日記のようなもの

自然界の白のインパクトは好き。

image

今朝はすこし早起きして梅を撮りに。梅はあっという間に枯れてくから、短い早春を堪能しなきゃもったいない、というのが去年カメラを持ち始めた頃の学び。写真を撮り始めて思うのは、自然界の中では白という色のインパクトはけっこうあるということ。赤い花もあれば黄色い花もあるし、パッと見の感覚でいえばもっと派手そうな花はあるんだけど、僕は白がいちばんインパクトあると思う。白、あれは無色ではないよね、主張する色。天然色溢れる大地でむしろ白は最もインパクトある。春は桜が主役な印象あるけど、なかなかどうして、梅は最強で最高の脇役、主張するイントロダクションだ。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA