走るなら、夜より朝のほうが続けやすい。

Ricoh GR

朝Runも、夜Runも、それぞれいいところがある。朝Runはなんといってもカラダを目覚めさせる効果と、静かな道をできたての空気の中を吸いながら走る気持ちよさは格別だ。夜Runもまた、そのまったり走れる感じがいい。聴く音楽によっては一種のトランス状態のような心地よさがある。

では、どちらが続けやすいかというと、勤め人にはやっぱり朝Runだろうか。夜は時に会食が入ったり仕事がきりがつかなかったりとなにかと大人の用事が入りやすい。それと比べれば朝は唯一じぶんだけの時間が確保しやすい。早起きさえすれば。

Runじゃなくてウォーキングでもいい。朝、少し緩めに流すようなRunでカラダをゆっくり目覚めさせてもいいし、後半にダッシュを取り入れて、カラダを一気に目覚めさせるのもまたいい。あと、朝Runはヘッドホンなしで走ったほうが気持ちよかったりする。シンとした空気、じぶんの大地を蹴る音、風の音に鳥の声、朝の音は五感を豊かに刺激してくれる。僕は朝Runにしたり夜Runにしたりその時の気分でいろんな走り方をするけど、走り続けて思うのはトータル的には朝Runのほうが続けやすいということかな。これからの季節は早朝はかなり暗いのだけど、またその漆黒の道を無心で走る感じも気持ちいいよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA