機械式のニコンを持っておきたかった。Nikon F2という選択。

きょう仕事帰りにいつもの中古カメラ店をのぞいてみたら、程度のいいNikon F2がショーケースに加わっていた。僕はここ一ヶ月間くらいニコンのフィルム一眼レフフラッグシップ機を気にとめていて、FとF3はお店でその感触を確かめていた。そこでその二台の間に位置したF2もこの手で感触を確かめておきたいと思い、ショーケースから出してもらう。なるほど、Fよりは確実に新しさを感じる細部の造り、そしてF3よりは全身で機械式であることを持ち手に伝えてくる。シャッター音は噂通りFより甲高く室内に鳴り響く。

正直、しばらくF2を目の前にして悩んだんだけど、何度も何度も巻き上げの感触やシャッター音を試してはボディを眺め、オーバーホールされたという各部の仕上がりをチェック。最終的には手の中に収まった時のソノ感触を信じて、このF2を購入することにした。

決め手はやっぱりNikonの最後の機械式だということ。僕はNikon FEを二台所有しているけどそれらは電子式シャッター。露出計と絞り優先オートで撮れる楽チンさはとても気に入っているけど、いつまでも所有するなら機械式のフラッグシップ機を持っておきたいと心のどこかで思っていた。そうして、FとF2、そして電子式のF3とも触り比べた結果、僕が最終的に選んだのはNikon最後の機械式フラッグシップ機F2だった。

ボディだけ見ていたのだけど、ショーケースの奥にやはり程度のいいオートニッコール50/f1.4を見つけた。それもずいぶんお得な価格で、店員さんに理由を確認すると「このシルバー部分の美しさやレンズの綺麗さを考えると、昼間の店員が値段を安く付けずきた笑」と笑っていて、結果、装着して持ち帰ることにした。このお店は僕が所有するほとんどのフィルムカメラを購入したお店。店員さんもいつもの方だったので、さすがにオマケしてくれてNikonのプロストを付けてくれた。

写真はお店で撮ったもので、自宅でこれからパッキングを開封するんだけど、こんな夜だと部屋の中であの甲高い派手なシャッター音を試すのは気がひける。今夜はそのフォルムと手触りを確かめながら、眠りにつこうと思う。試し撮りは週末に。どこかで何度も聞いたことのあるフレーズだけど、僕も思う。もうカメラの購入はこれで最後にしようと笑。

脳がグジャグジャになったら、懐かしい場所を歩いてみる。カメラも連れて。

脳はあんなに小さいけど収容能力はものすごい。でもたまに整理してあげないとオーバーヒートするというかグジャグジャになる。こういう時は、歩くといい。それも、できれば懐かしい場所を。

脳は現在から遥か過去まで収容してるから、整理するとなると時代の出し入れみたいなものが必要なんだろうね。僕には懐かしい場所を歩くのが、脳の整理整頓のスイッチらしい。

で、できればカメラも連れていくといい。そうするとこうして写真を見返した時に、もう一度脳の整理整頓ができる。カメラの凄さとはそういうところで、同じ写真が撮れるといってもスマホのカメラだとそういう感情は湧かない。不思議だね。それは記録じゃなくて記憶に作用するからだと思うんだけど、どうだろう。

日々を騙し騙し生きることもまた大切。

生きることは必ずしもハッピーばかりじゃない。仕事のこと、体調のこと、家族のこと、未来のこと、冷静に考えるとゾッと思うことも少なくない。いや、むしろ、そういうハッピーを阻む壁みたいなものに囲まれて生きる、その絶えない困難を避けたり、調整したり、僅かずつ乗り越えることこそが人生の有り様なのかもしれない。そんな理不尽な道だから100%正解とか完璧とか正論ばかりですり抜けようとすると、かえってひどく疲れる。ごまかすんじゃなくて、騙し騙し生きる。不確かさや不安定さを受け入れながら、騙し騙し。人生とはそういうものだと最近よく思う。綺麗ごとを脱ぎ捨てて、リアルを受け入れる、今日も。