撮る、ひと休み。GR。

image

思ったより暑い秋で、どうせなら移動も少し歩いたほうがと思って歩き出すとけっこう汗ばんでクタクタになったり。でも、その先にポーンと抜けた景色が広がって現れると、「お、ちょっと写真撮っていこ」とひと休みになる。煙草やめたから、このスナップ撮る感じがまさに一服するって感じかな、今は。いつもの通りあんまり考えずに瞬時にGRを起動させて、とにかく撮る、撮る、撮る。呼吸するように撮れるのがGR。水平だけおぼろげながら見てるけど、モニターはほぼ見ずに撮る。それがGR流。あ、でも、Runの時は少しでも荷物を軽くしたいなあと思っていて、Nikon P340をランニングカメラとしてまた連れ出そうかなと思ってる。その話はまた後日に。

走りたくなる道がある場所は、人が生きやすい場所でもある。

image

走るというのはRunningのこと。走り始めて6〜7年になると、その間にいろんな場所を走る機会がある。僕はレースには出ないけど、それでも家族で旅行した先や、仕事で出張した先にも僕は必ずシューズやウェアを持って行って走る。そうすると町の構造みたいなのが実によくわかる。初めて訪れる街でも出発前にGoogleMapで軽く辺りの位置関係を予習したら、サクッと道を走り出す。せいぜい長めに走っても10kmくらいだし、今はiPhoneがあるから迷子になることはまずないし、むしろ知らない土地で部屋にこもってじぶんの居場所がよくわかっていない不安な状態より、走って町の看板や道路標識を眺めている方が、その町の有り様がつかめる。

「走りやすい場所」というのは何もランニングコースや公園のことを言ってるのではない。普通の歩道でもいいし、川沿いの土手でもいい。車や人の交通量や道幅とのバランス、眺めだったり傾斜だったり、とにかく総合的に「あ、次回も走りたいな」と思う環境であれば、全然一般の街中でもかまわない。ふだん走ってる場所もふつうの住宅街ではあるし。でもなんというのかな、走りやすそうという見た目の景色だけではわからないことがたくさんあって、じぶんの足で実際にその道をその街を走ってみてわかることが実にたくさんあるし、目で判断するというよりは体全体で判断する気持ちよさのことなんだよね、この場合。僕の場合はRunの時はGRも持ち歩いてるから、写真が撮りたくなる道であるかも実はたいせつな要素だったりする。と、ここまで書くとRunnerだけのものさしの話のように聞こえるかもしれないけど、たぶん、いや間違いなく、走りやすい場所というのはランドスケープ的にもかなり気持ちのいい場所で、人間が五感でストレスを感じない、心が解放される場所になっていると思う。当然、歩いても気持ちがいいし、適度に人がストレスなくすれ違える余裕みたいなものが道の中にある。だからかな、走りたい道を見つけたら僕はその街全体のファンになるところがある。よく言うけど「初めての街を知ろうと思ったら早朝にその街を走ってみるといい」というのは本当の話。と言ってもその感覚はなかなか文章では伝えきれない感覚なので、ぜひ騙されたと思って走ってほしい。いろんな道を、街を。

どこから見るかで景色はがらりと変わる。

image

「事件は会議室で起こってんじゃない、現場で起こってるんだ」じゃないけど、現場で複雑に絡み合う心理や事情はそこに行かないと見えない、いや感じないというか、肉体で捉えきれなかったりする。ただ、会議室かどうかは別にしても少し遠くから俯瞰で客観的に物事を見ないと頭で立体的に捉えられなかったりする。この場合、どちらかじゃなくて、両方必要だったりする。というか、できるだけたくさんの方向や角度から物事は見たほうが、本質的な物事、出来事が捉えられると思っている。難しいけどね、行動で示すには。でも、ルーティンワークみたくなってるとふと感じることがあったら、気がついた時から少し視点や動きをずらしてみたり新しくしてみたりすることでいいと思う。他人の意見に耳を傾けることだってそうだし、寄り道してみるなんてこともそう。無駄遣いしてみるなんてことでもいい。海外や長めの研修なんかに行った人が新鮮になって帰ってくるのは、短時間の間に実にいろんな角度から物事を見ることを濃密で広範囲にこなしたからに他ならないと思う。場所とかの問題ではなく、経験の密度の問題。その点、カメラはいい。持つだけで違う角度から見てみたいという欲求が自然とわいてくる。いつもの場所とは違う角度から撮ろうとさまよったり、まったく新しい場所へと足が向いたり。カメラといると、じぶんひとりではなかなか億劫なこのさまよいも、連れの人間が導いてくれるかのように少しアクティブに居場所や頭の場所をスイッチしてくれる。もうすぐロードバイクもやってくる。カメラとロードバイクとなら今よりまた多くさまよえるかなと少しワクワクしている。