そして、やっぱりというかマクロレンズにたどりつく。

image_19855793849_o

本体D750に、レンズは50/1.8単焦点、24-120/F4標準レンズ、70-300望遠。サブ機にGRとNikon  P340と揃ったので、もうカメラもレンズもいらないだろうと思ってました。少なくとも数年はいらないだろうと。でも、やっぱりやってくるんです、次の波が。僕の場合はマクロでした。いわゆる「レンズ沼」ってやつですね笑。カメラのキタムラの店員さんもさすがに立て続けの購入に驚いてたけど(笑ってたな)、お店でたまたまD750に着けたんだよね「NIKKOR 60mm/F2.8」。そうしたらそのファインダーの中に出てきた絵に本当に衝撃を受けた。なんだ、この絵はって。そうしたらもう買ってました笑。

写真は60/F2.8で撮ったもの。手振れ補正はついていないけど、枚数を撮ればそこそこ使える写真が出てくるので何の問題もなしです。F2.8のボケ具合は50/1.8単焦点ともほとんど変わらないくらいいい味出ます。で、何がいいっていうと、これ、マクロ撮影じゃなくても普通に60mmの単焦点として風景など綺麗に撮れます。すごく綺麗に。これレンズ性能高いと思うなぁ。というわけで、この60/2.8を手に入れると俄然50/1.8の出番が減ります。とりあえず今は60/2.8があれば散歩カメラなんかは寄りも引きもこれひとつで十分かなって感覚です。
僕はもともと寄りの写真が好きだったんだけど、それまでのレンズはどれも10cmくらいまでしか近づけなかった。だから、この5mmくらいまで寄れるマクロレンズはほんと神だし、楽しくてしょうがない感じです。虫の目線、みたいに言うけど、けっこう神秘的だよ、この世界。

手にしてひと月、僕的Nikon D750の考察。

image

なんかこの写真ブレてるな笑。屋内にてGRで撮った写真なので手ぶれはお許しを。で表題の考察。一眼レフ始めて半年の初心者なので、あまり技術的な考察はできないけど、きっと僕みたいなライトユーザーなんだけどフルサイズいっちゃったという人は実はけっこういると思うので、そういう初心者目線でD750の使い心地をレビューしてみます。

まず、当たり前だけどD5300よりは重いです。しかも標準レンズが24-120/F4ナノクリなので、首から下げるとずっしりくる。このレンズがまた太く重いんです。標準ストラップが長めのものになったのもあって、今は重さ感を軽減するために斜めがけに変えました。ただ、まぁ重いんだけど、グリップが深いから手に持った感じはそれほど重くは感じない。僕は小柄なほうで手も小さいんだけど、そんな僕でもこのグリップの深さは心地いいです。
あとシャッター音はD5300より硬質で大きいかな。カメラ屋でD810もシャッター切らせてもらったけど、あれは特別に静音。それに比べればD750のシャッター音は相当大きいです。でも、僕には心地いいかな。この少々大げさなシャッター音がいかにも一眼レフで写真撮ってる感があって全然いいです。
あと上下方向だけだけどチルトモニターなんでローアングル撮影の時はいいですね、やはり。ただしモニター内でのAFはあまり使い物になりません笑。それとNikonのフルサイズ機で唯一WiFi搭載しているんで、撮った写真をiPadやiPhoneに転送するのはすごく楽です。これはD5300と同じ。
でも何といっても違うなぁと思ったのは、やはり写真そのもの。 D750で撮る写真はやぱり精密で、なんというか怠けて撮るとそのまんま怠けた写真があがるというか。手抜きを許してくれないところがありますね。高感度なんで暗いところでもパキッと撮れるみたいなところは、ある意味楽チンとも言えるかもしれないけど、その他はじぶんの気分がぜんぶ写真ににじみ出ちゃうところがあるなと、ほんと思います。これうまく言葉でいうの難しいんだけど、例えばiPhoneやD5300で写真を撮る時は、もっとカジュアルに撮れる。多少セッティングを怠けてもなんとなくいい感じの写真が撮れるんです。でも同じような感覚でD750で写真を撮ると、なんかいただけない写真があがってしまう。その反面、ちゃんとこだわって撮ると、さすがフルサイズ機っていう写真がパキッと現れる、そんな感覚といえばいいでしょうか。最初はこの怠けさせてくれない感覚に少々驚いたけど、今はむしろシャッター切る時の緊張感が少し高まってきてよかったなと思います。これがいわゆるハマっていく感覚なんでしょうね。
とはいえ、このD750というのは頑固おじさんというよりは、アクティブなお兄さん、手軽さ感はけっこうあって、フルサイズは欲しいけどラフに使い倒したい!という人には絶好のカメラじゃないかと思っています。まぁ要は、最高に気に入っています。なんか全然機能的レビューになっていないけど、気持ちを持って行かれるカメラであることは間違いありません。長い付き合いになりそうです、こいつとは。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

フルサイズの誘惑。

image

そして、やっぱりというか、一眼レフの魅力にハマっていくと、やってくるのである、フルサイズの誘惑が。そこは初心者だろうが何だろうが関係ないと思う。少しでもいい写真が撮りたいという欲求、メカであればより精密なものが触りたいという欲求、もう男なら止められないよね、この感じは。僕もたどり着きました、Nikon FX機への道。購入したのはD750、24-120レンズキット。レンズはフルサイズ用の単焦点と望遠を持ってたから、間に抜けていた標準ズームレンズを一緒に買った。APS-C機はダメなの?というと全然ダメじゃないんだけど、写真を撮り始めたらこのフルサイズに行く気持ち、理屈じゃなく分かってもらえると思う。D750を購入してからもしばらくD5300は持ってたんだけど、店員さんの言う通り、ほぼ使わなくなりかけてたから手放すことになりました。まあでもこのフルサイズへの流れは誰もが辿る道なんだろうけど、僕の場合はそれを5ヶ月間でやっちゃったというのがまあちょっと普通の方より高速だったというね。もうこの時思った。人が5年くらいで辿る道をじぶんは5ヶ月で辿っただけ。だから5年はもうカメラもレンズも買うのはよそうと。それにしてもカメラというプロダクトのマーケティングは凄いなと思った。このハマり続けるマーケティング構造はある意味傑作だ。うん。

高価買取ならカメラのリサマイ

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。