SNSしている暇がない。幸福なこと。

RICOH GR

忙しさと体調の悪さが重なって、しかも月末とあって、朝からSNSを見てる暇もなくあっという間に金曜の夜に。

まあ忙しいのはこの時代にあって幸福なことで、しかも僕らはわりと好きなことを仕事にできているほうだと思うし、忙しくてなんぼみたいなとこあるから、忙しさは友達みたいなとこある。平日はね。

そういえばYahoo!が週休3日をとりいれると記事が出ていたけど、実に素晴らしい。そういう休みがあるとね、そこへ向かってひとはふだんの仕事に集中するよね。ぜひアグレッシブなモデルになってほしいと思う。まあつまり、人は集中している時が美しい。

僕という人間もMADE IN JAPANだ。

Ricoh GR

色も形も雰囲気もやっぱりいいよね、朝の築地は。なんというか僕の中の日本心が目を覚ますというか、DNAが反応する感じ。いつもはこういう光景はモノクロで撮ることが多いけど、今朝はカラーで日本を撮りたくなった。単にノスタルジックじゃない日本の今の姿として記憶したかったのかな。

若い頃はアメカジかぶれで、歳をとってからはヨーロッパにやられている人生だけど、こうして市場街みたいな情景にからだが反応するのは、やっぱり僕自身がMADE IN JAPANなんだろうね。そして、そういう絶妙の美意識というか感覚がこのRICOH GRというカメラも生み出している。フィットするのは偶然じゃないよね。

宇多田ヒカルさんのPV、指でフリックするとクルクルと360°回転するよ☺︎

◆YouTubeに飛んで見ないと、動かないね。こちらへ。 https://youtu.be/eMPSWiEdC8k

360°カメラはRICOHなんかからも出ていて気になっていたんだけど、ヒッキーがさっそく試してくれた。SmartNewsでは縦型動画も試したりと、やっぱり宇多田ヒカルというアーティストはWebとの親和性が高い人だし、まず誰よりも先に取り入れてみるというスタイルが僕は好きだなあ。UstのLiveも誰よりも先に取り入れて、当時はそれはそれは衝撃的だった。

そして、この360°動画、指でフリックしても動かせるけど、スマホの人はスマホを傾けるだけでもぐるりと360°見渡せるからぜひお試しを。

それにしてもジャケットもモノクロだったけど、今度のアルバムのプロモーションはこのPVもモノクロで表現されていて、なんかいいよね。お母さんへのオマージュというか、日本語の歌を愛する再確認みたいな意思を僕は感じる。彼女のLive映像もそう思ったけど、宇多田ヒカルというアーティストの歌は、映像とかぶせて聴くのがとても気持ちいい。そういう意味でもこの人はザ・アーティストなんだよな。