月とランデブー、Nikon P900。

image

手に入れたこの晩になにげにNikon P900で月を撮ってみたんだけど、ファインダーの中に現れた巨大で鮮明な月に、忘年会の酔いが覚めた。なんだこのウルトラズームは、と心の中でほんとに叫んだから。夜中だったし、酒に酔ってたこともあるし、取説なんかもまだ見ていない状態たがら、ほんと買ってきたままのセッティングでただズームしていっただけ。それで、こんな撮れちゃうもんだから、え?って感じ。しかもね、これ三脚なしで撮ったもの。これだけ巨大な月を捉えると当然手ブレがすごい。ファインダーの中でも月はぐらんぐらん揺れるんだけど、数枚撮ったらブレるものもあるけど全然こんな感じで手ブレしてくれて撮れちゃう。でも、2000mmの超望遠カメラと言われるP900の世界はこれで終わりじゃなかった。

image

もうちょっとズームしてみようと触ってみたら、こんなのが撮れてしまったのだ。え?え!なんだこれ…というのが僕の率直な感想。ア然てこういう時のことを言うんだなと。もちろんこれも三脚なしでザックリ撮ったもの。月の全景どころか月の4分の1とか切り取れちゃう。もう撮れた直後に職場のカメラ仲間に共有したんだけど、みんなこれ「もう天体望遠鏡じゃないですか!」とか「ソユーズから撮ったんですか!」とか「百科事典で見たことある写真じゃないですか!」とかただただ驚くばかり。今のところ最強コンデジと言われるだけあるなと。

で、さらに驚くのがコストパフォーマンス。この超絶性能で63,000円くらいで買える。あいかわらず品薄の人気らしいけど、在庫さえあればこれは間違いなくお買い得感満点の逸品だと思う。もうなんかただ驚いただけのポストになったけど、それくらい性能だけで語れるプロダクトバカなカメラです。いやあ、つくづく思った。やっぱりNikonというブランドはヘンタイだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA