばかり考えて撮ってた。それはそれで数式を解くようでおもしろいんだけど、明るいレンズを付けていてもそうしてけっこう絞った数値で撮ることが普通になった。フィルムコンパクトのKonica C35で撮る時もほぼ無限遠で撮ることが多かったから、おのずとボケとは無縁な日々になっていたんだよね。

そんな日々に、ある時Nikon Dfが仲間入りした。レンズは50/1.8G。シャッタースピードは1/4000までいけたから、久しぶりにボケのある写真を楽しむきっかけになった。ボケのある写真より、パンフォーカスのほうが玄人っぽいみたいな風潮がなくもないけど、僕は一眼レフのおもしろみはやっぱりボケを楽しむことができると思っていて、じゃあフィルム一眼レフだってボケを楽しみたいなと考えるようになった。そうして、候補にあがったのがNikon F6だったんだ。

Nikon F6のシャッタースピードは1/8000。これだけの数値があればかなり明るいレンズを楽しめる。レンズは50/1.4Dにした。他にもフィルム機で1/8000を出せる機種はあったと思うけど、そこはやはり直感で、Nikon最後のフィルムフラッグシップ機の手応えを確かめたかった。そうして、手に入れたF6と50/1.4Dの写りは、僕の想像を超えて気持ちよかったんだ。そう、最も気持ちよかったのは、フィルムカメラでもこうしてボケを楽しむことができるようになったこと。

まあボケそのものは、何もF6と明るいレンズじゃなくてもできると上級者の人に指摘を受けそうだけど、そう、僕のような初級者にしてみれば、シャッタースピードが1/1000や1/500のカメラでボケのある写真を大胆に楽しむのはなかなか難度が高い。そういう世界をF6は気軽に楽しませてくれる。そういう意味ではフラッグシップ機ゆえの包容力で、ビギナーの僕を包み込んでくれる優しさ、頼もしさがあるんだ。正確な内蔵露出計とAFのおかけで、露出のシビアなリバーサルフィルムも楽しむことができるようになった。Nikon F2やLeica M3というのが機械式シャッター機を操る楽しさも格別だけど、より撮りたい写真に近づこうとするなら、こうした現代的フィルム機のよさもまたたまらないものがある。

そういうわけで、過去にNikon D750と50/1.8Gで楽しんでいたボケの世界が、Nikon DfとF6で再び帰ってきた。ボケに頼りすぎると写真に遊びが入り過ぎてしまうところがあるかもしれないけど、僕はやっぱりボケのある世界が好き。ボケのある写真のほうが肉眼で見た僕の視界の世界に近いと思うところがあるのかな。絞った写真もクールで好きだけど、その中にボケのある写真が混じり始めたことが最近とてもうれしいのである。なんかボケ、ボケと、ボケという言葉が多い記事になってアレだけど笑。まあ、僕らしくていいか☺︎

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

カメラとブログのいい関係。

Leica M3, Zeiss Planar 50/2, Agfa Vista

僕がブログを始めたのは、一昨年の夏。一眼レフと数本のレンズ、コンデジを楽しむようになって、せっかくだからその軌跡を何かに残そうと思い、たしか夏休みの三日間を使ってこのブログを立ち上げた。

ブログを始めるにあたっていくつか調べてみると、はてなブログとか既成のフォーマットにのっかるものと、ワードプレスのようにじぶんでサーバー借りたりオリジナルドメインを取得して始める方法とがあるのが分かり、だったら借り物の場所で始めるより、じぶんの持ち物としてのブログがいいなとワードプレスで始めることを選んだ。今思うとこれがよかったのかな、身銭を切ってやってるブログだから、放置するともったいない。どこかそんなケチくさい気持ちも働いて、ほぼ毎日更新することがルーチンワークとなった。

あと大きかったのは、曲がりなりにもカメラと名のついたブログにしたこと。カメラの世界はほんと広く、深く、果てしない。僕みたいな素人でも、一旦カメラに触れ始めると、やれ一眼レフだのレンジファインダーだの、さまざまな種類が視界に入り始める。レンズもそう、単焦点だのズームだのオールドレンズだの、カメラ以上に奥深かったりする。僕の場合は、デジイチからコンデジに広がり、やがてフィルムに出会うわけだけど、このフィルムの世界がまた新鮮なことだらけだった。そう、カメラのことをテーマにすると、書くことに困らないのである。ひたすら、書きたいことが出てくるんだな、これが。

例えば僕はクルマやロードバイクも好きだけど、さすがに何台も所有してレビューし続けるのはむずかしい。でも、カメラやレンズならどうかすれば何台かは所有できるし、何より日々撮るものが変わるわけだから変化には富んだテーマといえる。僕はカメラもレンズもある程度揃ったし、もうこれ以上、沼的なものはないだろうと思ったんだけど、あるんだよねえ、やはり。今度はリバーサルフィルムやモノクロフィルムをいろいろ試してみたいという衝動にかられている。次から次へと出てくるんだ、好奇心を目覚めさせるネタたちが笑。

僕の身の回りにはあまり同じようなカメラの趣味の人がいなくて、特にフィルムカメラなんてまず話題に出てくることはないんだけど、世の中はよくできていて、Twitterの中にはいるんだなあ、たくさんの猛者たちが。この人たちのおかげで日々ひっきりなしにフィルムカメラやレンズ、フィルムの情報が飛び込んでくる。ただし、かなり気をつけないと、知らず知らずのうちに背中を押されて、カメラやレンズが無性に欲しくなるんだけどね笑。でもまあ、ありがたいわけです、新しい情報にこうして触れられるのはね。

当たり前だけど、カメラをやってると日々、写真も増える。増える情報と、増える写真、そして増える経験や好奇心を土台にすると毎日ブログを更新することが割と軽やかにできてしまう。二年、三年と書き続けてくると、過去ブログを眺めるのもなかなか楽しかったりもする。今とは異なるその時の感情とか欲望みたいなものを垣間見れるのも、また楽しみ。つまり、カメラをやるなら、ブログもやったほうがいいよ、という話でした。さて、明日も現像五本を出しにいつものキタムラへ。そしてまた新しいフィルムを買って帰るんだろうな。終わりのないスパイラル、嫌いじゃないんだけどね。

カメラでもなく、レンズでもなく、各種フィルムにハマってみようと思う。

35mmフィルムたち

カメラも十分すぎるくらい揃ったし、レンズもひと通りあるから、もうボディとレンズの物色はひと段落して、各種フィルムを試したりおもしろがる方へ時間とコストを投入しようと思っている。

いまいちばんハマっているのはリバーサルフィルム。FUJI FILMのVelvia100、Velvia50、Provia100Fを明日現像出し予定。先日Velvia100でなにげなく撮った写真たちにハートを撃ち抜かれて、フィルムはもうリバーサルだけに集中しようかなと思ったくらいだから。

とはいえ、まだまだ我が家には在庫があって、FUJI PRO 400H、ILFORD XP2、あとFUJI業務用100もまあまあ残ってるから、そのへんをうまく入れ替えながら気分転換を図ろうと思っている。カメラやレンズを換えることで気分転換を図るのもいいけど、フィルムをやるおもしろさは行き着くところ様々なフィルムの味を楽しむことなのかなと。正直コストはそこそこ気がかりではあるけど、そこはデジタルとの併用でうまくバランスをとりながら。まあ、やっぱりフィルムの味はたまらないものがあるからね。

秋雨、空シャッターの週末。

Nikon FE, Ai50/1.8

気のせいか、ここのところの週末は雨が多い気がする。雨なら写真関連書籍でも読むかと割り切ったものの、やっぱりカメラを晴れ晴れと持ち出して撮れないのはどこか寂しい、そういう体質になったんだなとあらためて。

僕の場合は、たぶんだけど、写真そのものよりシャッターを切る行為が好きで、そういう意味ではカメラというプロダクトがすごく好き。なので、写真が撮れないなら部屋で空シャッターを切って過ごすというのはけっこうアリで、今日もメンテナンスがてら手持ちのカメラたちのシャッターを切ってた。

順位なんかはつけられない。どれもそれぞれ心地いい。Nikon F6はいかにも上質にチューニングされた音色をボディ内に反響させる。F2は頭蓋骨に響く独特の甲高い叫び。FEは三男坊のようなおっとりとした癒しの音。D300は硬派な男前のシャッターフィール。Dfは低く引き締まった音が、じんわりその気にさせる。そしてLeica M3はまあまあ、そう騒々しくするなというような大人の音色と、静かでいて確実な手応え。なかなか楽しいんだよね、これが。

僕はメカに強くないから、せめてじぶんでできるメンテナンスとしては、こうして適度にシャッターを切ってやったり、日光の下カメラを日光浴させたりしてあげること。カメラにハマるのは写りだけじゃない、プロダクト愛であり、それを設計した開発者たちへの尊敬だったり憧れだったり。ただ写真を撮るだけなら、こんな官能的なプロダクトたちはきっと生まれなかっただろうなとか妄想しながら。

雨の週末は、カメラ読書なり。

アサヒカメラ、日本カメラ、カメラ上級者になるための基礎知識

いちばん右の本を購入していることがちょっと恥ずかしいが笑、まあでも独学ばかりじゃアレだから必要なのである。それにしても今月の写真関連本は濃い。昨日届いたばかりの3冊なんで、まだアサヒカメラに目を通している途中だけど、スナップ特集はなかなか読み応えがある。

僕の場合は写真関連本はそこそこ買うんだけど、これまで月刊の写真雑誌はあまり買ったことがなかった。ここ一、二年、使ってるカメラがRICOH GRかフィルムカメラだったから、最新機種の記事や商品広告の多い月刊雑誌はあまり読むところがなかったというか、ちょっと見るのに疲れを感じてたんだよね。でも、最近デジイチを再開したんで、そういうデジタルカメラの情報なんかも目にとまるようになってきたし、今月号はスナップ特集とか、あと柊サナカさんの執筆なんかもおもしろそうだったからAmazonで注文した。

カメラ上級者になるための…は、赤城さんや柊サナカさんがツイートしていて、まあこんな分かりやすいタイトルだから気にもなって、ブログやSNSとはいえ一応人様に写真を発信するなら少しはいい写真をポストしなきゃ申し訳ないな、などと思って笑。以前、写真家の小林幹幸さんが発した言葉を取り上げたけど、写真を見ればその人がどんなメディアを見てるか分かるというもの。SNS上の写真ばかり見てるとやっぱりアレだもんね。写真の世界に生きる人たちの生き様のような写真をしっかり見る。それは単に憧れとかじゃなくて、じぶんの目とか感性のチューニングだな。そうやって表面的な時代感みたいなものに流されそうな危うい感性も、たまにきちんと取り戻す。僕にとってはそういう読書。たまには愛犬との寝転がって本を貪り読むのも悪くない。明日は晴れることを願って。