軽快な単焦点が好きだけど、コンパクトなズームもアリだなという気づき。

Pocket

Nikon F6, AF-S 24-85 f3.5-4.5 ED VR

僕の場合は、カメラに求める性能として「持ち出しやすさ」というのがすごく重要だから、レンズは自ずと単焦点が多くなる。しかも軽量コンパクトな50mmがほとんど。でも、最近2つの標準ズームを手に入れて、ズームもコンパクトなものならアリだなと再認識しているところ。

2つの標準ズームとは、MFのAi Zoom Nikkor 43-86 f3.5と、AFの24-85 f3.5-4.5 ED VRの二本。その感想は少し前のブログに書いてるけど、この二つのレンズはとにかく軽量コンパクトで、ズームであることを忘れさせるくらい軽快に持ち出せる。それでいて、広角〜標準〜中望遠までカバーできるから、荷物をあまり持ちたくない散歩カメラや旅行の時には相当軽快だろうなと想像がつく。しかも構造がシンプルだから、描写力も素直でしっかりとしたもの。そうなると、一本のズームであれこれ撮れる世界は、当たり前だけどかなり便利なことをあらためて実感する。

レンズは上を見たらキリがないところがある。もちろんそれぞれの焦点距離の単焦点レンズをずらりと取り揃える手や、明るいズームレンズにある程度大きな投資をする手もあるけど、そうしようとなるとけっこうなコストが必要となるし、ちょっと手軽に持ち出すレンズとしては大袈裟すぎるものになる。僕としては、とにかく手軽にカメラ&レンズを持ち出すことが最優先で、そうなるとこの二つの標準ズームは途端に超魅力的な存在になる。

43-86のほうはそれほど高倍率じゃないものの、いざとなったら標準だけじゃなく中望遠85mmまだ使えるそのちょっとした余裕が実は相当頼もしい。もう一つの24-85も広角24mmから上は85mmまで使えると考えると、文句なく便利であることは間違いない。そんな標準ズームという存在の利便性をいまあらためて再認識しているところだ。写りの方も単ボケ味が豊かな焦点レンズと比べると、適度にソリッドで単焦点レンズとは異なる変化も堪能できる。つまり、大きさや重さを気にせずにズームのおいしいところだけを凝縮して楽しめるといえばいいだろうか。キットレンズとしても扱われる標準ズームは、どこかエッジがなくて平凡な写りと思われがちだけど、軽量コンパクトで持ち出しやすさまで追求するとなると、これ以上のレンズはないというくらい使いやすさが際立つんだ。その描写力に特筆すべき特徴があるわけでもないから、自ずと被写体選びや構図選びで工夫を懲らそうとする感じも悪くない。カメラはとにかく外に持ち出してナンボなもの。単焦点レンズや高性能レンズを揃えたものの、どこか写欲に軽快さが足りないと感じる人は、一見ありきたりに思えるかもしれないけど、レンズを軽量コンパクトな標準ズームに付け替えると何かが変わる気がするなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA