新しい遊び相手がやってきた。Industar-61 L/D 55/2.8

Pocket

Fujifilm X-E2, Industar-61 L/D 55/2.8

こうして見ると、ルックスも悪くないな。近ごろはオールドレンズたちに遊んでもらってるんだけど、今夜もう一人ロシアから新しい遊び相手がやってきた。Industar-61 L/D 55/2.8というロシアンレンズだ。

試し撮りはまだ。ひとまず家に帰ってFujifilm X-E2につけてみたところ。このX-E2にはJupiter-8をつけて遊んでたんだけど、遊ぶどころか、そのロシアンゾナーの写し出す出来が僕の想像を遥かに超えて良かったから、ロシアンテッサーでいいんだっけかな? このインダスターも試してみようと連れて帰ってきた。

それにしても、この手のロシアンレンズはほんと値段も安くて、え?という価格で買えてしまう。特にレンズを買う予定はなくお店をのぞいたんだけど、一万円を大きく切る価格でこんなレンズがショーケースにあったら、そりゃ買ってしまう笑。お店でサクッと検索してみたところ、Industar-61といっても僕の買ったものはL39スクリューマウントのものだから、いわゆる星形ボケのものとは違う。でも、店員さんと話してると絞りを8とか11にすると絞り羽が星形にはなるんで、どうかしたら星形も撮れるかも、なんて二人で話してた。

あとギズモショップで扱われてたという記事があった。なんでも、元々はFED-5の標準レンズだったらしい。とりあえず見た目の無骨さはJupiter-8とも似ていて、なにやらニヤリと笑みがこぼれるロシアなワイルドさというか、ヤンチャ感が僕にはたまらない。開放で2.8だからあまりボケの癖を期待するでもなく、ひとまず開放から絞った感じまで試し撮りしてみたいなと思ってる。まずはX-E2装着でJupiter-8との比較かな。

それにしても、オールドレンズには何とも言えない惹かれるものがある。特にロシアンレンズはとにかくリーズナブルで、そのフォルムも独特の存在感がある。チープクールとでも言えばいいのかな。それでいて、写りは大いにギャップを感じさせてくれる期待値があって、ミラーレスで遊ぶにはモッテコイのライトさがある。ひとまず、いろいろ撮り倒してみたいと思う。作例はまた次回ということで。数千円でこんなにワクワクできるなんていうのは、ほんとニヤリだよなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA