KONICA C35

息をするように、瞬きするように、曖昧な記憶を撮り続けるよ。

Konica C35, Fuji業務用100

明日は仕事始め。大人の冬休みも今日で終わりだ。夜になってアレもやっとけばよかった、コレもやっとけばよかったと少し物悲しくなるのは、子どもの頃から変わらない。まあだけど、やり残したことがあるのは希望の観点からいえば悪くなくて、鞄の中にRICOH GR digitalとフィルムコンパクトのKonica C35、予備のフィルムを詰め込んだ。大した野望ではないけど、日常を撮る気満々ではある。

Twitterなんかに流れてくる多岐にわたる写真を眺めてると、僕にはとてもじゃないけどカメラを持ってそんなフォトジェニックな場所へ出かけるバイタリティはないけど、日常をカメラという道具で記憶する行動力みたいなものだけはある。上手くはないけど、たくさん撮ることなら僕にもできる。年末休みに今年の撮影のテーマみたいなものを考えたりもしたけど、どうやら僕には日常をひたすらカメラで記憶することしか取り柄はなさそうだ。ただ、撮り続けてるとそれなりに思うことや変化みたいなものもあって、去年はフィルムに出会えたし、デジイチとも再会した。今年も撮り続けた先に何かはある気がする。

そういえば、少しだけ日常をカメラで記憶するうえでぼんやり考えていることはある。僕の日常スナップのメインはRICOH GRとKonica C35のコンパクト二台だけと、今年はLeica M3も平日の鞄の中にたまに忍ばせようかなとかね。街中でカメラを構える時は雑踏に紛れたいというのがあるけど、Leica M3のサイレントシャッターなら十分いける。考えてみると、今のショルダーバッグに変えたのもM3を持ち歩けたらいいなという思いがあった。

Leica M3、この街撮りスナップのために生まれたようなカメラを後生大事に週末の趣味カメラだけにしておくのはもったいない。もちろん、大事にいつまでも使い続けたいけど、だからといって週末に持ち出すかどうかくらいの出動頻度だと、あと何回持ち出せるのだろうと考えたりしてね。週末って実はそれほど回数はない。だったら、M3は平日にも出動させて、週末はNikon F2やNikon F6の出動頻度ももっと増やせたらな、とかね。

あとは、写真の保存の仕方をどうかしないといけないかなと。iCloudの容量がそろそろ一杯になってきた。デジタルもフィルムデータも一応Google Photoにすべて保存はしてるけど、こうしてブログに写真を使ったり、思いついた時にSNSにスナップ写真をポストする時には、常にiCloudに写真を置いておくとなにかと都合がいい。容量増やすかな。しかし、この先ずっと写真が増えていけばどこかで保存の仕方を本格的に考えなきゃなとか。日常をひたすら記憶するのは気持ちいいけれど、増え続ける写真の保管とそのコストは常に僕を少し悩ませる。まあ、うれしい悩みではあるんだけどね。

と、ブログを書いていたら、いい具合に月が部屋の窓から寝転がって見える位置までのぼってきた。今年は生まれて半世紀の年。いい年して何やってんだと思う毎日ではあるけど、ここ数年、わりと新しいことにチャレンジできていて、心はプチ青春みたいな気分でいられている。なんでも「上がり」みたいなものを設定しちゃいけないなあと。幸いこうして尽きない趣味としてのカメラなんかにも出会えたことだし、常に疑問とか課題を持つビギナーでいたいなと思う。あとは健康なカラダかあ。はやくプールの営業、再開しないかな。僕の新年はそこからな気がする。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA