八月最後の夜を、達郎のナンバーと。

この夏もいろいろあった割には、あっという間だったな。こどもの頃はあんなに永遠に思えた夏が、大人になるとこうも一瞬に感じるのはなぜなんだろうね。歳のせいか、仕事を持っているせいか、インターネットがあるせいか、とにかくマッハの速度で夏は駆け抜けていった。

プールのある夏、フィルムのある夏、そしてデジタルカメラを再び手にした夏。あ、愛犬もやってきた夏か。息子が親元を本格的に離れてキャンプに行った夏でもあるし、仕事もなかなかエキサイティングな夏だった。まあ、あっという間だったなと思える時間は、割といい時間を過ごしたという証なのかもしれない。

そんな夏もきょうで気分的には終わり。明日から九月、いよいよ秋がやってくる。秋を好むようになったのはカメラをやるようになってからかな。大地がポジフィルムのように鮮やかに色づく季節。ファインダーの中で見る秋は大袈裟ではなくかなりロマンチックだ。フィルムで、そしてデジタルでも、この秋を濃厚に堪能したいね。みたいなことを考えながら家路へ向かうバスの車内。夏に別れを告げるように達郎のナンバーを聴きながら。

カメラやレンズ、フィルムがどれだったかは、気にしなくなった。

カメラも、レンズも、フィルムも、それぞれのことには興味があるし、考えるのは楽しい。だけど、いざ現像があがった写真においては、それをどのカメラやレンズ、フィルムで撮ったかは近ごろあまり気にしない。それよりは、撮れた写真のじぶんなりの良し悪しだけしか気にしていないじぶんがいる。

本当は、できあがった写真とその時の撮影仕様を照らし合わせて、その後の撮影の学びや教訓にしないといけないんだろうけど、僕はそこまで深くは写真を分析はしない。もうほんとに、直感的にじぶんが好きかどうかしか見ていなかったりする。だからなかなか上達しないんだろうけど、それが僕の写真に向き合う本音のところ。この無頓着さは絶対プロには向いてないね笑。

カメラやレンズに詳しい人はほんと驚くほど詳しくて、僕なんかはそういう人の知識を見るに、ほんといつも凄いなあと感心してる。ボディやレンズ、画角、露出の数字、きっとメモしてるんだろうし、その仕上がり写真と照らし合わせてレンズの違いとかセッティングの微妙な差異を研究してるんだろうなと。僕はとてもそこまで細やかじゃないし、写真をまだまだ感覚的にしか見れていない。もう3年もカメラで撮り続けてるけど、そこのところはカメラを始めた当時と今を比べてもあまり意識は変わっていないから、きっと僕はこれからもこんな感覚的に写真を撮り続けていくんだろうなと。それがいいことなのか悪いことなのかは分からないけど、いちばんカメラたちと居心地のいい距離感で付き合っていきたいと思う。

RICOH GRで慣れ親しんだ28mmを、フィルム一眼レフでも。

週末撮ったフィルムの現像受取でキタムラに立ち寄った際に、ここのところ気になっていた画角28mmのMFレンズを購入した。28mmの世界は初めてではない。半年前にフィルムカメラを始めるまでは、約一年間ほどGRだけで写真を撮っていて、35mm換算で28mmのGRは嫌というほどスナップを撮りまくったおなじみの画角でもある。そんな慣れ親しんだ画角だから、フィルムカメラでもそろそろあの広角の目で撮ってみたいと心のどこかで思っていたのかもしれない。

購入したのはAi Nikkor 28mm/F2.8。Auto Nikkorの広角レンズと見比べてどちらにするか悩んだりもしたんだけど、最終的には僕の手持ちのNikon機すべてで使えるAi Nikkorにした。僕の所有するNikon機はNikon FE、Nikon F2、そしてデジタルのNikon D300の三台。Auto NikkorだとF2でしか使えないけど、Ai Nikkorならデジタル一眼レフであるD300でも使用できる。D300はAPS-Cなんで35mm換算だと42mm程度の画角になるが、それも含めておもしろい画角だなと思った。

28mmという画角は慣れるまでちょっと時間がかかる。少なくとも僕はそうで、GRで撮り始めた頃は正直苦手意識があった。とにかく思った以上に周囲のものが写り込むんだよね。標準レンズといわれる50mmに慣れていると、28mmは”広大”。それは同じく広角といわれる35mmの比じゃない。でも慣れてくると、これくらいスパンスパンとスナップが撮れる画角もないと思えてくる。それはたぶん、上下左右にいろんなものが写り込む分、そこにシーンというかストーリーを想起しやすいからじゃないかと思うんだけど、どうだろう。

フィルムを始めてからは、レンズは50mmと35mm、あとフィルムコンパクトの38mmで撮り続けてきた。そこからさらなる変化を楽しむとするなら、広角に行くか、望遠に行くかという選択肢があるけど、僕はまず広角に行ってみたいと思った。それはGRで見続けていた28mmの世界を懐かしむ感情もあるかもしれない。でもGRと一眼レフが決定的に違うのは”ファインダーの有無”。28mmの世界をファインダーを通して見てみたいという好奇心が、僕を突き動かした。この週末が楽しみになってきた。カメラの楽しみはやっぱり尽きないのである。