あぁ、一眼レフとiPhoneを持って昭和へ行きたい。

image

写真はGRで撮ったものだけど、今度は一眼レフを持ってまたこの市場に来たいなと思った。50/1.8単焦点をつけてモノクロで。

僕は3GSの頃からiPhoneユーザーで、写真を大量に撮り始めたのもその頃からだと思う。撮った写真をシェアするというのもiPhoneのおかげで行動としてはセットだ。だから一眼レフもWiFiは必需品で、それで唯一WiFi搭載のフルサイズD750にしたところもある。

つまりiPhoneと一眼レフは僕の中ではセット。この呼吸のようなセットを持って、あの頃、昭和の頃へ行けたらなんと素敵だろうな、と思ったりする。今ならレトロな光景をわざわざ探し歩くようなところがあるけど、目の前がすべてノスタルジックな光景だとしたら、僕はどんな行動をとるんだろうな。

圧倒的だった未来の宇宙旅行も現実味を帯びてきた時代だから、もしかしたらそう遠くない日にタイムマシンなるものも完成するかもしれない。そうしたら、未来よりも断然、昭和に行きたい。やり残したような気がすることがてんこ盛りだ。その時は必ず一眼レフとiPhoneを持参して。当時よりじっくり時間をかけて、歩いて、眺めて、当時は見えなかった時代の空気みたいなものを、ひとつひとつ噛みしめながら、撮って、紐解いて、シェアしたい。

市場ってなんであんなにソウルフルなんだろうな。大人になったら心に突き刺さるようになった。

image

こどもの頃はなんとも思わなかった市場の光景に、大人になってからこれほどまで心惹かれるのは何故だろう。漠然とは昭和の時代とかへのノスタルジーだと思うんだけど、それだけじゃない気もする。いつも持ち歩いているRICOH GRを鞄から取りだして、とにかく思うがままに撮る。お店の人も歩いている人もまったくカメラを気にしない。忙しくて気にもしていないのと、たぶん外国人観光客も含めて僕みたいにカメラを構える人間には慣れっこなところもあるんだと思う。もともと暗めの写真が多い僕が撮ると、より暗い写真になりがちなんだけど、いやあ、やっぱりしびれるんだよなあ、市場は。なぜこれほどまでに惹かれるのか、ちょっとじぶんを分析してみたいと思う。

遠くはよく見えるけど、近くが見えづらかったりする時代。

image

ソーシャルでつながる時代はほんと世の中の動きがリアルタイムに感じとれるようになった。日本の各地で何が起こってるのか、世界の各地で何が起こってるのか、主要なニュースコンテンツとかフォローしていると、大体つかめるところがある。今までつかめていなかったかというと、新聞もあったし、テレビやラジオもあったわけだけど、リアルタイムってことになるとSNSなんかのアジリティはやっぱりしなやかだよね。

ただ、一見世の中が見晴らせるようになったなあと思っちゃうけど、それに比べると地元というか、身近な社会の動きのほうは実は見えていないなあ、ということをいつも感じている。にんげんが吸収できる情報量が限られていることもあるけど、なんというか世界情勢や国内情勢の情報が大量に降ってきて、もうお腹いっぱいで、肝心の身近な情報はあまり吸収てきていない、という感覚。物理的にそういう地域のソーシャルメディアが成熟していないこともらあるんだろうけどね。

だからというわけじゃないけど、カメラを持って身近な世界をファインダーでのぞくのはなんかバランス的にもいい。世界も大事だけど、まずは身近な世界に目を向けたいというかね。そのあたりのこれからの社会の動きにすごく注目してる。本当の意味での地元ソーシャルの時代を。