居場所が変わればにんげんは変わる。いきものだから。

image

にんげんは変われるのか、それとも変われないのか。人の性格というか個性、価値観みたいなものは幼稚園の頃までに形成されるとも言うし、大人になるまで両親にどんな育て方をされるかで決まると言う人もいるし、いやいや人間なんてそうそう変われるもんじゃないという人もいる。僕は今の境遇がそういう事を常に考えなきゃいけない、いや考えさせらるところにいることもあって、ここ数年そういう「にんげんは変われるのか」みたいなことに、よくぶちあたる。どちらかというと少し前までは人間はそう簡単には変われない、と思ってたほうかな。でも、今は違う。僕の結論としては人間はけっこう変われる。それも、かなりいい歳をした人でも変われると思うようになった。それも確信に近くそう思う。

ただし、条件がある。それは、人間だけに変われというんじゃなくて、鮮やかに居場所を変えてあげるということである。人間は誰しも同じ場所にいると、この場合長く居心地のいい場合にいると、どうしてもマンネリしてしまう。これはその人の性質がどうのこうのというレベルの話ではなくて、生物の話。生物が進化したり退化するのは、良くも悪くもその長きにわたる環境に適応して変わる。でも、僕はそれ、変わってるというより「変わらないために、変わる」、そんな変化や進化と呼ぶには鮮やかさが足りないものと思っている。

鮮やかに変わる、というのは気持ちいい。人間だって実は相当鮮やかに変わることができる。まるで別人のように変わる。本人はそれほど変わったとは感じなくても、他人から見たら劇的に変わったというような変身と言えばいいだろうか。僕はそういう人を何人も見てきた。実はじぶんも そういう風に変わったよなんて言われる一人だったりして。確信として言えるのは、その過程で居場所が大きく変わる出来事があったということです。もしかしたら居場所が変わらなくても、その人の努力とか気持ちの持ちようの変化でやがて変わることはできたかもしれない。でも、まわりがその変化に驚くくらい短い間に鮮やかに変わることを望むのなら、これは居場所を変えるということが何よりもパワーがある。ある人のことを考えながら、そんなことをまた思い起こしている。これは、僕のにんげんを語るときの最大のテーマかもしれない。

雪が終わる前に。

image

それにしても、深い雪だった。こんな量の雪がこんな長く3日間も降り続くのは記憶にないな。ずっと氷点下だったから一眼レフは封印してたんだけど、雪の終わりをカラダが感じたというか、そうなると記憶カメラしておかないともったいないというか、少しD750と歩いてみた。

image

image

ことしの雪はほんとサラサラで、雪だるまなんかもできづらくて、あ、雪の印象ちょっと変わったと思った。あと白さもなんだろう、ことしはすごく綺麗な気がした。空気もそういえばいつもよりしんしんとして浄化されてる気がした。

image

image

image

雪もいいな、と初めて思ったかもしれない。

image

よし、記憶カメラ、完了。また来年かな、雪は。

吹雪の日は音楽と写真整理。

image

まあこれだけ見たことのないレベルの吹雪になるともはや抵抗する気も起きなくて、久しぶりに部屋に閉じこもって冬眠するしかないな、みたいな日曜日を送っている。朝はそれでも写真を撮りに出かけ、さっきは息子と庭や公園で雪合戦などしてみたけど、15分が限界かな。手や足が言うことを聞かなくなるから。

というわけでRunにも行かず、ロードバイクにもまたがらず、おとなしく部屋にこもってユーミンを聞きながら写真の整理などしてる。しかし、去年の今頃ふと思い立って一眼レフを購入してからというもの、いろんなレンズやコンデジを買い足しながら、果たして何枚の写真を撮っただろうか。いやあ、何万枚は撮ってるだろうな。

出張先や旅行先にも基本なんらかのカメラは持ち歩いてるから、なんというかいかにも風景写真みたいなものももちろんあるんだけど、ただただ朝晩の散歩の時やRunの時もこのブログのような何でもない自然の写真を撮ってるから当然数は多くなる。ものすごい数の失敗写真があるからね、僕の場合。

誰かが言ってたけど、デジタル時代になったおかげで、これだけふんだんに失敗写真を撮ってもコストは全然かからないからね。これはフィルム時代の人に比べると格段に素人が参入しやすい趣味の世界。iPhoneで写真バンバン撮るのとなんら変わらない気軽さだから、一眼レフとかやらない理由はホントないと思う。

ただ、今なにか夢というか希望が叶うなら、一眼レフとiPhoneを持って昭和の時代に帰りたいかなあ。村上春樹にならって僕のスローガンというかモットーになってる”18 ‘til I die 〜死ぬまで18歳〜”の18の頃に戻ってみたいというのはある。そういう妄想はおもしろい。頭の中がグルングルン動き出す感じ。もちろんこれもコストかからないしね笑。さて、今日はどんな時代のどんなシーンを妄想してみようか。音楽と写真を眺め、整理しながら。