所有カメラは何台が適切なのか。

ついに修理に出していたRICOH GRが帰ってきた。これで手元にあるカメラは全部で7台になった。

デジタルはRICOH GR、Nikon D300、Nikon Dfの計3台。フィルムはKonica C35、Nikon FE、Nikon F2、Leica M3の計4台。故障して直す予定のないFEブラックボディは除いて、計7台。レンズはMF単焦点がボディプラスαあるけど、まあ少数精鋭の範囲。どうかな、僕の中ではこれが所有台数のベストバランスな気がする。

平日のスナップはGRかC35。週末の友はその他5台のカメラたちをローテーション。これまで試してみた感じでは、どれも1〜2週くらいのサイクルで満遍なく登場の機会があったから、この台数なら長期間お休みのカメラは出てこない。カメラのメンテナンスは使ってなんぼみたいに思ってるから、僕的には所有台数のバランスはけっこう重要だ。

Twitterの中のカメラ好きな人の中には、この人数十台は持っているのでは…という風な人も見かける。ボディだけじゃなくて交換レンズの数も入れたら、ちょっと想像がつかないような数なんじゃないかと思う人もいて、どれくらいの頻度で所有カメラをすべて使いまわしてる感じだろうかと素朴に思ったりしてるんたけど、実際のところどうなんだろうね。

一方で断捨離してる人もいる。僕も以前一度断捨離をして、カメラはGRだけにして一年間過ごしたことがあるけど、そうやってみんなカメラやレンズを増やしては、いいものだけを残して断捨離を繰り返しているような状態なのかな。カメラやレンズというのは、実際に使ってみないとその良さを確かめられないところがあるから、そういう意味ではカメラやレンズが増えていくことは、最終的にいいカメラとレンズを絞り込んでいくために必要なプロセスなのかもしれないけどね。僕はどうかな、ボディあと1台、レンズでもあと2〜3台が使いまわせる限界な気がするなあ。それとも、もう少し増やしては振るいにかける感じか。ほんとカメラ道とは一生、試し撮りなんだよね。

毎週明けのカラーネガ現像出し、更新中。

今週は現像出しは無しかなと思っていたんだけど、鞄の中のKonica C35を取り出して入りっぱなしのフィルムで撮ってみたら、無事(?)一本撮り終えました。この春にフィルムを始めて以来、なんだかんだで毎週明けには必ず数本のカラーネガ現像出しをしていたから、ここで記録が途切れなくてよかった笑。

たしか前回にC35にフィルムを入れた時は業務用100を持ち合わせていなくて、Pro 400hを入れたんだよね。C35はレンズ下の感度を400にセットし直せばあとはピントを合わせるだけのオート撮影が可能なんで、実に楽チンでスナップが撮れる。実際は距離計は無限遠がほとんどだから、ピントすらも合わせる必要がなく撮れる。まあそれでも、いざという時はファインダーの中でピントが合わせられる、そんな安心感も持ち合わせたレンジファインダーだ。

これで今週も現像出しフィルムが一本できた。そろそろ買い置きの業務用100の在庫が残り少なくなってきたから、現像出しのついでに10本パックを買って帰ろう。デジタルの楽しさも復活したここ最近ではあるけども、やっぱりフィルムはいいもんで、こうして合間合間に癒し撮影している。それもこれも、いつも鞄の中にフィルムコンパクトを入れているから。常に持ち歩けるカメラがあると、日々はちょっとおもしろくなる。

ぐるぐるボケしてる気がする。Df×AF-S 50mm/f1.8Gと秋桜。

花の配置のせいかな。よく見るとぐるぐるボケしてるようにも見えるんだよね。撮影は50/f1.8GをDfにつけたもの。撮った時はモニターをあまり見ていないから気づかなかったんだけどね。

僕はまだまだカメラやレンズのことは詳しくないから、ぐるぐるボケなんていうのも言葉くらいしか知らない。どんなレンズ構成だったらそういう現象が起きるのかもよく分かっていないんだけど、その無知なところがカメラに惹かれる理由かもしれなくて、こうして特徴的な現象に会うとニヤリとする。

さて、9月も今週でおしまい。夏を過ぎるとほんとマッハの速さで時間は過ぎて行くよね。毎年のことだけど、今年もやり残してることは多い。残り三ヶ月で挽回したいなあ。

撮られてることを意識させないことこそ、ライカの最高性能だと思う。

きょうはライカM3に初めてEktar 100を入れて、外へ連れ出してみた。といっても、わざわざ撮影に出かけたんじゃなくて、家族とのお出かけに同行させた、というライトな外出なんだけどね。撮ったのは、ほんの5枚だけ。妻と息子の写真だ。

僕が撮る写真はほんとになんの変哲もない日常のスナップで、人を撮るのはほぼ妻と息子だけ。息子が小さい頃はNokiaやiPhoneのカメラで息子の成長を撮り、三年ほど前からはカメラで撮るようになった。カメラで撮るようになって変わったことといえば、息子も自我が芽生えて写真を撮られることを嫌がるようになったことかな。正確にいうと本気で嫌というよりは照れ臭いんだと思う。だから、息子をカメラで撮る時は、遠目から望遠で撮ることが多かった。でも、近ごろはもうひとつ息子の撮り方が増えた。それは、ライカで撮るということ。

僕のライカはM3。ほかのライカのことは正直よく分からないけど、M3について言えば、とにかくシャッター音が静かだ。それは単に音の音量ということだけじゃなくて、その振動というか、撮ってる佇まいからして静かといえばいいだろうか。ふだん一眼レフを使っている人がM3で撮ると、ちょっと驚嘆するレベルだと思う。実際、僕が初めてM3のフィルム巻き上げからシャッターを切ってみた時は、そのあまりの滑らかさと静けさに思わずため息が出るほどだったから。

カメラで撮られることを嫌がる息子も、じぶんがカメラで撮られているとは気づかないのであれば、もちろん嫌がられることもない。さすがに正面から撮る時は撮られることを意識させるけど、横顔とか斜めから撮るようなシチュエーションだと、どうかしたら息子は撮られていることは気づかない。本屋で立ち読みに夢中になっている息子の姿を何度となく斜めとか横からそっと撮ってきたりしたけど、M3で撮る時はまず息子は撮られていることに気がつかない。だから、僕は家族と出かける時に持ち出すカメラとしては、フィルムカメラならM3であることが多い。

まあ、息子にしてみれば、いつの間にか撮られているのもどうかと思うかもしれないけど、父としては一枚でも多くの息子の普通の姿を撮り残してあげたくてね。息子が撮られること自体を嫌がるんじゃなくて、照れ臭いのであれば、せめて撮られていることを感じさせずに撮っておいてあげようと思って、お節介だけどそんな日々を送っている。ライカM3、やれオーバークオリティな機械の手ごたえとか、美しく優れたファインダーとか賛美されるわけだけど、僕はこのカメラの最高性能はこの驚異的な静かさだと思っている。無音じゃなくて、撮り手にはシャッターを切っていることをしっかり感じさせるのに、撮られている人にはそのことを意識させないカメラ。これこそがM3の真骨頂だと。それはつまり、街中でスナップを撮る時の最大のメリットとも言える。ライカとはその価格から言えば何やらたいそうなものを撮るためのカメラと思いがちだけど、この何気ない日常をそっと撮ることこそに真価を発揮するカメラなんじゃないかな。少なくとも僕にとってはそういう意味での最高のカメラだったりする。

50mm/f1.8Gは無意識に花とか撮らせるよね。

僕がこうして花だけをクローズアップして撮るのは何年ぶりだろう。今朝も愛犬との散歩にNikon DfとAF-S Nikkor 50mm/f1.8Gを連れ出して散歩カメラしてきたんだけど、そうすると無意識のうちに花を撮ってるんだよね。まあ、家の近所の住宅地だから、他に撮るものがそれほどあるわけじゃないというのもあるけど、フィルム一眼レフやレンジファインダーなら撮っていない。片手でなかなか撮れないのと、あまり被写体に寄れないカメラというのもあって、割とF値を絞って少し引いて撮るからね。そういう少し引きのスナップに慣れると、こうして久しぶりに花に寄って撮るのは新鮮だったりする。これはやっぱりAFの50/1.8を購入したおかげだろうね。Dfにオールドレンズをつけて撮り歩くのも楽しいけど、愛犬との散歩のついでに片手で気軽にシャッターがきれるのは、それもまた現行レンズらしい散歩カメラの楽しみ。しばらく散歩カメラはこの組み合わせでいこうかな。愛犬がもう少し大人しくなるまではね笑。

年間でプリント商品が10%引きになる「フォトカルチャー倶楽部」はかなりお得。キタムラのユーザーはぜひ。

カメラのキタムラを利用している写真愛好家の人にはおなじみかもしれないけど、「フォトカルチャー倶楽部」というものがある。僕も最近入って、ようやく会員証が会報誌と共に届いた。

このフォトカルチャー倶楽部は、年会費1,500円をキタムラで払って入会すると、一年間、キタムラで購入するフィルム代や現像代、プリント代が10%引きになるけっこうお得な倶楽部。僕は以前デジカメを買った際に入っていたんだけど、その頃はプリントはあまりしなかったから一度は退会していたんだけどね。フィルムを始めるようになって、毎度カメラのキタムラでフィルムを買うようになり、ある日店員さんから「けっこうフィルムを使われているので、フォトカルチャー倶楽部に入られたほうがお得だと思いますよ」と言われて。たしかに、年会費1,500円だと年間15,000円分の買い物をすれば元が取れる。フィルム、現像、プリント、これは確実に15,000円を超えるので笑、キタムラを利用する人でフィルムユーザーは絶対入ってたほうがお得だよね。

あと、会員には何に4回、写真情報誌として「四季」という雑誌も届く。50頁くらいの雑誌だけど、写真をやる人にはちょっとした読み物としていいかもしれない。あとは全国のスタジオマリオの利用料も10%引きみたいだね。フィルムカメラは楽しいけど、ランニングコストはなかなかバカにならない。少しでも安いと助かるし、その分フィルムが買えたりボディが買えたりもするしね。僕も早速その恩恵を受けているところ。じぶんではなかなか自家現像する余裕はないけど、ランニングコストは少しでも浮かせて楽しみたい、という人には、じへおすすめだな。詳しくはこちらのサイトで。

久しぶりのAF-S Nikkor 50mm/1.8Gは抜群に軽快だった。

やんちゃな愛犬との散歩カメラは、フィルム一眼レフだとどうしても操作が慌ただしい。その点、DfとAFレンズの組み合わせは軽量で、片手で撮れるのがいい。今週購入したAF-S Nikkor 50mm/f1.8G Special Editionを装着して、早速、試し撮りの散歩カメラへ出かけてみた。

最初は絞り優先で開放気味に撮り始めたんだけど、途中からシャッタースピード優先へ変更。ファインダー内の露出計で変化する絞りを確認しながら撮ると、露出の勉強になる。

久しぶりの50/1.8Gはやっぱり気持ちよかった。その軽さ、AFの俊敏さ、ボケの柔らかさと絞った時の鮮明さ、このあたりはさすがに現代のレンズだけあって、とにかく楽に、いい意味で一眼レフを意識せず写真を撮ることができる。なんせ、あちこち動き回るやんちゃな愛犬と一緒の散歩カメラだから、この軽快さはありがたい。

デジタルとはいえ、Dfで撮ると不思議とモニターはあまり見ない。フィルムカメラで撮り慣れると、撮った写真をその場で確認したい欲求が無くなっていったのと同じように、Dfもどこかそういう雰囲気を持ち備えたカメラだと思う。写真をじっくり確認するのは、家に帰ってからMacBookにつないで写真データをPCに取り込んでからとなる。それがフィルムの現像のような時差があって、なんだか悪くない。

あと、50mmってやっぱりいいなと思った。街中や絶景のスナップなら広角レンズは使いやすいけど、こうして家の近所の住宅地を散歩するようなシーンだと28mmや35mmは多少周囲が写り込みすぎるところがある。でも、この50/f1.8Gならまさに丁度いい絵の切り取り方が楽しめる。そんな楽さも手伝って、土曜日の朝からけっこうな枚数のシャッター音を堪能することができた。

カメラやレンズはひとつあれば写真は撮れるけど、複数台あればその分だけ世界が広がるところがある。Nikon DfとAF-S Nikkor 50mm/f1.8G、またひとつ新しい世界が僕の中に広がった。

イルフォードXP2を補正なしでデータ化してみた。赤味が消えて、これはいいかも。

これまでも何度かイルフォードXP2のことには触れてきたけど、その続きということで。このネガフィルムXP2はカラー現像機で現像可能なモノクロフィルム。モノクロ現像機が無くてもカラーネガと同じようにスピード現像できるんで、僕は気に入ってたまに使っている。ただし、さすがにカラー現像であるせいか、純粋なモノクロというより赤味のある写真になることが少し気になっていた。そこでキタムラの店員さんと相談して、試しに「補正なし」で現像データ化してみたのが、このブログの写真。お、なんかいいなと。

濃淡は多少薄いけど、それは僕の露出があまいのかもしれないし、なにより赤味はほぼ感じられず、なかなか悪くないなと。僕はもともとモノクロ好きで、フィルムを始める前はデジタルのRICOH GRで好んでモノクロスナップばかりを撮っていた。フィルムでもモノクロが撮りたくて一度は普通のモノクロフィルムを買って撮ってみたんだけど、現像に10日間程度かかること、あとデータ化もDVDにフィルム20本分を入れる仕様になっていて、もっとカラーネガのようにモノクロフィルムが使える方法をいろいろ模索していたんだよね。そこで知ったのが、カラー現像機で現像できるモノクロフィルム、イルフォードXP2 400だった。

やっぱりモノクロはスーッとして気持ちいいな。これくらいモノクロが綺麗に出るなら、モノクロ変換せずとも撮って出しで使える。ラボによってやり方はまちまちだろうけど、僕が現像データ化しているキタムラは「XP2は補正なしで」に決まりだな。ちなみにカメラはNikon F2、レンズはAi 28mm/F2.8でした。

そして、どのカメラも50mmになってきた。

強く意図して選んだわけではないのだけど、僕の手持ちのカメラたちは結果、ほぼどれも50mmのレンズになってきた。Nikon FEはAi 50/f1.8、Nikon F2はAuto 50/f1.4、Leica M3はツァイス・プラナー50/f2、そしてDfはAF-S 50/f1.8G。コンパクト2台と望遠用D300以外は、常用装着レンズはどれも50mmに落ち着いてきたわけだ。

28mmも35mmも楽しい。ズーム43-86mmも18-200mmもシチュエーションを選ばない万能感がある。けれど、行き着くところ50mmにおさまるじぶんがいる。50mmはどちらかというと簡単ではない。遠くもなく、近くもなく、言いようによっては中途半端な50mmの世界は、実は写真を切り取る上では容易くない画角だ。でも、巡り巡ってそこにたどり着くというか、結果その画角が気持ちいいことが、いろんなレンズを使っていくうちに分かってくるんだ。

50mmは平凡か?。いや、僕にとってはいちばん難しくもあり、でも最後に帰ってくる基本の場所という感覚がある。広角と比べると無造作には撮りづらい、なんというかちょっと考えて撮ることが求められる50mmの世界。Leica M3が標準として世に送り出したその画角は、やっぱりどこか神がかっているのである。そして、にんげんとはあえて分かりやすくないもののほうが魅了されるのである。不思議とね。

フルサイズFX最軽量のDfに、NIKKOR最軽量の50/f1.8Gをつけて。

このタイトルの表記はおそらくなんだけど。Nikonのフルサイズ機であるFXシリーズの中で最軽量のDfと、現行AF-S NIKKORラインナップの中で最軽量であろう50mm/f1.8Gの組み合わせは、僕の想像を超えて文字通り「軽い衝撃」だった。

この50/1.8Gを所有するのは初めてではない。実はこのレンズは僕が初めて手にしたレンズであり、過去にD5300とD750に装着してその魅力は十分すぎるくらい知っている。いかにも一眼レフらしい豊かなボケが堪能できて、しかも特筆すべきはその軽さ。過去にもブログで触れてきたけど、このレンズと一眼レフの組み合わせの驚くほどの軽快感が、僕に一眼レフの重さを気にさせない印象を最初に植え付けてくれた。けれど一度は手放して、フィルムカメラとMFレンズへ移行した僕にとって、もう手にすることはないだろうと思っていたAFレンズ。それが、またこうして僕の手元に帰ってきた。今度はDf専用のスペシャルエディションとして。

写真のように、このスペシャルエディションの50/f1.8Gは通常のモデルとはデザインが異なる。通常タイプはいわゆる現行Nikkorと同様にブラックにゴールドがあしらわれたデザインだけど、このスペシャルエディションはDf同様に往年のオールドニッコールをモチーフにしたブラック&シルバーのデザイン。まさにDf登場のために用意されたDf専用デザインのレンズだ。Df唯一のレンズキットでもある。僕はDfには手持ちのMFレンズたちを装着しようと、Df購入時はボディだけしか買わなかったんだけど、このフルサイズ最軽量のボディをもっと堪能しない手はないと思ったのと、このレンズの作例を見た時に現行レンズらしいキレのある描写にあらためて驚き、もう一度買い直すことを決めた。ブラックにシルバーの細いラインが入るデザインは、Dfに実によく似合う。そして、おそらくDfに唯一似合う現行レンズではないだろうか。それが再び僕に50/f1.8Gを手にさせる決め手となった。

僕にとってカメラの軽さとはかなり重要な要素で、スナップを撮る楽しみの上では、軽さこそ最高性能かもしれない。その軽さがカメラを外に連れ出しやすくするし、僕の脚も自然と散歩カメラへ向かう。その意味で、このDfと50/f1.8の組み合わせは、フルサイズながら最強といっていい。D750と50/f1.8Gの組み合わせ以上に軽いその持ち心地は、実にスナップ心をくすぐってくれる。価格も現行レンズの中では最軽量。とにかく今は週末の散歩カメラが楽しみでならない。Dfとオールドニッコールをマニュアルで楽しむことが僕の原点ではあるけれど、一本は持っておきたいと思わせるAF単焦点レンズなのである。