手頃なFUJIFILM X-E2でオールドレンズ散歩を楽しむのはどうだろう。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

僕はじぶんが試してみて良かったものは積極的に人におすすめするタイプなのでご容赦を(笑)。で、このFUJIFILM X-E2はもう何年も前に発売された旧機種のミラーレスAP-S機。僕はこれにマウントアダプターをつけてライカLマウントのオールドレンズ を楽しんでいる。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

ここにあげてる写真たちはすべてロシアンゾナーことJupiter-8 50/2で撮ったものだけど、そのほかに同じくロシアンレンズのIndustar-61 55/2.8をつけて、お気軽散歩や街撮りスナップを楽しんでいる。とにかく軽量だから、首からぶら下げて一日中歩いたとしても全然平気なんじゃないだろうか。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

オールドレンズの真の楽しみ方としてはフィルムで撮ったほうがいいのかもしれないけど、デジタルミラーレスで撮る楽しみとしては大きく2つかな。ひとつはやっぱりフィルム代をかけずに撮れて、現像に出さなくてもこうしてブログなんかにアップできること。若い人たちがコストを抑えながらこうしてオールドレンズを楽しんでる気持ちはとてもよく分かる。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

もう一つ大きいのは、レンズの開放付近で撮れることじゃないだろうか。デジタルなら1/4000くらいまでは高速でシャッターが切れるから、オールドレンズの最もおいしい絞り開放付近で日中でも撮ることができる。フィルムカメラならNDフィルターを付けたりしないとf2開放なんかはなかなか日中では使えないからね。僕はそういう楽しみ方をしている。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

あと、デジタルだとFUJIFILM機ならフィルムシミュレーションという描写エフェクトも楽しめる。僕はいつも大抵「クラシッククローム」か「モノクロ」だけど、FUJIFILMらしくかつてのフィルムをイメージした「Velvia」や「Provia 」なんかも選べる(僕はまだ試したことはないけど)。これはかつてのフィルムファンにはたまらないであろうポイントで、フィルムをやる人でデジタルのFUJIFILM機を使っている人が多いのもうなづける。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

このFUJIFILM X-E2はひとつ前の機種だから中古で安く手に入るし、オールドレンズもロシアンレンズなんかは数千円で見つけられたりする。3万円もあればオールドレンズライフが始められ、しかもフィルム代や現像代コストもかからない。ふだん、なかなか現像まで時間や手間をかけてカメラを楽しむことがむずかしい人でも、これなら入りやすい。僕はデジタル+オールドレンズは素晴らしく正義だと思う。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

デジタルで撮る写真は、フィルムのようにオーバー目で楽しむというよりはアンダー目になるけど、それもまた写真の楽しみ方のバリエーションとしてはアリで、僕は好んで雨の日なんかはデジタル+オールドレンズを持ち出すことが多い。FUJIFILM X-E2はそんな楽しみ方がしたくて手に入れたカメラでもあるんだ。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

それとオールドレンズがいいのは、もちろんフィルムカメラにも使えるということ。僕もJupiter-8やIndustar-61はフィルムライカIIIaやM3、あとデジタルライカのM-P typ240にも使いまわして楽しんでいる。そうか、考えてみるとElmar 50/3.5をX-E2に装着するのはまだ未経験だな。こんど試してみよう。

Fujifilm X-E2, Jupiter-8 50/2

マニュアルフォーカスのレンズだし、撮影はほぼ目測だからピントも甘かったりするんだけど、そもそもオールドレンズを楽しむならそんな描写のゆらぎも味だから、それも含めて気軽に楽しめる。僕はボディはもう買い足さなくていいなと思ってるけど、オールドレンズだけはお得で面白そうなものに出会えればもういくつかあってもいいなと思ってる。レンズひとつでいくつものボディで楽しめるからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA