ラフに使えるおすすめの散歩カメラ、Nikon FE。

7月最後の日曜日、きょうも猛烈に暑かった。プールも休みだし、体を動かしたいけど、写真も撮りたい。そうだ、一石二鳥の散歩カメラだと思い立ち、Nikon FEにフィルムを入れて一時間半ほどのらりくらり散歩カメラしてきた。

バッグにはフィルムコンパクトのKonica C35も入れていたけど、週末くらいはやっぱり一眼レフで撮りたいと思い、FEで9割、C35で1割という感じで散歩スナップを撮って歩いた。レンズは35mm、フィルムは業務用100、FEはずっと肩からぶら下げて歩く。この組み合わせはとにかくラフにサクサク撮れる。しかもFEは絞り優先で撮れるから、それもまたシャッター回数を加速させる。

このNikon FE、昨今人気の機械式シャッターであるFM系と比べると電子式シャッターということで人気薄なところがあるようだけど、絞り優先で撮れるというのはやっぱり便利で、ファインダー内の追針式の露出計を見ながら撮るのはやはり楽ちん。金属ボディで丈夫だし、こうして半世紀経っても使えていることを考えると、十分頑丈なカメラ。安くて使い勝手がよく丈夫なフィルムカメラを探しているビギナーの人にはほんとおすすめの一台だと思う。

僕はあまりそうした知識がなくて、たまたま中古カメラ店で目が合って惚れた一台がこのFEだったんだけど、おかげで手軽にフィルムを始められたし、デジカメで使い慣れていた絞り優先で撮れたからとっつきやすくもあった。写りもそこはやっぱりNikonだからレトロな質感を味わいつつもしっかり撮れる。あまりのコスパのよさに、僕はもう一台ブラックボディのFEもその後入手した。

僕はLeica M3とNikon F2も所有しているけど、さすがにこの二台は大事に使いたいという思いもあって、汗や日光が気になるウォーキングの友としてラフに外に連れ出すのは気がひける。でもFEならそこまで神経質にならず、手軽に肩からぶら下げて外に持ち出せる。いつもカメラといたいという人には、こうしてラフに使い倒す用のカメラを一、二台持っておくと、なにかと便利で都合がいいし、カメラライフがよりひろがると思う。

やりたいことは、いまやろう。

もちろんそこには時間が必要だったり、お金が必要だったり、いろいろ制約もある。でも人生は子どもの頃に想像したほどは長くない。僕も人生でいえば半分を通り過ぎてシニアのほうが近い歳になり、いま人生を挽回するような気持ちでいたりもする。やりたいことは山ほどあるけど、時間はそれほどないことにも気づく。定年を迎え、さあやりたいことをやろうとした時に体が言うことを聞かなかったシニアの人が若者にいった言葉、「君は、やりたいことは全部今やれ」。それはけっこう人生の真理のような気もする。若い頃はひたすら仕事を趣味にしてきたけれど、なんとか体が言うことを聞くうちに、僕はやりたかったことは後悔しない程度にやり尽くしたいなと考えている。家族には迷惑をかける局面もあるかもだけど、それでも後悔を常に背負った僕よりは、生き生きとしている僕のほうが家族のためにもなるんじゃないかと。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

フィルムを変えるより、僕が変わったほうが早いや。

初めてFUJI PRO 400Hで撮った。いつもいちばん安いフィルム FUJI業務用100で撮っている僕の初めてのプロ用フィルムだ。いやあ流石だ、とか言いたいところだけど、率直な感想として業務用100で撮った写真とさして変わらないなあと。正確にいうと、見る人が見ればPRO 400Hらしい描写の差異があるのかもしれないけど、撮った僕の心象というか狙い的にはさして変わらないのである。

考えてみると、フィルムを変えたことだけで何かいい写真が撮れるんじゃないかと思ってパシャパシャ撮ってしまったじぶんがいるようにも思う。写真のトーンがどうのこうの言う前に、撮り手の僕がフィルム頼みみたいになってしまったのかも、とかふと思った。写真は簡単に撮れるけど、だからといって簡単に思ったような写真が撮れるわけじゃない。プロ用フィルムを使ってみて、さして変わらないじぶんの写真を見て、そんなことを思った。

気分転換という意味ではフィルムを変えるのはいい方法だけど、僕はまだまだその前にじぶんを変える必要があるなと思った。写真を撮る意識とか技術とか気分とか。もっとそのあたりをあたためていったほうが写真の変化を楽しめるってね。業務用100でまだまだ勉強だ。というか、業務用100でフィルム写真を好きになったから、僕にとってのいい写真とはその延長線上にある気がしている。

じぶんのために撮った写真が、誰かのためになったら、それはちょっと素敵なことじゃないだろうか。

この写真は、分かる人には分かる一枚かもしれないけど、福岡の志賀島に続く海の中道を上空の飛行機の中から撮ったもの。この写真ではないけど、以前同じような写真をInstagramにポストしたら、今は東京に住んでるけど福岡出身の人から「子どもの頃よく遊んだ思い入れのある場所で、懐かしく思える写真をポストしてくれてありがとう」と言われたことがある。

僕自身も他の人が撮った写真に日々癒されたり、懐かしさや楽しさ、発見なんかをもらっている。例えば写真家の林ナツミさんが今、大分県別府市に暮らされていて、そこからInstagramなんかを発信されているんだけど、実は別府は僕の生まれ故郷で、写真の中によく懐かしい光景を見つけたりして、一人ほっこりしていたりする。故郷と林ナツミさんという愛すべき組み合わせの写真がこうして日々見られるというのは、僕にとって決して小さくないエネルギーになっていたりするんだよね。

Twitterの中でも、いろんな方たちのいろんなシチュエーションの写真に、いつも驚きや発見、刺激をもらっている。プロの写真家の人たちは誰かに見せて喜んでもらうことを前提に写真を撮っているだろうけど、僕ら一般の写真愛好家はまずもってはじぶんが気持ちよくなるために写真を撮っているわけで、とりわけ何気ないスナップショットなんかは僕なんかにしてみればほんとに自己満足で撮っているわけだけど、それでもたまに写真に感想なんかを寄せてくれる人がいる。これは実はけっこう凄いことだし、素晴らしいことだよなあと。

誰かを喜ばすために撮る写真はもちろん素晴らしいけど、こうしてじぶんのために撮った写真が誰かのためになる、それもまた相当素晴らしいことだし、写真ならではのとても素敵なおもしろさなんじゃないかなと、あらためて。

フィルムで、カメラがもっと好きになる。

僕がこうしてブログをコツコツと続けられているのは、僕の記憶のストック場所ということもあるけど、少なからずブログを見てくれている人がいるから。今夜もTwitterでとある写真好きの方がこのブログのことを紹介してくれて、嬉しかったし、励みになった。印象的だったのは「カメラがもっと好きになるブログ」というような紹介をしてもらったこと。このフレーズはじぶんでもすごく新鮮だった。

僕はひとにカメラの機能や性能を教えられるほどの知識はまったくないし、撮る写真にしたって芸術性も創造性もない。だから、そういうカメラ知識や撮影テクニック、作例レビューなんかはもっと詳しくブログやツイートで紹介されてる人をチェックしてもらったほうがいいと思っている。僕だってそうしてるし。でも、僕がそうなように、カメラの知識云々よりも、カメラがあると日常がちょっと豊かになる感じを考えてみたいという人のためなら、こんな僕でも少しはお役に立てる記事が書けるんじゃないか、みたいなことを励みにこうしてブログを更新していたりする。

実際、カメラがあることで僕の毎日は、時間を素通りさせずに、わずかずつだけど時間が止まる抑揚のようなものが出てきた気がする。そして、フィルムにたどり着いた今、写真を撮ることの本質的なおもしろさを一から見つめ直す楽しさを感じているし、それを色濃く体感させてくれる個性豊かなフィルムカメラたちに本当にワクワクしている。そんなフィルムカメラビギナーでもある僕の日々思うこと、感じることが、誰かの参考になったり役に立ったりすれば、こんな嬉しいことはないなと。このブログに驚くような発見はないけれど、そう、カメラのことがもっと好きになる小さな発見の数々を少しずつ綴っていけたらなと考えている。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

僕の撮る写真は主にブログ用だけど、家族の写真はプリントしてる。プリントはいいよね、何度でも眺めたくなる。

この写真は以前の記事にも一度使ったかな。家族の写真はブログやSNSにはあげないんだけど、この写真はボケてるからあげられる笑。

僕がふだん撮る自然や街並みのスナップは主にブログ用なんで、現像したらプリントはせずにデータ化する。考えてみると、こうしたスナップをプリントしたのは、フィルムを初めて現像した時だけかな。Nikon FEの試し撮りをカメラのキタムラに持ち込んで現像したんだけど、あがってきた時の感動は今も忘れない。なんてことない梅の写真だったけど、あ、この世はこんなにも美しいのかと思ったから。でも、あの日以来、ふだんのスナップはプリントはしていない。コストのこともあるし、僕自身がプリントしたくなるほどの写真の腕前ではないこともあるしね笑。

でも、家族の写真だけはすべてプリントしている。これはiPhoneで撮ってた頃から変わらない。息子が小さい頃からほんとたくさん撮ってきた。本人はもう撮られることには飽き飽きしてるようだけど笑。だからプリントした写真のアルバムは山のようにある。僕はあまり子どもの頃の写真が多くないから、息子にはたくさん思い出写真を残してやりたいという気持ちがどこかあるんだとも思う。フィルムを始めてからは、特にフィルムプリント写真を一枚でも多く残してやりたいという思いが強くて、撮られるのを嫌がる息子を、こっそり撮ったり、今は嫌でも将来宝物になるとか言い聞かせて記念写真を撮ったりして、後日キタムラでプリントしている。家に持ち帰ると、撮る時は文句を言ってた息子もプリントをしばらく眺めてるから、やっぱりプリントには何かコミュニケーションを生み出す力があるんだと思う。これからも撮られることを嫌がる度合いが強まる年頃になってくけど、なんとか一枚でも多くの写真を残してあげられたらなと、父は思う。

そういえば僕はせっかくフィルムで撮ってるのに、プリントする時にデータからプリントしてしまうことばかり。それは現像する時に一度すべてデータ化してしまってプリントを頼む時は後日だから、ネガをわざわざ持ち出すことを面倒くさがってiPhoneに入れているデータからプリントしちゃうんだよね。これはもったいない。プリントするなら絶対ネガからがいいと誰かが言ってた記憶があるから、そうしなきゃ!といつも思うんだけど、ズルズルと続いちゃってる駄目な習慣。あらためよう。

YouTubeでみつけた早田カメラさんの「M3をばらす」。

YouTubeで「名機の肖像 -M3篇-」を見ていて、何気なく見つけた動画「M3をばらす」というのがとても興味深くておもしろかった。ばらしを担当したのはおなじみの浅草の早田カメラさん。ライカの精密さも凄いけど、それを知りつくした早田さんの言葉や手さばきも凄い。その、かつての職人と現代の職人との対話みたいなものが、見ていてとてもそそられるんだよね。

僕はカメラの知識はほとんどないし、機械に強いほうでもないけど、こうしてじぶんの所有するカメラのルーツとか内部構造を知ることはやはり興味深い。ライカのM3はたしかに絹のような滑らかな動き、それでいて確かな手ごたえ、それを感じさせない静かな動作音など、どうしたらこんな構造が半世紀以上前に作れたんだ?というのは気になるところ。そういう時空を超えた感激みたいなものが、この動画を見ると静かに込み上げてくる。

“機械はドイツ”とよく言うけど、日本も世界を席巻したMADE IN JAPANの匠の国。カメラがこのドイツと日本で発展し、世界をリードしているのはいかにもな感じがするし、そのうちの日本に暮らし、こうして世界をリードするカメラたちを手軽に手にすることができるのは幸福なことだと思う。それにしてもM3、エレクトロニクスを一切使わずにここまで確かでスムーズなものを作り出したその驚異のオーバークオリティを目の当たりにすると、もう半世紀後もきっと実用で動いている気がするな。100年動き続ける実用的機械製品って、後にも先にも機械式カメラしか存在し得ないんじゃないかな。凄いよね、まったく。

正直、じぶんがここまでハマるとは想像していなかった、フィルムカメラ。

もうすぐ8月になるけど、僕がフィルムカメラを初めて手にしたのはほんの5ヶ月前の3月。その間にフィルムカメラは5台になり、フィルム撮影枚数は2,000枚になった。唯一のデジカメであるGRでもたまに撮るけど、今では日常ほとんどの撮影はフィルムカメラだ。おかげで、このブログも、写真倉庫にしているInstagramも写真はフィルムのものになり、ブログの話題もフィルムカメラのファインダーを通した視点のものが多くなった。以前は、ブログに立ち寄ってくれる人もGR興味の人が多かったけど、近ごろではフィルムカメラに興味のある人がのぞいて感想などくれるようになり、そんな人たちの役に立てばいいななどと想像しながらブログ記事をこしらえることも多い。人は、もしくはじぶんの身の回りの世界は、半年もあればガラリと変わるんだなとちょっと驚いてもいる。

そもそも僕はフィルムを敬遠していた側の人間だったと思う。フィルムユーザーたちが撮るフィルム写真の質感に憧れのようなものはあったけど、わざわざフィルムを買って、現像に出して、撮れたかどうかその場で確認もできなければリアルタイムにシェアできない写真というのは、面倒くさがりのじぶんにはちょっと無理な世界だと感じていた。それが今では、現像あがりまでの時間が楽しみだし、現像ついでにフィルムを買ったり中古カメラコーナーをのぞいたりするサイクルが生活の中にすっかり根づいて、それが僕の日常のアクセントにもなっている。

カメラへの興味も、なんというか新製品への興味は特に無くなって、純粋に欲しいカメラ、じぶんの嗜好にあったカメラを、山ほどある中古カメラの中から探し求めるようになった。これはデジタルの時にはまったく見えていなかった世界で、こんなにもカメラの世界は広く深かったのかと本当に今ワクワクしている。カメラ産業はスマホカメラに駆逐されてシュリンクしていると言われるけど、そこに何か復活の突破口があるとするなら、僕は間違いなくフィルムが鍵を握っていると考えるようになった。写真という軸で考えるとデジタルもフィルムも同じように括られるけど、スマホカメラと競合するのはデジタルカメラであって、フィルムで得られる満足感はそれらとはまったく別物だと。つまり、スマホカメラのある時代にあっても、フィルムならカメラを敢えて別に所有する意味が十分すぎるほどある。僕はスマホカメラから始めてデジイチに移行し、フィルムカメラに辿り着いた人間として、そう思う。

それだけに、フィルムカメラがもっと普通になってほしいというか、変にマニアなものになってほしくないなという思いがある。フィルムカメラや写真への興味がやがてこだわりになりマニアックなものになっていくのはいいのだけだ、フィルム派がなんだか玄人の世界みたいに語られると、それは結果的にフィルムカメラによるカメラ産業復活の芽を摘んでしまう。写真が好き、カメラが好きというのと、それらに詳しいかどうかはまったく関係ない。フィルムカメラに興味を持ち始めた若者たちがこれから「写真を楽しむ=(フィルム)カメラを持つ」ことがもっともっと自然になればいいなと思う。

最近そこにいい風が吹いてるなと思うのは、フィルムカメラの敷居をどんどん下げてくれている中古カメラ店がいくつもあって、本当にライトな語り口でその普及につとめている姿を見れること。フィルムカメラをマニアックなものにするのではく、空気のように自然なものにする。それが進めば、もしかしたらこの星の文化までも変えるんじゃないかと僕はひそかに考えている。案外、スマホより未来を変える可能性を秘めていると思うよ、フィルムとフィルムカメラは。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

ライカの静かなシャッター音は、古い町の営みにもやさしい。

夏休みの初日、平日なら空いてるだろうと、少し車で駆けぬけて古い町並みを撮りに来た。到着してみると案の定、ほとんど人通りはなく、いかにも僕好みのシチュエーションだ。

前回来た時は、Nikon F2に35mmをつけて町並みを撮り歩いた。サクサク撮れる35mmの画角も気持ちよかったけど、きょうはLeica M3だけ持ってきた。レンズは50mm、少し狭くて撮りづらいかなと思ったけど、なんというか前回より町に目を凝らす感覚があって、50mmはアリだなと思った。というか、機械式カメラでじっくり撮る時は50mmの”じっくり見つめる”感じがいいとも思った。

フィルムは感度400、フィルターなしだったから絞りは常にf16かf22で固定、ピントも無限遠、被写界深度目盛りも試しながら、あっという間の36枚数はだった。それにしても、ライカの静かなシャッター音はスナップにはほんとうにいいなと感じる。ひと気のない静かな町並み、その空気や営みを壊さず、町に配慮するような静かなシャッター音は、ライカの開発者たちの心意気みたいなものを感じる。そこには、町とそこに暮らす人々たちの生活があって、それが主役。それを撮りに来た僕とライカはあくまで脇役。そんなことを感じさせる意思みたいなものが、このカメラにはある。Nikon F2の派手な甲高いシャッター音もスカッとするけど、こうしてライカを使うと、あゝやっぱりライカはたまらないなといつも思う。

ひとまず、心はチューニングできた。午後早くには終業式を終えた息子が帰ってくるから、そろそろ帰路へ。僕の夏はこうして幕を開けた。

さあ、新しいフィルムを入れて、きょうから夏休み第一弾。

特に予定があるわけじゃないんだけど、仕事の間隙をぬってきょうから夏休み第一弾を取ることにした。出張が続いたり、リビングで愛犬と寝たりと、ここのところ体調を落としていたから、四日間を生かしてからだとあたまのチューニングをしたいなと考えている。

きのう現像受け取りのついでに、FUJI PRO 400Hを2本購入。フィルムカメラを始めて以来、フィルムに慣れようと業務用100を常用してきたんだけど、在庫が残りわずかになってきたのを機に、ちょっと新しい銘柄のフィルムにも挑戦してみようかなと思い、最近少しずついろんな種類のフィルムを買い足している。

業務用100以外にこれまで現像したことがあるのはカラー現像機でモノクロ現像ができるILFORD XP2だけ。今となっては業務用100のトーンがとても気に入ってはいるのだけど、何事もまずは経験ということで、この夏休み四日間でいくつかの新しいフィルムをおろしたいと思っている。

フィルムカメラがいいのは、ボディをかえたり、レンズをかえたりはもちろんのこと、こうしてフィルムもさまざまな種類をかえて楽しめること。カラーかモノクロかということだけじゃなくて、カラーネガにもいろんな種類があるし、ポジフィルムだってある。僕は所有していないけど中判をやる人なんかはブローニーフィルムも楽しめる。デジタルがボディの中にさまざまな機能が満載されているのに比べると、フィルムカメラは機能はシンプルだけどこうしてフィルムや現像、プリントで多彩に楽しめるのは遊びがいがあるし、趣味の奥深さをくすぐる大きな要素だと思う。

コストに関してだけど、僕はふだん業務用100の24枚撮りで撮影して、現像とデータ化をお店にお願いしている。フィルムは一本¥200ととてもリーズナブルなんで毎週3〜5本ほど現像してるんだけど、そうすると5本として、撮影枚数は120枚、フィルム代¥1,000、現像代が¥5,500、合計¥6,500くらいかな。フィルムが安いからたくさん撮っちゃえみたいなところがあったけど、これをPRO 400Hにかえてみると、

例えば撮影枚数は3本分として108枚、フィルムは¥3,300、現像とデータ化代は¥3,300、、で、あれ、合計¥6,600であんまり業務用100と変わらないなあと笑。一週間でPRO 400H 36枚撮りが2本以内なら、今の業務用100で撮るペースのコストより安くなるかもしれない。自家現像や自家スキャニングは僕には時間的にも無理だと思ってるから、こうしてお店に現像やデータ化をお願いしつつ、やっぱりコストは気になるところ。そういう意味でも、フィルム代は高くても現像代を抑えられる36枚撮りフィルムはちょっと試す価値はあるかもしれない。

このFUJI PRO 400Hはフィルムを始めた頃から気になっていたフィルム。よく言われるのは青味がかったフィルム色だけど、僕が撮るとどうなるんだろう。楽しみ。まずは補正もお店任せでいつもの通り現像してみたい。業務用100のアノ日常感も好きだけど、またフィルム色に恋するきっかけになるかな。フィルムライフ、楽しみは尽きない。