目を凝らしたり、耳を澄ませたり。

image

ものすごく雑音の多い世の中だから。単に騒々しい音や色が多いというだけじゃなくて、情報が乱反射しまくっているという意味でも。でも、だからといってその騒々しさに埋もれないようにさらに大声で叫ぶ感じは何か違う。どちらかというと、その騒々しさに埋もれて見過ごしてしまいそうな小さなモノ・コトに目を向け、耳を傾けることのほうがなにか本質的なものを呼吸できる気がする。時代がそうなのか、僕の今の感受性がそうなのか。むずかしいけど、そんなことを近ごろ考えている。

カメラは撮るモノだけど、眺めるモノとしても相当たのしい。

カメラをやる人のほとんどは、写真を撮ることと同じぐらいカメラを眺めるのが好きなんじゃないかと思っている。少なくとも僕はそう。カメラのあの道具感のあるフォルムを見ていたら実にワクワクする。男だからかなあ。じぶんのカメラも毎度使うたびに被写体と同じくらい眺めている気がするし、InstagramやTwitter、このブログにも何度となくじぶんのカメラをアップしている。毎回同じカメラなのに角度を変えたり、ポイントを変えたり笑。他の人から見たらいつもの同じカメラだから飽き飽きされているかもしれないけど。

眺めるということで言えば最新スペックなんていらないし、むしろ少しビンテージ感のあるカメラの方が味がある。かたや、最新カメラだってハイテク機器特有の細部が究極的に詰められていったなんとも言えない美しさもある。写真はD500。通りがかりに数分だけどしばらく見惚れていた。隣にはD5や高額レンズなんかもあって、ライティングの妙もあって本当に神々しいという言葉がぴったりくる様子だった。

そう、じぶんのカメラを眺めるのがたのしいだけじゃなくて、他の人がいつも愛用しているカメラなんかをSNSで見かけるのも実にたのしい。外食している時のテーブルの上に置かれたカメラたち、つまりこのカメラたちを眺めながら食事をとっているんだなあと思うと、こちらまでニンマリしてしまう。

カメラは撮るモノだけど、その佇まいにこれたけ魅了されるのは、やっぱり作り手の愛や機能美に対する究極のこだわりが、そこにただならぬ気配を生み出しているんだと思う。カメラは眺めるモノでもある。なんとも素敵な世界に僕らは生きている。

来週には見られない、と思うから惹かれるんだろうな。

image

家路にて。なんでもない道の街灯にポツンと照らされた桜に吸い寄せられる。鞄の中のGRを取り出して、静かな住宅街の片隅でひとり、桜を見上げてシャッターを押す。漆黒の闇の中に僕と桜だけ。どうだろう、満開な桜をたのしめるのは今週末あたりまでだろうな。そう思うと、ここ数日もう何枚も撮った桜の写真だけど、またこうして写真に収めている。みんなが連日溢れるように桜の花を撮っているのは、目の前の桜があまりに美しいというのもあるけど、たぶん来週にはもうこの艶やかな光景は撮れないんだろうな、と思いに無性にかられてシャッターを切っているんだと思う。永遠は美しいけど、一瞬の儚いものはもっと美しい。