雨の週末は、カメラ読書なり。

Pocket

アサヒカメラ、日本カメラ、カメラ上級者になるための基礎知識

いちばん右の本を購入していることがちょっと恥ずかしいが笑、まあでも独学ばかりじゃアレだから必要なのである。それにしても今月の写真関連本は濃い。昨日届いたばかりの3冊なんで、まだアサヒカメラに目を通している途中だけど、スナップ特集はなかなか読み応えがある。

僕の場合は写真関連本はそこそこ買うんだけど、これまで月刊の写真雑誌はあまり買ったことがなかった。ここ一、二年、使ってるカメラがRICOH GRかフィルムカメラだったから、最新機種の記事や商品広告の多い月刊雑誌はあまり読むところがなかったというか、ちょっと見るのに疲れを感じてたんだよね。でも、最近デジイチを再開したんで、そういうデジタルカメラの情報なんかも目にとまるようになってきたし、今月号はスナップ特集とか、あと柊サナカさんの執筆なんかもおもしろそうだったからAmazonで注文した。

カメラ上級者になるための…は、赤城さんや柊サナカさんがツイートしていて、まあこんな分かりやすいタイトルだから気にもなって、ブログやSNSとはいえ一応人様に写真を発信するなら少しはいい写真をポストしなきゃ申し訳ないな、などと思って笑。以前、写真家の小林幹幸さんが発した言葉を取り上げたけど、写真を見ればその人がどんなメディアを見てるか分かるというもの。SNS上の写真ばかり見てるとやっぱりアレだもんね。写真の世界に生きる人たちの生き様のような写真をしっかり見る。それは単に憧れとかじゃなくて、じぶんの目とか感性のチューニングだな。そうやって表面的な時代感みたいなものに流されそうな危うい感性も、たまにきちんと取り戻す。僕にとってはそういう読書。たまには愛犬との寝転がって本を貪り読むのも悪くない。明日は晴れることを願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA