Leica M-P typ240

近ごろはストリートじゃなくても、好んでライカを使っているじぶんがいる。

Leica M-P typ240, Summicron 50/2 1st

僕の中でライカといる時間が加速したのはバルナックIIIaとデジタルライカM-Pを迎え入れたあたりからだけど、それは同時にストリートスナップを撮ることを好む気持ちが加速したことを意味する。実際、ライカほどストリートスナップに向いたカメラはないんじゃないかと再認識し、以前から所有していたM3も平日の街中へ持ち出すようになった。ライカとは、ある意味じっくり構えて撮るカメラというより、速写のスリルというかアジリティを楽しむカメラだと。

けれど、ここ最近は家の近所ののんびりとした散歩にもライカを持ち出すことが多くなった。ゆっくり撮るというかであればNikon Dfがあるわけだけど、それでもデジタルならM-PやX2、フィルムならM3がIIIaを自然と好んで持ち出す。以前のブログに「オールマイティということでいえば、カメラはM型デジタルだけでもいいんじゃないか」というような記事を書いたけど、デジタルという限定はしていないけど、何だったらライカだけでいけんじゃないか俺?、というのを試してるようなところがあるんだよな。

それくらい今はライカと過ごす時間が心地いい。それはプロダクトとしての見た目のデザインの良さでもあり、撮る時のレンジファインダーのフィーリングの気持ち良さであり、ライカのレンズが描く描写への思い入れだったりいろいろだ。とにかくいろんな要素が混ざり合って、ライカと過ごす心地いい時間を再認識しつつあるんだ。それには以前ブログにコメントをくれた建築家の方の「過去にはいろいろなカメラを使ってきたけど、今は仕事を含む日常すべての写真をライカだけで撮っている」と語ってくれた声の検証みたいなものでもあるんだ。

ライカはたしかにスナップシューティングに適したカメラだけど、だからといってDfのようにまったり撮ることに不向きかといえば全然そんなことはなく、むしろ小さなシャッター音が辺りの静寂を邪魔することなく、サイレントシューティングのような楽しみ方も存分に味わえる。そもそも手ぶれ補正もない、オートフォーカスもないわけだから、ゆっくりかまえて撮るほうが物理的にも快適だったりするからね。

思えば初めてのライカ、M3を手に入れてからしばらくは、M3は週末専用機で、街中でヒュンヒュン撮るよりは家の周辺の散歩道を緩やかに切り取るカメラだった。ある意味、そこへの原点回帰みたいなところも僕の中にあるんだよね。平日の街中も、週末の散歩道も、ライカがあれば多様なリズムで撮影を楽しむことができる。なんというかこの「行き着くところ、ライカ」という感覚がようやくわかりかけている今。ライカを生活の中心に置いた時、その周辺にどんな必要最小限のサブカメラがあれば豊かなのか、そんなことを自然と考え始めているじぶんがいる。思考とは生き物だなと思うし、そうやって熟考した先に現れるライカの本質力みたいなものは凄いよなと思うんだ。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA