ひたすら暑かったけど、ひたすら気持ちよかった。エンデュランスロードと行く夏。

image

今日もルーベと熱風の中を駆け抜けてきた。7月最後の日曜日、つまり夏ど真ん中のような季節。僕の日焼けもここ数年でいちばんの黒さになってきた。いや、嬉しくてね、そういうのがね。男は単純だから、こうして体をクタクタにして「もう俺、一歩も動けねえ」みたいなシチュエーションにものすごく酔えるから笑。

僕の乗るスペシャライズド・ルーベSL4スポーツだけど、そろそろ2017年モデルが出る時期なんだけど、ネットで少し調べたらヴェンジやターマック以上に大胆な進化を成し遂げて新型が出るっぽいね。ロングライドの疲れにくさや快適性を施したエンデュランスロードはいわば大人のバイク。大人の散財(笑)にはもってこいの趣味だから、ここはメーカーとしても儲けどころとして本気出してきたんじゃないかな。僕はさすがに2016年モデルだから買うとしたらホイールやブレーキになると思うけど。よくカメラやる人は「レンズ沼」っていうけど、パーツをカスタマイズしたりウェアを揃えたりと「ロードバイク沼」もなかなかのもんだよー。ま、楽しいんだけどね☺︎

ツールドフランス2016ダイジェスト、シビれる。

7月最後の日曜日、午前中にロードを駆けぬけてきて、いま風呂に浸かりながらゆっくりとツールドフランス2016の第1ステージから順にダイジェスト映像を見ていた。いやあ、人間の脚力を動力にした地上最速の乗り物はやはり美しい。僕はソロで走るのが心地いいからレースに出場することには興味はないけど、人間とこのプロダクトとの織りなす姿は神々しく、しかもハードに肉体を追い込む様が好きだ。この映像はすべてのダイジェストをさらにダイジェストにしたベストオブ・ツールドフランス。熱くなるよ

照りつけるロードを、自分で風をつくって駆けぬける。

image

昨日も、そして今日も最高のロードバイク日和だ。昨日は朝のうちに息子と出かけ、お昼前から2時間ほどロードへ、ひと休みして夕方から息子とまた遊んで。僕の夏の週末はたぶんこの繰り返しだ。最高の組合せだから。

今日もそろそろロードへ出る準備。刺すような日差しが逆にワクワクする。日々オフィスで体を騙しながら仕事をしている大人は、週末にこうして体を野生に帰らせることが大事。少なくとも僕の場合はそれがいろんなエネルギーになっている。

今朝はなにやら風もほぼない。追い風もなければ向かい風もない、風を作るのは自分の肉体だけ。さて、出かけよう。