所有カメラは何台が適切なのか。

Pocket

ついに修理に出していたRICOH GRが帰ってきた。これで手元にあるカメラは全部で7台になった。

デジタルはRICOH GR、Nikon D300、Nikon Dfの計3台。フィルムはKonica C35、Nikon FE、Nikon F2、Leica M3の計4台。故障して直す予定のないFEブラックボディは除いて、計7台。レンズはMF単焦点がボディプラスαあるけど、まあ少数精鋭の範囲。どうかな、僕の中ではこれが所有台数のベストバランスな気がする。

平日のスナップはGRかC35。週末の友はその他5台のカメラたちをローテーション。これまで試してみた感じでは、どれも1〜2週くらいのサイクルで満遍なく登場の機会があったから、この台数なら長期間お休みのカメラは出てこない。カメラのメンテナンスは使ってなんぼみたいに思ってるから、僕的には所有台数のバランスはけっこう重要だ。

Twitterの中のカメラ好きな人の中には、この人数十台は持っているのでは…という風な人も見かける。ボディだけじゃなくて交換レンズの数も入れたら、ちょっと想像がつかないような数なんじゃないかと思う人もいて、どれくらいの頻度で所有カメラをすべて使いまわしてる感じだろうかと素朴に思ったりしてるんたけど、実際のところどうなんだろうね。

一方で断捨離してる人もいる。僕も以前一度断捨離をして、カメラはGRだけにして一年間過ごしたことがあるけど、そうやってみんなカメラやレンズを増やしては、いいものだけを残して断捨離を繰り返しているような状態なのかな。カメラやレンズというのは、実際に使ってみないとその良さを確かめられないところがあるから、そういう意味ではカメラやレンズが増えていくことは、最終的にいいカメラとレンズを絞り込んでいくために必要なプロセスなのかもしれないけどね。僕はどうかな、ボディあと1台、レンズでもあと2〜3台が使いまわせる限界な気がするなあ。それとも、もう少し増やしては振るいにかける感じか。ほんとカメラ道とは一生、試し撮りなんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA