日々をモノクロで記憶する。

Pocket

この写真はInstagramの一覧画面のものなので、実際はスクエアな写真ではないのだけど、今年は思うところあってRICOH GR×モノクロにこだわってみようかなと思いたち、新年からそうしている。これまでもモノクロで撮ることは決して少なくなかったんだけど、撮り続けると飽きてくるじぶんもいて、ずっとモノクロで通すことは今まではなかった。でも、一眼レフを手放してからどうも光と影の妙みたいなものを忘れているじぶんがどこかいるようにふと思い、だったらまだやったことのない世界へのトライということも含めて、しばらく、いやどうせなら一年間、写真はモノクロで撮るとじぶんを縛ってみて、何か新しい感覚を見つけられたらなと思っている。実際、やってみると、こんな朝陽や自然はカラーで撮るほうがしっくりくるんじゃないかというシーンも多々あるんだけど、そこもモノクロで撮るとなるとシチュエーション頼みじゃなくて光と影を追いかけていたりする。そうしてモノクロで撮り続けた先に何があるのかは分からないけど、何はともあれ初めての未知の領域を前に少しワクワクしているじぶんがいる。発見ってこういうところから始まるんだろうなって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA