辺りの色をスキャンして1,600万色を描けるペン「Cronzy Pen」、素敵すぎる。

Pocket

まずはとにかくこの動画を見てください。いやあ、素敵。まだ試作品みたいだけど、こんなペンが出てくるなら僕は迷わず鞄の中にGRといっしょにいつも忍ばせておきたいアイテム。いやこれ、誰しも一度はぼんやり思ったことあるんじゃないかな、「この目の前の〇〇の色を使って、絵を描いたりモノを塗ったりできればな」って。そういう、誰もが思ったことあるけどなんか具体化とか具現化まではしていないモノをこうしてカタチにして示してくれることがクリエイティブだし、それを空想話で終わらせずにプロトタイプ化したところがイノベーティブ。いやあ素敵です。

ペンでスキャンした色をiPhoneで判別してそれをペンの中でCMYKで出し分けて色を再現しているみたあだけど、詳しくはGigazine公式サイトで紹介されているからチェックしてみてください。んー、それにしても嬉しいな、なんか。世の中いろんなことがデジタライズされてどうなの?みたいな風潮もあるけど、やっぱりテクノロジーとクリエイティブの相性はいい。どんどんイノベーションを実現してほしいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA