平日の都市にはレンジファインダー、週末の自然には一眼レフ。

Pocket

Leica M3, Nikon F2

平日の友にバルナックライカIIIaを加えて2週間ちょっと、少し僕のカメラ生活に変化の兆しが見える。それが、

「平日の街撮りはレンジファインダーで、週末の自然撮りは一眼レフで。」

という変化である。まあ変化というと大げさだけど、これまではどちらかというと「平日はコンパクト(RICOH GRかKonica C35)、週末はNikon一眼レフかLeica M3」というローテーションでカメラたちと過ごしていた。それが想像以上にコンパクトなバルナックライカIIIaを手にしたことで「レンジファインダーならコンパクトで仕事場周辺の街撮りに最適じゃん」とあらためて気づいたんだよね。

ちなみに今日は初めて仕事鞄にLeica M3を入れて出社している。バルナックを収めるインナーバッグにすっぽり入るんで、いつもの通り革のショルダートートに入れて持ち出している。バルナックよりは重いけど、肩から下げるバッグならそれほど苦じゃないなという感覚。フィルムはバルナックとの撮り比べも考えて最近よく使っているLomography400。36枚撮りだからこれ一本で一日は十分だろうと。予備にFuji業務用100も一本鞄に入れている。

考えてみると、Konica C35もレンジファインダーだから、まさに平日や出張の時なんかはC35かIIIaかM3のいずれかをチョイス、街中でサッと取り出してサッと撮ることを楽しむ。一方、週末は家の近所の散歩や家族との行楽とか、ゆっくりじっくり撮れるんでNikonの一眼レフたち(Nikon Df, Nikon D300, Nikon F2, Nikon FE)で撮る。そんなイメージが僕の頭の中で鮮明になってきた。RICOH GRもあるけど、これはもともと万能サブなので、シーンを問わず活躍は続きそう。そんな感じかな。

まあでも、やっぱり、できれば機械式のフィルムカメラで撮りたいというのがある。メインとなるカメラは、Leica IIIa、Leica M3、Nikon F2だね。あとはカメラの機能に助けてほしいシーンもあるから、電気式のカメラをサブで組み合わせるスタイル。これが、いまのところ僕がいちばん心地いいスタイル。フィルムはね、あと何年使い続けられるのかという不安は無くはないけど、逆に今しか使えない貴重な体験だと思ってポジティブに使ってる。どうかしたらフィルム現像まわりのコストでいいデジカメが買えるんじゃない?みたいなところはあるけど、この体験だけはプライスレス、もはや離れられないんだ。まだ元気に働けるうちは、ある程度のコストは趣味に割いて楽しんでいきたい。というわけで金曜日、今日はLeica M3で何枚撮れるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA