日々、失敗して、また再起動する。

Ricoh GR

今日また失敗する。多かれ少なかれその連続なんだけど、まあそれでもまた懲りずに挑戦する。できれば今回よりもう少しだけ強くなることをイメージして。その繰り返し。弱いじぶんを悟りつつ、でも可能性みたいなものもどこか見出しつつもあり。再起動。人生こそPDCAだな。

あー、息が切れるほど乗り倒したい。

RICOH GR

週の真ん中、水曜日の夕刻。適度にうなだれる時間で、こういう時は無性にロードバイクで駆けぬけたくなる。夏場なら早起きすれば出勤前にひとっ走りも可能だけど、さすがに12月も目前になると朝夕は陽が短くてなかなか平日に激走するのはむずかしい。

ロードバイクと出会ってからは、遠出をする時間と体を鍛える時間が両立できていて、とても気持ちいい。ロードを走っていると道行く車にも目が行くんだけど、車の遠出もたしかに楽しいのだけど、よほどのレーシーな乗り方でない以上はドライビングで体をスポーツさせるのはむずかしい。幌を開けて気持ちよく走るオープンカーに”お、いいね”と思うこともあるけど、どうせ遠出するならその分肉体もスポーツできるロードバイクは実に有意義な乗り物だよなと最近つくづく思う。

僕のロードバイクはエンデュランスロードといって多少の悪路なら気にせず分入って走れるタイプ。それが僕には性に合っていて、平坦なアスファルトを滑るように走るのも気持ちがいいけど、砂利や段差を避けたり小刻みに悪路をコントロールしながら走るのが気分を発散させるうえではさらに気持ちいい。完成車についてたいわゆる鉄下駄と言われるホイールを軽いものに変更したいなとネットであれこれ眺めてもいたのだけど、悪路を気にせず楽しむなら当面この鉄下駄ホイールでガシガシと走り倒してもいいなと最近思ったりもしている。

あまりにロードバイクにハマりすぎていて、近ごろGRで写真を撮って帰るのを忘れるこもあるのだけど笑、まあそれもまた夢中になっていることとしてよいかなとも。日々それなりに忙しく複雑な仕事の毎日でもあったりするわけだけど、こうして夢中になれる趣味があれば適度に脳と体のバランスをとることができる。この先、僕の趣味がどんな風に変化していくかは分からないけど、今はただただじぶんの興味に素直になって、今しか味わえない時間を楽しみ尽くしたいと考えている。本能に身を任せて。

過去とか今とかいじるの好きな人は要注意だってこと。

RICOH GR

いやもうほんとに時はものすごいスピードで動いていて、しかも生態系がどんどん変化するような変わり様なのに、現状とか過去を探りましょうと同じようなところをグルグル回りながらさして発見もないのだけど、そのグルグルしていたプロセスに何かやった感みたいなのを見出すのはほんと迷惑だし何も明日を創造しない。でもそういうこれまでの経験値で語れる過去の分析ごっこみたいなのは、古い人たちには居心地のいい仕事なんだろうな。やれやれ。今夜は愚痴だ。まあたまには毒も吐かないとやってられない。悪い手本はスルーするのみだ。