“待つ”って実は楽しいのかも。

“待つ”という行為はあまりポジティブには聞こえなくて、どこかフラストレーションのたまることだという認識があったけど、近ごろ少し違うように思う。

たとえばフィルムカメラで撮るとすぐには写真は見れず、現像があがるまで待つことになる。でも、この待ってる時間というのがなんともいえず、いい。あと、僕に関していえば、いまとあるカメラが修理から戻ってくることを待っている。これも、最初に修理期間が少し長引きそうと聞いた時は一瞬残念に思ったけど、こうして今も待ってるのがどこかワクワクして心地よい。

そういえば、ロードバイクが納車されるまでの間、二週間ほど待ってた時も異常にワクワクしたし、”待つ”という行為はそれだけワクワクが長く続くという意味ではかなりポジティブなことかもしれないと思ったり。まあ、待つのが心地いいのか、何かを手にするより手にするまでの期間が心地いいのかそれはわからないけど、何か”待たなければならない”事象があったとしても、それは今ならそれほど苦痛じゃなくて、むしろ楽しめる余裕があるじぶんに気づいている僕がいる。待ってるうちが華だよ、ということかな。些細なことかもしれないけど、フィルムとの出会いがそんなことも感じさせてくれている。

“チョートクカメラ日記”がジワジワくる。

僕のようなフィルムビギナーは誰かの写真道を手本というかモノサシにしたくなるわけだけど、僕の場合は田中長徳さんがソレということになる。そもそも初めて買ったカメラ本がチョートクさんの「カメラは知的な遊びである」と「カメラは詩的な遊びである」で、この本を読んでカメラとの向き合い方がずいぶん楽になったというか、肩の力を抜いてカメラと過ごすことを意識し始めたように思う。それから2〜3年ほど経ってライカを手に入れた僕は、ライカ本というかたちで再びチョートクさんの著書と再会する。”ライカ・ワークショップ”も”カメラはライカ”も”ライカはエライ”も実に痛快で楽しく読ませてもらった。そんなチョートクさんが地道にブログを更新されていることも知り、たまにのぞきに行っている。その名も読んで字のごとく「チョートクカメラ日記」。意外とこまめに更新されていることに軽く驚いたけど、読むたびに”あゝやっぱりチョートクさんのカメラへの向き合い方は、なんか潔いというか難しく考えないというか、いいなあ”と思う。世の中で言われるカメラの常識とか評判みたいなものには流されず、しっかりじぶんの目や手で感じたことを誰にも気兼ねせず書く感じは、嘘がない感じがプンプンして、あゝこの人の言うことは信じられる、みたいに僕なんかは思うわけである。カメラをやってると何かとその界隈の価値観みたいなものに流されがちになるけど、そんな時にチョートクさんのブログをみると冷静になれるというか、じぶんの本来の価値観やモノサシに素直になれる。過去記事をさかのぼって読めば、カメラ本以上に読み応えたっぷりだったりもする。ぜひ、おすすめです。

“ニコン愛”というのは上手く説明できないけど、あるんだ。

さっき赤城耕一さんのツイートで”ニコンに劇的大復活あるかも”という記事を見て、なんだか嬉しかったなあ。記事の中身までは僕の知識では深く理解はできないけど、こうして記事になるだけでも機運が感じられてワクワクするじぶんがいる。

僕の手元にはいま、Nikon、RICOH、Konica、Leicaという四つのブランドのカメラがあるけど、なんというかNikonは特別なんだ。初めて手に入れたカメラがNikon D5300というのもあるけど、以来複数台所有したカメラはNikonだけ。Nikon D5300、D750、Coolpix P340、P900、そしてフィルムカメラのFEが二台にF2、そして今意中のF3がキィートスからお店に帰ってくるのを待っている。僕はネットオークションで買う審美眼というかボディに手を入れる知識や腕がないのでオークション購入はしたことがなく見るだけなんだけど、いつもやっぱりNikon機ばかり見てる。何なんだろうなあ、このニコン愛みたいなものは。ふと、いつもそう思う。

理屈でいえば、ニコンのその道具感みたいなものが好きなわけだけど、理屈抜きでニコンが愛おしいと思うじぶんもいて、他のニコン好きの人なんかの愛しようを見ても、このニコンというブランドには特別な愛情を抱くファンが特に多いように思う(ペンタックスファンもそういうのを感じるかな)。そこに何か理由を見出そうとするなら、やっぱり実直で生真面目にカメラづくりに取り組んできた姿勢みたいなものにみんな心打たれてるということになるのかな。他のブランドだってみんな技術者たちは相当なカメラ愛なんだろうけど、その中でも特にニコンにはそういう香りがするように僕には見える。あの手から伝わってくる機械に込められた魂のような凄み、あれは僕の中ではニコンとライカに共通する何か特別なものなんだよな。がんばれニコン!僕らもがんばる!というのが密かに思う一ユーザーとしての思いなのである。