地球だって人と同じで自然体がいい。NIKKOR Micro 60mm/f2.8

image

今朝はあいにくの雨だったけど、小雨になるのを待ってD750と出かけてみた。レンズは水滴を撮ろうと思ってMicro 60/f2.8を。雨の日はこの選択が多い。とはいってもたくさん撮ったものの、じぶんのなかでよしとしたのはこの一枚だけで、しかも水滴はないんだけどね。

それにしても今年の一月に一眼レフD5300を手に入れて以来、P340やGR、D750でたくさん写真を撮ったなと。ここ数日はP900をしぶんへのクリスマスプレゼントにしたこともあって、さらにたくさん撮っている。まあ、写真をやらない人からしたら、そんな似たようなカメラをいくつも持ってどうするの、ということになるんだろうけど、いやあこれが人間と同じでみんな一人ひとり違った個性があって、やっぱりそれぞれの個体のよさが日々だんだんと沁みるように分かってきておもしろいわけです。レンズもそうかな。僕はいま4つのレンズを使い分けてるけど、ほんとここ最近、単に画角の差だけじゃない、レンズそれぞれの個性が愛おしく思えてきたところ。

で、何か特別なものを撮ってるわけじゃないんだけどね。もともと僕の写真好きは5年前くらいにiPhone 3GSを持ったときから始まって、愛犬と散歩しながら散歩道の空や地面を撮るのが日課みたいになっていった。僕の家のあたりは比較的自然が多くて、仕事場からはずいぶん遠いんだけど、そういう自然が多くて人が少ない環境は気に入っている。そんな日常だったから、一眼レフやコンデジを持ってからも、iPhoneの散歩写真の延長線上というか、なんでもない散歩のときのなんでもない自然の写真を撮ってる、そんな感じ。

image

でもまあ、じぶん的にはそれが心に健やかな行動であるし、けっこう楽しいんだよね。ふつうに通り過ぎてしまうようななんでもない景色の中にちょっとした季節の移ろいや小さな世界を発見する。愛犬と撮り始めたこともあるからよく地面を見てたしね笑。地味だけど、僕の中では意外と地味じゃなくて、うお!とかなることが多々あるというね。

image

いつもがそんなだから、いかにも被写体がある景勝地とかに行くと脳が驚いて相当たくさんシャッターを切ってしまう。まあそれも楽しいんだけど、僕にはカメラとふだんの散歩はセットみたいなところがあるから、こういう小さな自然を撮ってるときのほうが妙に落ち着く。なんでも、やり始めの頃のきっかけというか環境はその後の生き方に影響を与えるよね。

image

あと、朝夕の光の時間帯の写真が好きだから、朝夕の散歩にサクッと出て撮る感じも性に合ってるんだと思う。あ、誰かが以前ブログに書いてたけど、よくInstagramとかで絶景を日々アップしている人がいて、あぁ僕もそういうとこへ一眼レフ持って出かけて写真を撮りたいなと思うんだけど、いやいやそんな日常に空き時間も少なくて、あの絶景アップの人たちは何の職業の人たちなんだろうかと。旅人写真家なの?とか。いや、中にはそういう人もいるだろうけど、あの人たちみんながそんなはずもないんじゃないかとか考えたり。まあ、ただただ羨ましいヒガミみたいなもんなんだけどね笑。

image

でも、来年は一眼レフ持って少しそれらしいロケーションのところを撮り歩きたいなという小さな野望もある。あ、そうそう、愛するサッカークラブが一部に昇格したから、アウェイツーリズムも多少は楽しめたらなと思ってる。というわけで2015年もあとわずかの大晦日の昼下がり。そういえば、このブログ「記憶カメラ」もいつの間にか250話を超えていて、ほんの少しずつなんだけど何かが蓄積されていってるような感覚が気持ちいい。2016年も僕らしい記憶を一枚一枚積み重ねたい。

三脚と冬の夜空に会いに行こうと思ったけど。

image

夏頃に買ったSLIKの三脚。実はずっと使わずにいて、そろそろ冬の夜空を撮りたいなとふと思い、昼間に引っ張り出してきてアレやコレやとセッティング。いや、違うな。セッティングなんていうほどセットするものはなく、ほんとカメラをのせて脚をのばすだけなんだけどね。あ、レリーズも買っておいたんで、これはセッティングが必要。差し込み口とか確認しておいた。ふむふむ、なんか面倒そうで使わずにいたけど、なんかこれ全然簡単に持ち出せるぞと。なんだか、よくInstagramとかで見かける降るような天の川とか撮れるんじゃないかとか少々ワクワクしながら夜を待つことにした。

image

あのね、結論からいうと星空はむずかしいです。そんなね、簡単にあんな写真集のやうな降るような星空は撮れないから笑。まずピントはどうやって合わせればいいんだって。AFなんて効かないからマニュアルにしてみたけど、小さなファインダーの中じゃピントがあってるのかどうかもよくわからないし。あとモードもいつもの絞り優先じゃダメだろうと思ってプログラムモードにしてみたけど、うーん。それじゃISO感度あげてみるかとかいろいろやってみたけど、あのさ、冬の夜の公園って寒いんだよね。まだ電灯が点いてるから公園の中でも奥の方まで三脚抱えていくんだけど、水辺だし寒いんだよね、これほんと。で、だんだんワクワクがヒエヒエの心になってきて、とにかくこのままじゃ帰れないし、レリーズのシャッターを押す。とにかく押す。撮れてるのかどうかもよくわからないけど、押す。

薄暗がりの公園でなにやらおじさんがブツブツ言いながら居たら、いくらカメラと三脚を前にしていてもそりゃ怪しいよねえ。ニ、三人ほど夜の散歩の人たちが通り過ぎてゆく。まるで僕を見なかったことにしようみたいな素振りで笑。まあ、それでもめげずに試行錯誤しながら撮り続けようとしていたら雲が出てきた。うっすい雲だから大丈夫かななどと思ったけど、これが雲は大敵なんだな、たとえうっすらでも。というわけで退散。夜の住宅街を三脚を抱えたおじさんが寒さに耐えながらトボトボ歩いているのであった。あ、レンズはね、明るいf1.8の単焦点を持ち出してた。で、家に帰って写真を確認してみると、かろうじてこんな写真が撮れてはいた。少し救われる。

まあ、でもアレだ。僕がカメラにハマっているのはたぶん、何事もすぐには上手くいかない、そのいい歳してゼロから修行する感じが新鮮なんだと思う。だから、最初からあんな写真集みたいな天の川は撮れないし、すぐにはどうやったら撮れるようになるのか解決方法もよくわからない。ここから、本読んだり、何度も何百枚も失敗して、ようやくコツらしきものをつかんでいくんだよな、きっと。この冬が終わるまでに降るような星空撮れるようになるかな。いや、なろう。素人は失うものないんだから。というわけでまったく役に立たないポストで申し訳ない。徐々にがんばります。

らしさみたいなのは結果積み上がる。

image

ここのところP900を持ち出していたから、その反動ってわけじゃないんだけど、今朝は70-300mmをつけて出かけてみた。このレンズもまた素直で綺麗なレンズで、50mm/f1.8の次くらい僕はよく使っている。なにも常に300mmマックス目で使っているわけじゃなく、70mmから300mmまでその幅広い守備範囲を楽しみながらけっこう万能レンズ的に使っている。

撮る時はあまり意識してあないんだけど、写真が撮りたまってくると、なんかじぶんの撮る写真の世界観がどれもなんとなく似ているなと気づくことがある。特にInstagramとかで写真たちを並べると、あ、なんとなくじぶんの写真はどれも似ているし、画角も色も明るさもどこか共通しているように思える。よかったらInstagramで @KiokuCamera でのぞいてみてください。

まずはなんというか僕の写真はやはり男っぽいよなと。撮ってるものは自然が多いんでじぶんではかなり柔らかい写真を撮ってるつもりなんだけど、一枚一枚はともかく、撮った写真をずらりと並べると、あ、やっぱり女性が撮るものとは違って、色もダークっぽいし、景色の切り取り方もラフだし、あまり明るいトーンの写真も少ない。そういうことにふと気づくんだよね。

僕は写真は撮ったままのものを使うほうで、現像はしないから、そういう意味でもピュアな写真がアルバムやフィードに増えてゆく。加工していないものだから、ずらりと写真を並べた時にはなにかそこに撮り方の特長や傾向みたいなものが出るんだろうな。画角でいえば59mm単焦点をつけようが、24-120mmの標準ズームをつけようが、なんとなく無意識にこの上の写真のようなフレームサイズで撮っていることが多い気がする。

僕はこれ「密度のある世界」またいにじぶんで呼んでるんだけど、このくらいの画角で景色を切り取り、撮りたいものをじぶんの中の世界に収めているところがある。じぶんの分析では「自然を擬人化したやうな世界」を無意識に撮ろうとしているんじゃないかか、と思っている。最初からこんな風に撮りたいという世界が特にあるわけじゃないんだけど、結果僕はファインダーの中になにかいのちの存在みたいなものを描き、記憶させようと思ってるんじゃないかな。何かを明確に狙ってるわけじゃないんだけどね。でも表現物というのは、その人のわりとすべてをさらけ出すよね。そんな話の続きはまた今度。