小雨でもフィルムで撮りたいという気持ちは嫌いじゃないないぞ、じぶん。

Pocket

Nikon FE, FUJI FILM 業務用100

というわけで、雨の日曜日の朝だったけど、愛犬と散歩を済ませた後、ひとり雨の散歩カメラに行ってきた。カメラは雨用のNikon FEブラックボディとRICOH GR。無理やり直したISO感度ダイヤルだけど、ファインダーの中の露出計を見ると感度100のシャッタースピードが出てたから、まあ撮れてるんじゃないかと笑。

そういえば雨模様だし、フィルム感度100なら明るいレンズをつけていったほうがいいなと思いAi 50/1.8にしたんだけど、外でいざ構えてみる小雨でも意外と外は明るくて、ss最大1/1000だとf8まで絞ることに。考えてみると曇り空程度だから、たしかにそれくらいの露出にはなるんだけど、ここのところDfやF6といったss 1/4000〜1/8000のカメラで撮ることが多かったから、僕の体感露出もちょっと感覚がズレてた。やっぱりこうして適度に昔のカメラでマニュアルで撮っておかないとなと思った。

シャッター音好きの僕からすると、Nikon FEのなんとも癒し系の音もけっこう好き。決して高級な音はしない、むしろ現代のカメラに比べるとずいぶん頼りない音だったりするんだけど、それがまた味でね。撮れる写真も心なしかおだやかな写りな気がする。写真の出来はほぼレンズとフィルムに左右されるんだろうけど、FEで撮るといつもFEのおだやかさが写真に滲み出てるように思う。さて、どうなんだろうね。

僕はデジタルも撮るようになったけど、基本はやっぱりフィルムかなと思っていて、そのフィルムカメラの原点が僕にとってはNIkon FEとFUJI FILM業務用100。この組み合わせで撮るとなんか初心に帰る。今週はFEで撮れてよかった。そして、壊れて寂しくしていたFEブラックボディを連れ出せてよかった。どうか、写ってますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA