脳の老化を防ぐ大人の睡眠時間は7時間らしい。眠りについて考える。

Ricoh GR 空

僕は昔からショートスリーパーでひどい時は4時間睡眠が普通だった。まあ若さもあってその頃は乗り切ってたけど、さすがに今は4時間だと日中がつらくて、どうだろ、平均すると5時間、6時間というところだろうか。それでも、睡眠をなるべくとろうという意識が出てきただけでもちょっと心おだやかになれる。

WIREDによると、脳の老化をを防ぐという観点でいえば、多くの事例から大人は7時間睡眠が適切らしい。

僕の場合だと理想は朝5時起きして公園でしばらく佇んでから朝の支度をしたいんだけど、そうすると夜は22時には眠りにつかなくちゃいけない。これはちょっと厳しい。だとすると、起床時間は6時にして就寝時間を23時にするのが現実的かな。いやあ、やること多くて23時でもかなり怪しいけど、でも脳の老化はともかくとしても、翌日に健やかに仕事に集中できる感じは7時間睡眠ならたしかに気持ちよく過ごせる気がする。きっかり7時間かどうかは別としても、それをめざす感じは何か本能的に心地よい気もするね。

息子が夏休みの宿題を追い込んでいる姿が、涼しさよりも秋の到来を感じさせる今日この頃だけど笑、夏が終わると人は変わるというから、早寝早起きトライしてみようかな。昼間の仕事をより効率よくこなすチャレンジにもなりそうだしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA