片手でヒュンヒュン撮る、GR。

image

そういうじぶんを少し客観視すると、D750で撮っていた頃の僕はずいぶんと構えすぎていたのかもしれない。この場合の構えるとは、カメラをがっちり固めて撮ることでもあり、写真とはこうあるべきという意識みたいなもの。それがGRだけになってラフ過ぎるくらい。定規を使って線を描いていたひとが、フリーハンドでヒュンヒュンと線を引き始めたとでもいえばいいだろうか。とにかく自由なんだ、僕とGRは。D750のファインダーの中の濃密な光景も大好きだったけど、少しそのファインダーの中であーだこーだ言ってた僕がいたかもしれない。良い悪いじゃなくて、GRはカメラの前の光景がすべてだ。しかも、その光景の凄さを撮りたいというより、その場の空気感をヒュンヒュンとブックマークしてゆく感じ。そういえばソニーの初めて買ったサイバーショットは”日常をブックマークする”みたいなコピーだったっけ。ずいぶんとライトなカメラだったけど、それと比べるとGRは写真を撮っているという手応えもしっかりあって、その絶妙のバランスがGRの真骨頂かもしれない。花をマクロで狙うようなことはすっかりなくなったけど、いまふたたびカメラの楽しさを味わっている。

過去の写真を整理していると、こころの整理にもなる。

image

僕は写真はすべてJPEGだからわりと手軽にスマホやクラウド上に置いている過去写真をいつでも見ることができる。で、ブログを書く時は過去写真をさかのぼって眺めることが結構あるんだけど、その都度その時の思いとかシチュエーションを思い出したりして、あたまやこころの整理になることが多い。そうしてその当時のことを思い出すわけだからあたまの中に記憶としては保管されてるんだろうけど、こうして過去写真を眺めたりしないとなかなか自然には思い出さない。そういう意味ではiPhoneでいつでもアノ頃に行けるのはいいことだなと思う。この写真は秋桜だから去年の秋かな。GRで撮ったもの。ほとんどノーファインダー気味での撮影だと思う。Twitterのタイムラインはまだまだ紫陽花が真っ盛りだけど、だったら季節外れの花の写真も気分転換になるかなと。この乱れた撮り具合はきっとRunの途中の一枚かな。年数とか季節とかパッと記憶の瞬間移動できる。写真を撮るということは記憶を行き来できるようにすることでもあるんだよね。通りで楽しいはずだ。

おとなの夏は一瞬だからね。

image

子どもの頃は早くおとなになりたくてたまらなかった。勉強がとにかく嫌いだったもんなあ笑。まあそれはともかく、おとなになって社会に出てからはそれなりにじぶんの望む時間を手に入れて不満があるわけじゃないんだけど、いちばんしまったなあと思うもののひとつに”あの長い長い夏休みがない”ということなんだ。いやほんと大袈裟ではなく。この差は大きい。

ことしのカレンダーでいうと夏休みは何日だろ。まあ三、四日というところだろうか。子どもの頃の十分の一だからね。あの子どもの頃、夏休みに突入してあ〜長い休みだなあとあくびをしてたら最初の一週間で、いやそれよりもさらに短い時間でおとなの夏休みは終わっちゃうんだから、それはそれはたまらない。世の中のおとなたちが40日間の夏休みをとれたらどんなになるんだろうね、この国は。豊かになるのか、それとも日本が回らなくなるのか。それはともかく、おとなの夏は一瞬だから、僕らおとなは夏を300%濃密に楽しむんだという気概でのぞむ必要があるし、学生のひとたちはいまだけの特権であるこの永遠のように感じる夏休みを全身で浴びまくってほしいと思う。いや、決して大袈裟ではなく、僕は心の底からそう思うんだ。