そして、やっぱりというかマクロレンズにたどりつく。

image_19855793849_o

本体D750に、レンズは50/1.8単焦点、24-120/F4標準レンズ、70-300望遠。サブ機にGRとNikon  P340と揃ったので、もうカメラもレンズもいらないだろうと思ってました。少なくとも数年はいらないだろうと。でも、やっぱりやってくるんです、次の波が。僕の場合はマクロでした。いわゆる「レンズ沼」ってやつですね笑。カメラのキタムラの店員さんもさすがに立て続けの購入に驚いてたけど(笑ってたな)、お店でたまたまD750に着けたんだよね「NIKKOR 60mm/F2.8」。そうしたらそのファインダーの中に出てきた絵に本当に衝撃を受けた。なんだ、この絵はって。そうしたらもう買ってました笑。

写真は60/F2.8で撮ったもの。手振れ補正はついていないけど、枚数を撮ればそこそこ使える写真が出てくるので何の問題もなしです。F2.8のボケ具合は50/1.8単焦点ともほとんど変わらないくらいいい味出ます。で、何がいいっていうと、これ、マクロ撮影じゃなくても普通に60mmの単焦点として風景など綺麗に撮れます。すごく綺麗に。これレンズ性能高いと思うなぁ。というわけで、この60/2.8を手に入れると俄然50/1.8の出番が減ります。とりあえず今は60/2.8があれば散歩カメラなんかは寄りも引きもこれひとつで十分かなって感覚です。
僕はもともと寄りの写真が好きだったんだけど、それまでのレンズはどれも10cmくらいまでしか近づけなかった。だから、この5mmくらいまで寄れるマクロレンズはほんと神だし、楽しくてしょうがない感じです。虫の目線、みたいに言うけど、けっこう神秘的だよ、この世界。

手にしてひと月、僕的Nikon D750の考察。

image

なんかこの写真ブレてるな笑。屋内にてGRで撮った写真なので手ぶれはお許しを。で表題の考察。一眼レフ始めて半年の初心者なので、あまり技術的な考察はできないけど、きっと僕みたいなライトユーザーなんだけどフルサイズいっちゃったという人は実はけっこういると思うので、そういう初心者目線でD750の使い心地をレビューしてみます。

まず、当たり前だけどD5300よりは重いです。しかも標準レンズが24-120/F4ナノクリなので、首から下げるとずっしりくる。このレンズがまた太く重いんです。標準ストラップが長めのものになったのもあって、今は重さ感を軽減するために斜めがけに変えました。ただ、まぁ重いんだけど、グリップが深いから手に持った感じはそれほど重くは感じない。僕は小柄なほうで手も小さいんだけど、そんな僕でもこのグリップの深さは心地いいです。
あとシャッター音はD5300より硬質で大きいかな。カメラ屋でD810もシャッター切らせてもらったけど、あれは特別に静音。それに比べればD750のシャッター音は相当大きいです。でも、僕には心地いいかな。この少々大げさなシャッター音がいかにも一眼レフで写真撮ってる感があって全然いいです。
あと上下方向だけだけどチルトモニターなんでローアングル撮影の時はいいですね、やはり。ただしモニター内でのAFはあまり使い物になりません笑。それとNikonのフルサイズ機で唯一WiFi搭載しているんで、撮った写真をiPadやiPhoneに転送するのはすごく楽です。これはD5300と同じ。
でも何といっても違うなぁと思ったのは、やはり写真そのもの。 D750で撮る写真はやぱり精密で、なんというか怠けて撮るとそのまんま怠けた写真があがるというか。手抜きを許してくれないところがありますね。高感度なんで暗いところでもパキッと撮れるみたいなところは、ある意味楽チンとも言えるかもしれないけど、その他はじぶんの気分がぜんぶ写真ににじみ出ちゃうところがあるなと、ほんと思います。これうまく言葉でいうの難しいんだけど、例えばiPhoneやD5300で写真を撮る時は、もっとカジュアルに撮れる。多少セッティングを怠けてもなんとなくいい感じの写真が撮れるんです。でも同じような感覚でD750で写真を撮ると、なんかいただけない写真があがってしまう。その反面、ちゃんとこだわって撮ると、さすがフルサイズ機っていう写真がパキッと現れる、そんな感覚といえばいいでしょうか。最初はこの怠けさせてくれない感覚に少々驚いたけど、今はむしろシャッター切る時の緊張感が少し高まってきてよかったなと思います。これがいわゆるハマっていく感覚なんでしょうね。
とはいえ、このD750というのは頑固おじさんというよりは、アクティブなお兄さん、手軽さ感はけっこうあって、フルサイズは欲しいけどラフに使い倒したい!という人には絶好のカメラじゃないかと思っています。まぁ要は、最高に気に入っています。なんか全然機能的レビューになっていないけど、気持ちを持って行かれるカメラであることは間違いありません。長い付き合いになりそうです、こいつとは。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

フルサイズの誘惑。

image

そして、やっぱりというか、一眼レフの魅力にハマっていくと、やってくるのである、フルサイズの誘惑が。そこは初心者だろうが何だろうが関係ないと思う。少しでもいい写真が撮りたいという欲求、メカであればより精密なものが触りたいという欲求、もう男なら止められないよね、この感じは。僕もたどり着きました、Nikon FX機への道。購入したのはD750、24-120レンズキット。レンズはフルサイズ用の単焦点と望遠を持ってたから、間に抜けていた標準ズームレンズを一緒に買った。APS-C機はダメなの?というと全然ダメじゃないんだけど、写真を撮り始めたらこのフルサイズに行く気持ち、理屈じゃなく分かってもらえると思う。D750を購入してからもしばらくD5300は持ってたんだけど、店員さんの言う通り、ほぼ使わなくなりかけてたから手放すことになりました。まあでもこのフルサイズへの流れは誰もが辿る道なんだろうけど、僕の場合はそれを5ヶ月間でやっちゃったというのがまあちょっと普通の方より高速だったというね。もうこの時思った。人が5年くらいで辿る道をじぶんは5ヶ月で辿っただけ。だから5年はもうカメラもレンズも買うのはよそうと。それにしてもカメラというプロダクトのマーケティングは凄いなと思った。このハマり続けるマーケティング構造はある意味傑作だ。うん。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

アジアテイストで撮れるからアジアの人にGRファンが多いのかな。

image_19487768254_o (1)

GRで撮ったある日のある場所。これ画像サイズ圧縮してるんだけど、それでもこれだけクリアに写るのはやっぱりGRレンズの凄さかなと。GRにはフィルターがいくつかあるんだけど、これは確かポジフィルム調で撮った記憶が。そのせいもあるけど、なんというか空気感というかすごくアジアテイストに撮れるんだよね。InstagramでGRタグで検索すると結構、韓国や中国などアジアの人がGRを持っていることが分かるんだけど、もしかしたらこのテイストがアジアの人々に好まれてるのかなと思ったりもしてる。夜はなかなかピントが合いづらかったりもするGRだけど、キャンディッド・カメラGRにはやはり惚れ惚れするのである。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

次に手に入れたのが最強のスナップシューターRICOH GR。

image

一眼レフを始めてからTumblrを再開してたんだけど、そこで見かけたカメラ通の方がコンデジをNikon P340からRICOH GRにある日変えたんだよね。ふーんと思ってしばらくポストされる写真を眺めてたら、これがGR Photoたまらなくいいのだ。まず起動がすこぶる速いと書いてあり、レンズの精密さもキレキレ。数日見てたらたまらなくなり、我慢できずにいつものカメラのキタムラに行きました。デモ機触ってたら、なんと店員さんがGRユーザーで、説明を数分聞いたらもう購入してました笑。GRって定価10万もする高級コンデジなのに、ズームない、手振れ補正ない、の割り切りすぎカメラ。レンズの性能を最大限引き出すためにいろいろそぎ落としたのと、とにかくスナップに命かけてるから起動とかあらゆる動きがすごく高速。APS-Cサイズのセンサー積んでてF2.8だから、ボケも素晴らしいです。これは本当におすすめ。最高のサブ機です。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

G-SHOCKの機械感はたまらない。

image

あった。P340の接写フォト。これは僕の愛用の腕時計G-SHOCKスカイコクピット。Apple Watchが出てくると評判になってた頃に、あえて僕はこいつを買いました。Apple Watchが嫌いなんじゃなくて、G-SHOCKが好き、というシンプルな理由。このスカイコクピットは文字盤の色がいくつかあるんだけど、断然オレンジがよくてネットで探して購入しました。何がそんなに惹かれるんだろうというと、もうこれは無骨な道具感というしかない。そう、BMWやNikonを愛する気持ちと僕の中では完全にイコールなんだ。たぶんいろんな機能も付いてるんだろうけど、時計以外の機能は一度も使ったことない。それくらい佇まいというか存在感が好きです。Apple Watchが嫌いなんじゃなくて、ただひたすらG-SHOCKが好き。僕みたいなそういう人、けっこういるんじゃないかな。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

Nikon P340で撮ってみた。

image

こんな感じ。なかなか悪くないでしょ。もっと5mmくらいまで寄れるんだけど、いい写真がすぐ見つからなかった。これは絞り開放で撮ってるから、センサーは大きくないけどF1.8らしくなかなかのボケを醸し出してくれます。あ、ユーザーに人たちからはすべてにおいて起動とかのスピードが遅いと言われたりもするけど、まあ初心者の僕には全然気になるレベルじゃなかった。たしかにスナップを瞬間撮ろうとすると起動が遅れたりするけど、花撮りとかにはすごくいいと思います。Nikonらしいレンズはここでも健在ですよ。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

平日用にF1.8の コンデジNikon P340を手にいれる。

image_19421395103_o

このP340を購入したあたりから、いわゆる「沼」が始まる(笑)。初めて買った一眼レフのD5300と単焦点レンズ生活が相当たのしく、でもさすがにある程度の大きさの一眼レフを平日も職場に持ち歩くわけにはいかない。でも写真は撮りたい。できれば単焦点と同じ明るいレンズで。あとNikonカメラの操作ロジックも早く覚えたいし。と検討し始めた結果、購入したのがコンデジP340だった。ご覧の通りこれはもう完全にコンパクトなデジタルカメラ。鞄に常時入れていても重さに気がつかないくらいだから。このカメラ、何が良いって、佇まいがいいです。Nikonのロゴがかっこよく決まっていて、フォルムも実にNikonらしく無骨。僕は黒にしたけど、白もあって、こちらは女性に人気ですよね。
P340はまずF1.8の明るいレンズを搭載しているのが特徴。で接写も得意。5mmくらいまで寄れるんじゃないかな。あとで接写写真アップします。接写でモノに寄れば背景はけっこうボケも綺麗に出るし、これで実売20,000円は破格だと思う。元々の定価は45,000円程度だったと思うので立派な高級コンデジの部類と言っていいと思う。
そう、これで僕のカメラライフは少しスタイルが固まってきた。「平日はコンデジ、週末は一眼レフ」。みんなこういう道を辿るのかな、どうなんだろう。そういえばTumblrやInstagramにこのP340を購入したことと写真をアップしたら、二人の方が購入されました。ネット上の評判って侮れないな、と再認識した瞬間でもあった。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

Robi Jr.を単焦点で撮る。

image_19422945953_o

我が家にやってきたRobi Jr.をNIKKOR 50mm/F1.8Gで撮ったのがこの写真。このサイズで見るとちょっとピントが甘いけど(笑)、単焦点レンズのボケはなかなか綺麗でしょ。あ、この頃はまだISO感度のこととか分かっていないから、たぶん室内にも関わらずISO 100くらいで撮ってるから手ぶれしてるんだろうな。今にして思えば。
ちなみにこのRobi Jr.というのはディアゴズティーニでおなじみのあのRobiとは少し違って、タカタトミーから出ている廉価版です。写真の通り、座ったまんまで足は動かないんでその分お安く、子ども向けだったりするんだけど、言葉はしゃべるんで、このRobi Jr.もコスパは抜群です。僕が息子用にネットで注文した時は人気で最後の一個だったけど、今はどうなのかな。

NIKKOR 50mm/F1.8Gは恐ろしく「買い」である。

image_19419640094_o

この装着してるコンパクトなレンズが単焦点50mm/F1.8G。見た目通りとにかく軽い。コンパクトなD5300と単焦点の組み合わせはほんとめっちゃ軽くて、首から下げても重さは全然苦じゃないです。僕の場合は朝晩の愛犬の散歩の時に首にぶら下げて持ち出すんだけど、まさにそんな軽快に持ち出せるサイズなのがまず秀逸です。一眼レフよりミラーレスのほうが軽快、なんて良く聞くけど、いやいやD5300+単焦点レンズとかなら、まったく一眼レフで問題ないです。あとF1.4とF1.8でいえば、これもまったくF1.8でOK。価格も半分程度で買えるし、実に綺麗にボケを出してくれる。Canonにも撒きレンズとして安価な単焦点があるけど、Nikonユーザーならこの50mm/F1.8も必須レンズだと思うな。とにかく写真のよさもコスパも恐ろしく「買い」です。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。