撮り続けてると、やがて単焦点に落ち着いてくる。

image

初めての一眼レフを手に入れてからもうすぐ一年になろうとしている。これまでにも書いてきたけど、その間に保有カメラはNikon D5300からD750へと変わり、レンズは50/f1.8、60/f2.8Micro、24-120/f4、70-300の4本に。サブカメラはRICOH GR、Nikon P340が揃った。かかった金額は数えないようにしている。少々短期間に買いすぎた気がしないでもないが、じぶん的には他の人が数年で辿る道を僕はたまたま数ヶ月で早歩きしただけだと思っている。いつもお世話になっているカメラ屋からは「あとはフィッシュアイだけですね」と言われるけど、今のところ購入の予定はない。それくらい今の保有レンズたちが気に入ってるし、カメラをフルサイズに変えてから俄然いまのレンズたちの仕事ぶりが気に入っている。

とはいえ、ひと通りレンズのバリエーションを揃えていろいろ撮り比べてくると、ここにきて「なかでもお気に入り」というレンズが出てくる。それは僕の場合「単焦点」だった。

ここのところD750の相棒は単焦点50/f1.8。いろいろ試してみてここに落ち着いたという感じかな。あとはやはりGR。こいつも24/f2.8の単焦点。近頃はほぼこのふたつの単焦点ばかりでカメラライフを送っている。よく言われるけど、ズームはまさにじぶんの脚。とにかくじぶんが前後左右に動いてファインダーの中の絵を変えてゆく。これがなんというかリアルで写真をいまじぶんは撮っている、ということを無性に感じさせてくれるところもある。Runの時はより軽量のP340を連れ出すけど、写真を撮り始めて一年経ち、結局ふたつの単焦点に落ち着いてきたというのは、じぶんの写真観という中で、単焦点を好む何かがあるんだろうなと思う。答えは無いけど、なぜ僕は単焦点にたどり着くのか、そのへんを自己分析していきたいなと思ってる。続きはまた。

走ってるほうが楽だったりする、心もからだも。

image

人間のからだのメカニズムの不思議さというのだろうか。それとも昔ながらの病は気からということだろうか。仕事に適度に追いまくられてるときのほうがからだは疲れてる暇もないというか、どこか軽やかだったりする。だから僕は出張なんかも嫌いじゃなくて、移動してる感覚がとても思考やリズム的には心地よかったりする。まあ、僕の場合は比較的デスクワークというよりモノを考えたり、それをベースに人を動かしたりする仕事だからかもしれないけど。

それはRunとかドライビングにもどこか似ていて、家でじっとしているよりはからだを酷使してでも外を走ってる時のほうが心も晴れるし、何より肉体もランニングハイ的にかえって心地よかったりするし。車でもずっと停車させてるよりは適度にエンジンに火をいれて走らせてるほうが車の調子もいいし、長持ちしたりする。

暇がいちばんきついんだよね、実は、なんでも。人間のDNAはたぶん労働することで心地よさを維持できるようにできてるんだろうと思う。とはいえ、まあ「適度」にという注釈付きではあるんだけどね。そうか、僕は「走る」ことが好きなのかもしれない。ロードバイクも車もRunもいつの間にか生活になくてはならないものになってる。カメラはどうだろう。いや、これも歩いてじっくり撮ってるように見えて、心は走ってるのかもしれない。いや、それだ、間違いないな。

ねごとの季節を聴きながら。

image

ねごと、というミュージシャンを知っていますか。僕はつい最近まで全然知らなかった。女性バンドみたいなんだけど、このミュージシャンたちの楽曲「季節」がいまの僕のお気に入りだ。この楽曲を知るきっかけになったのは、YouTubeで見つけた動画「ロードバイクに乗りたくなるかもしれない動画」というコンテンツのBGMに使われていたから。この動画もいいのでぜひ一度見てください。ロードバイクに乗らない人こそ見て欲しい。で、ロードに乗りたくなるかどうか教えてほしい。僕はロードバイクを手に入れてからこの動画を見たけど、たまらなく走りたくなる。そしてこの楽曲「季節」の疾走感も気持ちいいから、Runの時のBGMにも聴いている。すると、なんだか走れる。音楽のチカラは偉大なんだ、肉体を揺り動かすパワーがあるからね、ほんとに。よかったら、動画も楽曲も試してみてください。では。

大地をしっかりと踏みしめる。

image

それだけでいいんだ。いまじぶんが立っている場所が何なのか、それはいまどんな感触なのか、それは変えるべきものか守るべきものか、それは大袈裟に言えば世界の中のどの辺りのもので、そこにいるじぶんは何という存在なのか、そんなことを考えながら歩いたり、走ったり、立ち止まったり、思考したり。それがいちばん大事だと思ってる、僕は。

世界は簡単じゃない、残念だけど。でも無理でもない、すべては。

image

昨日の早朝に飛び込んできたパリの惨事のニュース。なんとも言えないショックが体の中を走った。アートとか芸術とかそういうパリの世界観とテロという残虐性が頭の中でイコールにならなかったからだと思う。ヨーロッパというか中東というか世界のこうした争いごとの根は深い。僕ら日本人が到底理解できない思想や歴史、しがらみやプライドのようなものがそれぞれの価値観によって正当化され暴走してゆく。僕らの常識ではまったく理解できない残虐性とスピードで進んでゆく。何をどうしたらこの状況を止められるのかは僕にはわからない。でも、国は違っても人間である以上、喜んだり笑ったり悲しんだり泣いたりする感情の大元は同じだという認識もある。海外を旅したり外国人を受け入れてきてじぶんで肌で感じた感触だから信じられる。だとしたら、なんとかなるとも思うんだ。人間同士の心の繋がり合いのことだから、決してすべてが絶望的でもない。考えようじゃないか、いろんなことを超えて。この星の有志たちで。憎しみ合いからは何も生まれないから。

ここからストンと秋冬色になる、と思う。

image

一眼レフを持って初めての秋だから、いまいち紅葉のクライマックス時期がわかってなかったりするんだけど、少し調べてみると11月中旬からがいちばんの見頃かと。え、もう12月まですぐそこなんで、いかに紅葉の美しさが一瞬の出来事なのか、という感じなんだけど。

いつもの散歩道もわりと綺麗に紅葉が見られるんだけど、せっかくロードバイクがやってきたし、少し足をのばして自然の中の野生の紅葉というか、人工的じゃない紅葉が見たいなあと思ってる。やはり金に物を言わせてというのとは違う、ピュアでいい時間を味わおうと思ったら努力がいるわけで。坂道をペダルをこいで汗をながして筋肉を疲労させて、そしてようやく見られる自然の姿がいいんだよね。それが決して絶景じゃなくても、心は満たされる光景というかね。

冬の前の一瞬の秋を見に行こう。

佇まいがやっぱりNikonしてていいよね、Coolpix P340。

image

僕らの年代の人はなんというか、意味不明な線が嫌いというか、スクエアなものが好きだよね。だから、車でいえばずっと日本車のデザインのなんとも意味不明なラインが嫌いだった。昔の日本車はもっとボクシーで道具感あってかっこよかったけどね。まあ僕の老いのせいなんだけどね笑。というわけでこのコンデジCoolpix P340も実にNikonしててカッコいいわけです。眺めてるだけで幸福感あるんです。デザインとは機能美であり、ほんと存在として大事な要素。いや、それがすべてと言ってもいい。

週末を軽やかにするD750×50/f1.8。

image

今朝もD750×50/f1.8の組み合わせ、外に連れ出したくなるカメラとレンズ。カメラも自転車も「軽い」とか「軽快」というのは、なにかと面倒臭がりの僕にしてみればDoingしやすい「最高性能のプロダクト」ということになる。

しかも単焦点レンズだとズームもないから思考回路もシンプル。足を使って前後するだけ。撮る、ってことに集中できるし、集中しないまでも楽でいられることは大きい。普段持ちのGRもズームないし、コンデジP340もほぼズームは使わない。カメラを始めて一年くらいになろうとしているけど、フルサイズ一眼レフと50mm単焦点レンズの組み合わせがどうやら僕の基本になってきたようだ。

片手でヒュンヒュン撮る感じ。ノーファインダーでヒュンヒュン撮る感じ。写真は上手くないから数をたくさん撮る。失敗作をたくさん撮る。そういう動的な相棒としては相当気に入っている。Nikon D750×NIKKOR 50mm/f1.8G

久しぶりにRunに連れ出してみた。Nikon P340

image

僕のカメラ人生第2号のカメラが、Nikon Coolpix P340。第1号はNikon D5300、今はもう手元にはないから、P340がいちばん古株のカメラということになる。ふだんの持ち歩き用カメラとしてRICOH GRを購入してからは、しばらく出番が減っていたP340だけど、Runの時やロードバイクの時はできるだけ軽いカメラがいいし、P340ならマクロ撮影もできるから、昨晩充電して復活させておいた。あらためてGRと比較すると、それはもうコンパクトで軽い。ランニングウェアのパンツのポケットに入れて走っても気にならないレベルだから。Runやロードバイクの時はまさに大地と触れ合ってる時だから、地面とか草花を接写したいなと思うシーンもあって、となるとGRはマクロ的には使えない。10cmくらいは離れて撮る必要があります。その点、P340は5mmくらいまで寄れる笑。いやほんとにそんな感覚。このブログにも過去P340の接写性能のよさは触れてきたけど、起動とか操作性のスピーディさは無いから街中スナップシューターとしてはGRに劣るけど、花撮りとか自然撮りではまったく問題なくNikonのレンズらしいかっちりとした描写をしてくれる。決めた。Runの時はP340、相棒に復活。

この星を楽しまなくちゃ。Nikon D750 × 50/f1.8

image

Good morning. まさにそんな朝で、愛犬とカメラと散歩に出かけてきた。僕の写真はそんなふだんのなんでもない写真。でも歩き慣れたいつもの道で、ちょっと違う一面の写真が撮れた時の、誰に言うわけでもないんだけどささやかな喜びというか、それがいい。休日の朝の、少し人通りも少ない朝の、太陽が斜めに差し込む朝の、そんな時間帯がいい。最初はファインダーをのぞいてるんだけど、そのうち夢中になってノーファインダーでたくさん撮ってる。乾いたD750のシャッター音が、乾いた空気の中でリズムを刻む。うん、やっぱり僕は一眼レフが好きだ。この星と同じくらい。