僕は今年の大晦日も紅白とかそっちのけで、上原ひろみの動画のはしごをしている。

まあ紅白をバカにしているわけではなくて、子どもの頃からレコ大や紅白にはまったく興味がなくて、大人になってからもそれが続いたいるだけで、まず僕はほとんどテレビの前にはいない。映画を見てるか本を読んでるか音楽を聴いてるかだったと思うけど、今は音楽を観ることができるからYouTubeでお気に入り音楽のサーフィンをしていることが多い。今夜も例外ではなく上原ひろみの音楽をあれこれ視聴している。トリオの音楽はその難解さも含めて緊張感がたまらないけど、ソロで弾く彼女のテクニックも恐ろしいほど僕は吸い込まれる。音色だけじゃなくて彼女のパフォーマンスを観ることができる今の時代は本当に豊かだなと思う。少しはやく眠りにつこうかな。今夜もいい夢が見れそうだ。

走り納め。サドルの上でいろいろ考えた。来年はいいイメージしかない。

今年最後の走り納め、気持ちよかった。サドルの上でいろいろ考えた。仕事のこと、家族のこと、からだのこと、趣味のこと、夢のこと。なんだかどれも突破するイメージしかわかない。つまり、いいイメージしかわかない。僕にとってサドルの上はポジティブな場所だからそこで考えるといい方向になりがちなのは否めないけど、それでもこの複雑な時代にあってポジティブなイメージがわくというのは貴重なこと。じぶんの直感を信じて来年も走りぬきたい。いろんなことを後悔しないように、全力で。あ、でも、しなやかに。それが僕のがんばるという中身の信念。

さて、ロードバイク走り納めとするか。僕らしい大晦日に。

昨日までは比較的ゆっくりする大晦日を考えていたんだけど、少し遅めに目を覚ますと外はまぶしいくらいの快晴で風もなんだかやさしい。そのおだやかな空気を確かめるために少し外を歩いてみたんだけど、これはもうロードバイクで走るしかないなと。激動だった一年の締めくくりの日の過ごし方がロードバイクで走るというのも僕らしくていいんじゃないのかなと思っている。それくらいロードバイクとの出会いは僕のライフサイクルというか人生観みたいなものを変えた。カメラをGRに絞ったのも、スイムを始めたのも、遠くまで足をのばす週末になったのも、愛車スペシャライズド・ルーベと出会えたおかげだ。そういうじぶんの軌跡みたいなのを感じながら今日は走り納めをしたい。今の空気をぞんぶんに吸い込みながら。