妄想を実行へ、さあ仕事始め。

Pocket

6日間の休みも終わってみればはやかったけど、一年のうちでも正月の休みはちょっと特別で、いろいろと思うところがあった。何を考えても最終的には仕事に絡むところがあるのが僕らの年代の正月休みなのかもしれない。ふだんは短期的なことに目がいきがちな日々だけど、年をまたぐこの休みは視点を少し中長期的にしてくれる。じぶんのこと、チームのこと、そしてクライアントや業界のこと、すべてが点ではなくて線や面で絡みあってできていることをいろいろと再確認する。そして、それらはすべてとてもひとりじゃ揺り動かさないものだともあらためて認識する。今年は個人的にはここ数年来でいちばん大きな波を起こそうとしている。敵もそれなりにいそうだけど、味方の顔もしっかり浮かぶ。走り出せば一見敵に見えた人もポジティブに巻き込めそうな気もどこかしている。背中を見せるというか熱みたいなものを発しながらまわりをあっためていけたらいいなと思っている。

そんな妄想をいざ行動に移そうとすると、なによりからだが資本であることにたどり着く。耐えれるからだ、動けるからだ、トライできるからだ。鍛えすぎると無理がくる年であることも承知ながら、鍛えずにいるとさらに衰えや鈍りがジワジワとやってくることもどこか感じていて、そうしたじぶんのからだと日々向き合いながらいいペースで何事にも挑戦できるからだをキープしたいと考えている。昨年末に出会った水泳はそんなからだの維持にはもってこいのようだ。今年前半はこのスイムをしっかり鍛えて、トライアスロンという未知の領域へのスタートラインに立てるといいな。というわけて、始動。楽しみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA