RAWで撮ってカメラ内現像始めてみた。意外と新鮮だった。

とにかく面倒臭がりの僕は、フィルムで撮って現像するというプロセスがきっときちんとできないだろうし、デジタルで撮るにしてもRAW現像は避けてJPEGでずっと撮ってきた。でも、RAW+カメラ内現像ならPC立ち上げる手間もなく僕でもできるんじゃないのと、ちょっとやってみた。あれ、なんだ簡単じゃないかと。RICOH GRのカメラ内現像のやり方をネットで調べてやってみたんだけど、なるほどこれならInstagramのフィルター感覚でGRの背面モニターを見ながらプチプチ楽しめる。サイズ、ホワイトバランス、露出、あとGRのエフェクトなんかもサクサクいじれる。これならたしかに撮る時は景色の切り取り方に集中できて、後から目で見たその空気感みたいなものを再現することができる。なんでもっとはやくやらなかったんだろうというくらい、とにかく手軽だ。とはいえ、僕はほぼモノクロで撮るから後からいじるといっても露出くらいなんだけどね。でも、モノクロで撮った写真を後からカラーにして見るというのが、なんというか逆転のプロセスでとても新鮮な気がして、あぁ僕はやっぱりデジタル派なんだろうなと思った。カメラ内現像って今どきのカメラならどれでもできるのかな。デジタル一眼レフを所有してた時にカメラ内現像を体験していたら、また僕のカメラライフは少し違ったものになっていたかもしれない。そんなことを思いながら、またプチプチとカメラ内現像を試している。いやあ、なんでもやっぱりやってみるもんだ。

写真というのはいろいろのり写るからね。じゃなかったらこれほど多くの人がのめり込んだりしない。

僕はたくさんの人の写真を見たいから、1,600人を超える写真好きな人をフォローしている。いや、正確にいうと写真を撮ってる人の気持ちやシチュエーションをいろんな角度から浴びたいから、そうしている。素晴らしいよ、それだけ多くの撮り手や撮られる人の想いみたいなのを垣間見れるのはね。

さっきある人がNikonの動画をツイートしてくれていた。「写真って思い出じゃなく、誰かの想いなんだ。」-いいフレーズだな。気負いのない、でも届く言葉。ツイートしてくれた人の想いもまた重なって、写真を撮るということに少しハッとさせられた。写真はなんだろうね、あれだけシンプルな表現の中に恐ろしいほどの撮り手たちを取り囲む情のようなものが詰まっている。上手いとか下手とかそういうのを超越した何か。だから、人はこれだけ写真に魅了されるんだろうな。Nikonという会社は撮り手の気持ちに真正面から取り組みすぎるから少々マーケティング下手なのかもしれないけど、僕はいいと思うな、こういうブランド。撮り手たちの想いと共にあれ、Nikon。

じぶんの好きなものが分かった気がする。モノクロームだ。

ここ数週間ほどフィルムカメラのことを意識し始めて、春になったら何か古いカメラを手に入れようかなといろいろ調べたりしていた。Nikon F3、Nikon FM2、LEICA M3…、コシナBessa、Contax…、知識がないなりに、でもなんとなくレトロな風合いの写真が撮れそうな感覚をフィルムというアイテムに投影して考えていたんだと思う。でも、今日なにかすっきりした気がする。僕はフィルムの質感が好きなんじゃなくてモノクロームの世界が好きなんだなと。その気づきのシンボリックな事象としては、LEICA M Monochromの写真を見たこと。Twitterでみかけたにごさんの写真なんかほんと素晴らしかった。なんというか電流が走るような惹かれ方をした。フィルムじゃなくてデジタル、やわらかさというよりソリッドなモノクロームの世界。あ、僕が惹かれていたのはフィルム調のビンテージ感じゃなくて、モノクロームからくるどこか懐かしさも持ち合わせた、でも凛とした緊張感も持ち合わせた空気感なんだなと。こういう表現があっているかどうかは分からないけど、そんな気がした。だから、僕はきっとフィルムカメラを手にしてもどこか満たされないものがある気がする。それがここ数日どこかすっきりしない感じでフィルムカメラのことを調べていた少し曇り加減の心境だったんだと思う。これで少しすっきりした。一眼レフを手放してGRにしたのも、ハイキーからローキーになってそれが近ごろモノクロになっていたのも、どこかじぶんの中で好きな世界観の写真へと知らず知らずのうちにたどり着いていたんだろうし、デジタルカメラからどこか無理してフィルムカメラに回帰しようとしていた少し無理したじぶんがいた気がする。僕はデジタルでいいんだと。撮りたいのはフィルム調じゃなくて、ソリッドなモノクロームなんだと、そういう気づきというか再確認。さっき、RICOH GRの設定保存にモノクローム3種類のマイメモリーを加えてみた。あらためてモノクロームのおもしろさを突き詰めていってみようと。そして、その先に手に入れたいカメラがあるとするならば、それはLEICA M Monochromだなと。うん、なんか鮮明になってきた。

 

春とRICOH GRとクロスプロセス。

RICOH GRにはデフォルトでいくつかのエフェクトが装備されている。クロスプロセスもそのひとつ。

近ごろ古いカメラやフィルムのことなんかを調べてる時に、ロモグラフィーのページなんかにもたどり着いて、そういえばiPhone 3GSで写真を楽しみ始めた頃、トイカメラ風のクロスプロセス調の写真も好んでよく撮ってたなあと思い出してね。RICOH GRでもクロスプロセス調で撮れるんだけどこれまではあまり使ってこなかったから、しばらくいろいろ試して撮ってみようかなと考えている。新しいカメラを新調したいという春の物欲がわくんだけど、そもそもGRもまだまだ使い倒せていないから、それもあってGRのデフォルト機能をもう一度検証しているところ。

今日は菜の花をクロスプロセスで撮ってみたけど、なかなか悪くない感じ。生っぽさが適度に消えて、春めいたカジュアルな空気感が出ているようにも思う。あと使いきれていないフィルターといえばレトロ調かな。こちらも桜の季節へむけていろいろ試してみたいと思う。会得できていないモノ・コトがあるというのは幸福なことだよね。そうして楽しみは続く。

 

春めいたロードを久しぶりに35kmライド。やっぱりサドルの上は爽快だ。

まだまだ底冷えのする2月後半の日曜日だけど、今年初のロードバイクはやっぱり気持ちよかった。太陽があたる場所はどこか春の陽気も感じられたし、何より菜の花がいたるところに咲き始めていて、無条件にからだが喜ぶ、そんなライドだった。

ここしばらくスイムトレに集中していたから、からだや呼吸の仕方が水泳バージョンになってたのかな、少し息切れがしたけど、10kmも走れば慣れてきて徐々にペースを取り戻すことができた。やっぱりスペシャライズド・ルーベSL4スポーツのしなやかな走りは快適だ。路面の細かな凹凸をいなしながらヌーっと走り抜ける感覚はあいかわらず病みつきになる。

あとはランの復活だな。スイム、バイク、そしてランを適度なサイクルでトレーニングしてバランスのとれた肉体を維持する。それが今年の当面の目標。スイムの上達具合からいくと今年のトライアスロン挑戦はまだ厳しい気がするけど、そこはあせらずゆっくりと仕上げることで、スポーツのある日常をまったりと楽しみたい。そして、どこに行くにも、どのトレーニングをするにも、いつもRICOH GRを忍ばせて。

 

よし、春になったら中古カメラ買おう。(Nikonさん、新品買わなくてゴメンよ)

ものすごく感覚的なんだけど、春になったら中古のフィルムカメラを買おう、そう決めた。APS-Cデジタル一眼レフのNikon D5300からカメラライフを始めて、フルサイズNikon D750に移行して、コンデジRICOH GRにカメラを絞って、古いフィルムカメラにたどり着く。これが普通の道なのか風変わりな道なのかはよく分からないけど、まあ歩むべくして歩んだ軌跡なんだろなあと思う。とはいえ、感覚的な動機だから、フィルムカメラで何を撮りたいのか、そのためにどのカメラとどのレンズがよくて、どのフィルムを試せばいいのかもまったく分からない。けど、そこはTwitterの中の人たちや、ネットの中の人たちがたくさん参考になることを載せてくれてるから、ゆっくり気長にいろいろ調べていけたらなと思っている。僕はなんでも自己流でやってきたから、中古カメラもそんなゆるさでたのしんで。ボケのある写真が好きだから、そのあたりから調べ始めてみよう。あ、Nikonさん、新品のカメラ購入で応援できなくてゴメンよ。

窓辺は春。

外はいくぶん肌寒いけど、部屋の中の窓辺で浴びる太陽光線は痛いくらい強く刺す感覚。来てるねえ、春が。さっき後輩からロードバイクで出かけている写真が送られてきた。冬眠から覚めて思わず走りに出たい衝動にかられたんだろうね。僕も出たいが息子の世話でしばらくは出かけられない。その代わりというか、朝久しぶりに散歩カメラで歩いてきた。RICOH GRをクロップで47mmにして少しより気味の梅を撮る。やっぱりカメラがあると生活が少し豊かになる。

春になったら何を始めますか。

息子が友達といっしょに塾に行き始めたいから月謝を出して欲しいと相談があった。勉強のことだし、友達とのことならもちろんOKと返したんだんだけど、僕なんかは子どもの頃はとにかく勉強が嫌いで塾にも行きたいと思ったことがなかったから、自ら行きたいという息子にちょっと驚いた。まあ何はともあれ春という季節は節目だし、どこか気分が前向きになって何か新しいことを始めたくなる季節だ。僕はといえばまだ具体的ではないけど、こんなこと始めたいなという薄っすらとしたイメージはある。やりたかったけどやるきっかけがなかったこと、そもそもやろうと考えたこともなかったこと、やれたらいいなと思ってたけど絶対無理だと思っていたこと。いろんな背景がひとそれぞれあると思うけど、春はきっとあちこちで新しいことを始める人が増えてる気がする。気候だけじゃなくて、そういう人々の熱気があの陽気な空気をつくりだしているんだと思う。さて、もうすぐ春。あなたは何を新しく始めますか。

春間近、カメラを見て遊ぶ。

空き時間に少し寄り道してカメラ屋をのぞいたり。とはいえ古いカメラのことはよく分からないから、まあ機能を確かめているというよりはフォルムを楽しんでいる感じ。最新のカメラも一応チェックしたりしてたんだけど、やっぱりカメラを触るのはたのしいもんで、あいかわらず僕はシャッター音フェチだということも再確認したり。いやあ、春という季節はブツ欲を刺激しますな。以前のように衝動買いしないように気をつけてカメラを見て遊んでいる笑。

そして、ロードバイクの季節へ。

別に冬だからロードバイクに乗っちゃいけないというわけではないのだけど、風をあびて走るにはさすがに寒いのと、年末から水泳優先で過ごしていたこともあり、しばらくロードバイクは部屋で眺める相棒になっていた。でも季節はあっという間に2月も後半、この勢いだと春もすぐそこ、体も気分も外向きの季節がやってくる。日も長くなったし、風もどことなく温もりが混じり始めた。体が少し水泳体質になってるから、ロード体質へとゆっくり変えていかないといけない。週末は晴れるだろうか。メンテがてら馴染みのロードバイクショップまでゆっくり流したいな。景色を眺められるスピードでゆっくりと。