夕陽が落ちてく数分間の永遠。

image

夕陽が撮りたい日というのがある。僕は今日だ。D750に70-300をつけてまだ陽の高い時間に目的の場所に着く。雲ひとつない空だったから、陽が沈む直前までは空を撮る感じではない。手前の水辺の水面を撮ったり、近くに茂る草木を撮ったり。僕にはそれでも豊かな光景なんだけど、けっこうシンプルな場所だから、横を通る犬の散歩をする人から「何かいいものが撮れるんですか?」と声をかけられる。たぶん本気でこんな殺風景な場所にカメラを向けて何が撮れるんだろうと素朴に疑問を感じたんだろうと思う。僕ももしカメラをやってなかったら、同じことを思っただろう。僕は会釈をしながら「さあ、どうでしょう」と笑って返す。まあでも、実際いいものが撮れるかどうかは僕にもわからないから、この場合この回答はかなり正しい笑。

一時間ほど経っだろうか、ようやく陽が沈み始める。ここからの数分間は慌ただしくもあり、スローモーションのようにも感じる魔法の時間だ。僕はカメラはほんと自己流で夕陽の正しい撮り方なんか全然分かっていない。いつも次に撮る時までには撮り方を調べておこうと思うんだけど、そのままでまたこうして夕陽を撮る日がやってくる。その繰り返し。そうやって今日も「つづく」みたいに幕を閉じる。いい写真が撮れたかといえばこれもまた納得していなかったりもするのだけど、こころは実におだやか。夕陽を眺めた日は、今日をきちんとたためたみたいな気分になるから。直前まで仕事が慌ただしくてノープランのまま突入したゴールデンウィークだけど、自然があれば僕は飽きることなく過ごせる。幸福なことだ。

好きだなあ、この世界観のぜんぶ。

たまたまオリンパスの宮崎あおいさんのCMをYouTubeで追いかけてたら、この動画に遭遇。なんだろう、彼女も、彼女の声も、色も、メッセージも、ぜんぶ僕には来る。たまにこういう”僕のために作られた表現なんじゃないか”と思えるものに出会うことがある。僕らは運命とか偶然性の世界に生きている。

こどもの頃、なんで山の絵は緑色じゃないんだと不思議に思ってた。

image

これは僕だけかなあ、密かに思っていたこと。こどもの頃、スケッチ大会とかで山の絵を描くと当然緑色に塗るじぶんがいる。ダイナミックに描けたりはするんだけど、なんとなく目の前の光景とはギャップを感じていたというか。でも、特に誰にそのことをいうわけでもなく、かなり大人になるまでなんとなくそのままだった気がする。いい大人になってから、そうか山は緑色じゃないと気づく。なんか青いぞと。そうして、山の絵を注意して見ると、うん、青いなと。僕の美的センスというか注意力のなさにほんと笑ってしまうんだけど、それで一時期美大とか行きたいと憧れた時期があったんだから笑う。山の写真を撮りながらそんなことを思い出してひとり笑っていた。山は奥行きがあれば何色もの折り重なる色を見せてくれる。鳥の声を聞きながら山を眺める数分間は思考がいろいろめぐる感覚があって気持ちいい。じぶんが大して賢くないことを素直に受け入れることができるからだろうね。